暮らし 住まい 事故 生活習慣 安全対策

脱水や窒息の危険も!? 赤ちゃんがいる家は「こたつ」に注意

 

ぬくぬくと温かくて快適な「こたつ」。寒い冬は、一度は入ったら抜け出すのが大変ですよね。でも、赤ちゃんには危険なこともあるって知っていましたか?

 

続きを読む

こたつはなぜ危ない?

こたつの内部の温度は一般的に、低くても35度〜40℃、高いと60℃を超えるほど高くなります。大人でも、長時間入っていると低温やけどをする恐れがあるほど。

 

まだ肌がデリケートで体温調節もうまくできない赤ちゃんを、熱のこもったこたつに長時間寝かせるなどすると、気付かないうちに低温やけどや脱水症状を起こしてしまう危険もあるので、十分に注意したいものです。

 

もぐりこむ事故にも注意して

ハイハイを始めた赤ちゃんにとっては部屋中が遊び場のようなもの。こたつがあれば、当然興味を示して入りたがります。親がちょっと目を離したすきに赤ちゃんがこたつの中にもぐりこんでしまい、発熱体の部分に触れてしまう、外に出られなくなって脱水症状を起こしてしまうという可能性もあります。

 

こたつから離れるときはこまめに電源を切るようにし、赤ちゃんから目を離さないようにしましょう。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。