産後すぐに始まった夜泣きにヘトヘト。赤ちゃんの昼夜逆転生活【体験談】

2019/04/04 12:00
6
生まれたばかりの赤ちゃんは、すやすや眠る……と思っていたら大間違い?! 実は結構多いと言われている昼夜逆転の赤ちゃんに、疲労困憊してしまったというママの体験談です。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
寝かしつけ
体験談
生活リズム

寝ている赤ちゃん

 

長女の出産後、初めての赤ちゃんでわからないことだらけだったわたし。おなかがいっぱいならすやすや寝てくれるものだと思っていたら、昼間はずっと寝ていて夜は起きて泣いている……という予想外の事態に。夜眠れず、疲労困憊になってしまった体験談です。

 

昼夜逆転の赤ちゃん

悪夢は産後すぐ、入院時からスタートしました。昼間はおとなしくすやすや寝ていて、こっちが心配になるくらいぐっすり眠っている赤ちゃんが、夜になると目がパッチリ。全然寝てくれず、いくらおっぱいをあげても、ミルクをあげても、おむつを替えても、抱っこしても、寝てくれないのです。

 

しかも、布団に降ろすと泣いてしまいます。入院時は大部屋で母子同室だったため、周りのママや赤ちゃんに迷惑をかけないよう、夜中はずっと抱っこしているしかありませんでした。

 

退院後はもっとエスカレート

初めての赤ちゃんで「自分でなんとかしなきゃ! ママになったんだから!」と気を張っていたこともあり、眠れないままなかなか助産師さんにも頼れずボロボロに。最終的には夜中に助産師さんを呼び出し、泣きながら赤ちゃんを託しました。

 

退院後は、里帰りしていたので母がいろいろと手伝ってくれていたのですが、昼間は本当によく寝ていて手がかからない子。しかし、夜22時くらいから覚醒し、なかなか寝ない・抱っこから降ろすと泣く……の毎日。こちらの焦りや疲労が赤ちゃんに伝わったのか、それはエスカレートしていき、しまいには抱っこしていても泣くようになってしまいました。


生後3カ月くらいで落ち着いた

見かねた母が、夜中の抱っこを代わってくれたことも何度かありました。母に赤ちゃんを託したとたん、電池が切れたようにその場に倒れ込んで寝てしまったことも……。

 

その後1カ月が経ち、わが家に戻ったのですが、少しずつ昼間に外に出るようになり、それとともに昼間は起きて夜は寝る、というリズムがついていきました。しっかりリズムが整ったのは、生後3カ月くらいでした。

 

 

諸説ありますが、生まれてから昼夜逆転状態の赤ちゃんも、実は少なくないそう。「夜泣きも永遠に続くわけではない!」と思い、家族でなんとか乗り切ることができました。

 

著者

ライター 岩崎未来


三児(女・女・男)の母。出版社・編集プロダクションの勤務を経たのち、第一子出産を機にフリーランスに。現在は会社役員という肩書きを持ちながらも、ライター・編集者としても活動中。



この記事にいいね!しよう

いいね!
6

現在ログインしていません。

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。