乳首が痛むときの4つの対処法と、乳頭裂傷にならないためにできること

2019/03/16 19:00
5
この記事では乳頭亀裂(乳頭裂傷)について、医師監修のもと解説します。乳頭(乳首)の先や根元の部分が裂けたような傷ができることを「乳頭亀裂」といいます。授乳をはじめたばかりの時期や、赤ちゃんの歯が生える時期に多くみられます。この乳頭亀裂ができると、授乳時や服に乳頭が擦れることで痛みが生じ、状態が悪化すると出血することがあります。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
授乳

授乳のイメージ

 

直接母乳での育児はスキンシップがとれ、赤ちゃんはママのぬくもりを感じて安心して授乳することができるメリットがあります。ママと赤ちゃんの愛情が深まり、他にも産後の子宮の回復を早めるなどの効果もあり、母乳育児はメリットがたくさんあります。そんなとき、乳首に傷ができて痛みがあると母乳育児が苦痛になってしまいますよね。乳頭亀裂になる原因、なってしまったときのケア方法、予防法についてご紹介します。

 

乳頭亀裂になる原因

乳頭(乳首)の先や根元の部分が裂けたような傷ができることを「乳頭亀裂」といいます。授乳をはじめたばかりの時期や、赤ちゃんの歯が生える時期に多くみられます。乳頭や乳輪部の皮膚はデリケートなため、赤ちゃんがおっぱいを力強く吸うことで乳頭が切れて赤くなったり、ひび割れなどを起こしてしまうのです。この乳頭亀裂ができると、授乳時や服に乳頭が擦れることで痛みが生じ、状態が悪化すると出血することがあります。乳頭亀裂になる原因には次のようなことがあります。

 

授乳姿勢(抱き方)やおっぱいの含ませ方による原因

赤ちゃんを抱くときに、赤ちゃんの体が安定していなかったり、赤ちゃんの口が乳首に対して斜めだったりすると、おっぱいの含ませ方が浅くなり乳頭の一部分に負担がかかります。乳首を浅く含ませたまま長時間授乳すると、乳頭亀裂が生じてしまいます。

 

乳頭が硬くむくんでいる

妊娠中からおっぱいマッサージを行っていると、乳頭は弾力性があり乳管が開通して母乳の出が良くなって赤ちゃんが吸いやすい状態になりますが、乳頭が硬くてむくんだ状態だと傷ができやすくなります。

 

授乳後の赤ちゃんの口からの外し方による原因

授乳が終わるとき、赤ちゃんの口を無理に乳頭から引っ張ると傷つく原因になります。また、赤ちゃんの唾液が乳頭についたままだと乾燥して切れやすくなります。

 

赤ちゃんの母乳を飲む力が強い

赤ちゃんが成長するとおっぱいを吸う力がどんどん強くなりますので、乳頭亀裂が生じることがあります。

 

赤ちゃんに歯が生えて噛まれる

乳歯が生え始める時期は生後6~9カ月頃ですが、授乳のときに乳首を赤ちゃんに噛まれて、乳頭亀裂が生じることがあります。

 

乳頭亀裂になったときのケア方法

乳頭亀裂になったときは痛みが生じますので、授乳が苦痛に感じてしまいます。乳頭亀裂があっても赤ちゃんにとっては問題ありません。傷も数日で治ってきますので、授乳は続けても大丈夫です。しかし、傷が悪化すると授乳が苦痛になることもあるので、乳頭の出血や痛みが強い場合は搾乳して与えるなど、授乳をお休みして治すことも大切です。ケア方法について説明します。

 

保湿剤を塗る

乳頭が乾燥すると亀裂が悪化するため、乳頭亀裂の部分にワセリンなどの保湿剤を塗った後、ラップを当てます。ワセリン・馬油・ラノリン油などの低刺激の保湿剤は、そのまま授乳して赤ちゃんの口に入っても安全なものがあります。また、母乳には保護と殺菌効果があるため、乳頭亀裂部に母乳を塗る方法もあります。

 

授乳方法を変えてみる

乳頭の傷の悪化を防ぐために、乳頭亀裂の部分を赤ちゃんの口角にくるように含ませ方を工夫します。また亀裂が少ないおっぱいの方から先に授乳するのもいいでしょう。痛みが強くなれば直接授乳をお休みしてください。

 

傷をガーゼやタオルで保護する

使い捨てのおっぱいパットは乳頭が擦れてしまいますので、使用は中止してガーゼやタオルなどの柔らかい素材がおすすめです。

 

