ミルクの適温が色で分かる哺乳瓶「マジックベイビー」がすごい!

2019/01/15 10:00
103
ミルクの「適温」を、本体の色の変化で教えてくれる哺乳瓶「マジックベイビー」を紹介しています。熱湯を入れると本体が透明になり、適温になると元の色(ピンク・ブルー)に戻る仕組み。カンに頼ることなく、赤ちゃんに最適な温度でミルクを作る手助けをしてくれます。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
混合
授乳
新商品・新情報

マジックベイビートップ

画像出典:PR TIMES

 

新米ママ・パパにとって、赤ちゃんのミルク作りはとても気をつかう作業ですよね。熱湯でミルクを溶かした後、哺乳瓶を流水や保冷剤で冷ましたり、肌に当てたり、温度計で測ったりしながら、何度も適温であるかどうか確かめる必要があるからです。
そんなミルク作りの大変さを軽減してくれる哺乳瓶「マジックベイビー」が、今話題に。具体的な特長をご紹介しましょう。

 

ミルク作りは「適温」が難しい!

近年「イクメン」という言葉が一般的になり、赤ちゃんのミルク作りを積極的に担当するパパも珍しくありません。一方で、経験不足からうっかり赤ちゃんに高温のミルクを与えてしまい、口内をやけどさせてしまう事故が後を絶たないそうです。


一般的に、赤ちゃんに与えるミルクの適温は36~40度の「人肌程度」。哺乳瓶を肌に当てて判断する人も多いですが、どうしてもアバウトな判断になりがちです。粉ミルクも固形ミルクも、70度以上の熱湯で調乳する必要がある以上、赤ちゃんがやけどするリスクは常につきまとうと言えるでしょう。

 

適温を色でお知らせしてくれる哺乳瓶「マジックベイビー」

マジックベイビー本体全体

画像出典:PR TIMES

 

2018年12月に発売された「マジックベイビー」は、耐熱・硬質強化ガラス製の哺乳瓶です。シルキーピンクとターコイズブルーの2色展開で、一見すると普通の哺乳瓶と変わりません。しかし、本体表面には温度によって色が変わる特殊なシリコン素材がコーティングされており、40度以上の熱湯を注ぐと一瞬で透明に変化!「適温」とされる40度以下に温度が下がると、再び元の色に戻ります。


見た目だけでミルクの大体の温度が判断できるため、ミルク作りに不慣れな人も安心! 子育て経験の有無や不確かなカンに頼ることなく、誰もが適温のミルクを作れるようサポートしてくれそうです。


シリコンコーティングで安心感アップ!

マジックベイビーと赤ちゃん

画像出典:PR TIMES

 

本体表面に施されたシリコンコーティングは、ボトル表面を滑りにくくしてグリップ性を高める役割も果たしているようです。ミルクを与えるママ・パパだけでなく、自分でボトルを持つようになった赤ちゃんの手にもしっかりとなじみ、落下を防ぎます。


万一落下した場合も、このシリコンコーティングがガラス片の飛散をブロック! 危険性を最小限にするための配慮が、安心感を与えてくれるでしょう。

 

レンジ・煮沸・薬剤消毒OK! 

「マジックベイビー」は、すべての消毒方法(電子レンジ・煮沸・薬剤)に対応しています。ご家庭ごとに、好みの方法で消毒できるのがうれしいですね。
電子レンジや煮沸消毒なら3~5分程度、薬剤を使う場合は約1時間の浸けこみが目安です。シリコンコーティングが変質する可能性があるので、必要以上に加熱したり、薬剤に浸けるのは避けたほうがよいでしょう。

 

 

私もかつて頻繁にミルクを作っていたころ、「これくらいの温度でいいのかな?」とカンでやっていたため、熱すぎたり冷たすぎたりして困った経験がありました。もし当時「マジックベイビー」を使っていたら、ミルク作りがかなり楽になったことでしょう。新米ママやパパたちに、ぜひ使ってみてほしいです。

 


この記事にいいね!しよう

いいね!
103

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ママネタに関するキーワード