冬も必要?授乳中の水分補給について助産師が教えます!

2019/01/14 10:00
5
この記事では、助産院ばぶばぶ・院長であり助産師のHISAKOさんが、授乳中の水分補給についてお話ししています。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
授乳

水分補給のイメージ

 

こんにちは、助産院ばぶばぶ・院長のHISAKOです。冬になると水分補給を忘れがちになってしまう人も多いのではないでしょうか。でも、授乳中の人はちょっとだけ気を付けてほしいです。今日は、授乳中の水分補給についてお話しします。

 

授乳中のママは水分補給が必要?

成人女性の体は、70%が水分からできています。体温調節をする「汗」、全身に栄養や酸素を送る「血液」、食べものの消化、吸収、排泄に使われる「体液」など、さまざまな体内の水分のお世話になっています。

 

尿や便、汗、呼吸などを通して毎日約2000mlの水分が排出されます。そして母乳は90%近くが水分からできています。生後3カ月以降の赤ちゃん、離乳食が軌道に乗るまでのもっともよく飲む時期には、個人差はありますが1日に1000ml以上の母乳を飲むことがあります。


ということは、授乳していない女性の水分排出が1日2000mlで、授乳中はさらにプラス900ml程度、つまり3000ml近くの水分がママの体から搾り取られているということになります。

 

授乳中は1日2リットルの水分補給を

排出された水分は補給する必要があります。授乳中のママなら、母乳に使う水分も加味して補給しなくちゃいけません。


必要量の4割は食事からも水分摂取できるので、授乳していない人なら、おおまかに差し引いて「1日1200ml」は飲みましょう! 授乳しているママだと単純計算でプラス900ml。「1日に2リットル以上!」という理論が成り立ちます。


ママの体の声を聞くゆとりを持とう

でも実際には、人によって、体質によって、体調や季節によっても適量は違うと思います。飲みたくもないのに、無理して「1日2リットル!」などとノルマを決めて飲むと、結局はおっぱいのコンディションにも歪みがきます。逆に、飲みたいのに無理して飲むのをがまんするのもおっぱいのトラブルにつながるのではないでしょうか。

 

みんな個性豊かな人間であるように、水分の摂り方も全員に当てはまるわけじゃないし、自分の体が本当に欲しているかどうかは、体に聞くのが最適ですね!

 

 

ただし、授乳中は赤ちゃんのお世話に夢中になりすぎて、ママは自分の体から発せられる声が聞こえなくなりがちなので、ちょっと意識して「内なる声」と対話するようにしてみてくださいね。

 

監修者・著者

助産師 HISAKO

助産院ばぶばぶ院長


総合病院小児科・産婦人科・NICU病棟勤務を経て、地域での助産師活動・出張専門助産院を開業。2006年には来院ケアも可能な「助産院ばぶばぶ」をオープン。2016年11人目出産し、ママたちに元気と勇気をおすそ分けすべく母乳育児支援や講演活動、書籍出版など多岐にわたって活動中。

 

 

 



この記事にいいね!しよう

いいね!
5

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ママネタに関するキーワード