乳頭保護器を使う

乳頭に傷や痛みがある場合でも、保護カバーを使用して授乳できる商品です。赤ちゃんの口が直接傷にあたらないように乳頭を保護してくれるので、乳頭亀裂の悪化を予防できます。サイズがあるので、助産師に相談してください。


乳頭亀裂にならないための予防法

乳頭亀裂にならないように、次のことを工夫してみましょう。

 

抱き方を工夫する

授乳のときの抱き方は、ママは楽な姿勢を保てるように工夫しリラックスします。クッションや枕などを利用し、赤ちゃんの口が乳頭の高さになるように調節して、赤ちゃんをママの体にフィットさせるように抱き安定させます。横抱き・縦炊き・脇抱きなど、授乳のたびに抱き方を変更して、乳頭の一部分に負担がかからないようにします。

 

おっぱいの含ませ方を工夫する

赤ちゃんは乳房に反射的に吸いついてきますので、手で乳房を支えて赤ちゃんが大きなお口を開けたときに、乳輪部まで深く含ませます。赤ちゃんの口と乳頭の角度が合っているか確認します。赤ちゃんの唇が内側にめくれていたり、乳頭が痛くなるようであれば再度やり直します。授乳後に乳頭が丸くなっていないか、つぶれていなければ上手に含ませられています。おっぱいは左右均等に授乳するように心がけてください。

 

乳頭・乳輪部マッサージを行う

乳頭や乳輪部が硬いときやむくんでいるときは、授乳前に乳頭・乳輪部のマッサージを行います。マッサージを行うことで柔らかくなり、開通が良くなって乳頭亀裂を起こしにくくなります。また、乳頭を突出させて赤ちゃんが吸いつきやすくする効果があります。

 

【マッサージ方法】
1.おっぱいを片手で持ち上げて、乳頭が正面を向くようにします。
2.親指・人差し指・中指で乳頭をつまみ、3秒圧迫します。乳頭が硬い場合は5~10秒かけて優しく圧を加えながら圧迫します。乳頭・乳輪部の位置や方向を変えて、各1分程度圧迫します。乳頭や乳輪部が硬い場合は2~3分くらいマッサージしてください。
3.横方向、縦方向にもみずらします。慣れてきたら柔らかくなるまでもみます。

 

赤ちゃんの口の外し方を工夫する

授乳後に、赤ちゃんの口を乳頭から外すときは乳頭を引っ張られないように赤ちゃんの口角に指を入れてから外すようにすると、乳頭が切れてしまうのを予防できます。

 

清浄綿は使用しない

おっぱいを清浄綿で拭き取ると、保護の役目をしている皮脂を拭き取ってしまい、乾燥することがあるので使わないようにしましょう。また、乾燥予防のために、授乳後に保湿剤を塗るのもおすすめです。

 

おっぱいが張っているときは搾乳する

おっぱいが張っているときは乳輪部が硬くなるため、浅く含ませがちになります。授乳前に軽く搾乳することでおっぱいが柔らかくなって赤ちゃんが吸いやすくなります。

 

まとめ

亀裂ができる前から早めに乳頭ケアをおこなうことが母乳育児を続けるコツです。乳頭亀裂の影響で痛みや出血があるときは、直接授乳をお休みすることも大切です。母乳外来で乳頭ケアや、授乳について相談することもいいでしょう。乳頭亀裂は予防できますので、日頃のケアするようにしましょう。

 

監修者

医師 福岡 正恒 先生

産婦人科 | 産科婦人科福岡医院院長


京都大学医学部卒。同大学院修了後、京都大学助手、講師を経て、平成11年より産科婦人科福岡医院院長。京都大学在職中は、婦人科病棟や産科病棟などを担当。またこの間、英国エジンバラ大学・生殖生物学研究所に留学。日本産科婦人科学会・産婦人科専門医,京都大学医学博士

 


経歴

京都教育大学附属京都小学校,洛星中学校・高等学校,京都大学医学部 卒業
京都大学医学部附属病院にて研修後、市立伊勢総合病院・京都桂病院での勤務(医員)を経て、京都大学大学院医学研究科へ進学。
生殖内分泌学の研究や不妊治療に従事。

昭和63年 医学博士となる。

平成4年 京都大学医学部助手となり、婦人科病棟医長として子宮筋腫や子宮ガン等の診療に従事

平成 6~7年 英国スコットランドのエジンバラ大学生殖生物学研究所に留学、帰国後は、産科病棟副医長として周産期診療に従事
平成10年 京都大学大学院医学研究科 講師
平成11年 産科婦人科 福岡医院 開院



この記事にいいね!しよう

いいね!
5

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ママネタに関するキーワード