福岡 正恒 先生の記事

医師

福岡 正恒 先生
産婦人科 | 産婦人科医

新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
2 クリップ

京都大学医学部卒。同大学院修了後、京都大学助手、講師を経て、平成11年より産科婦人科福岡医院院長。京都大学在職中は、婦人科病棟や産科病棟などを担当。またこの間、英国エジンバラ大学・生殖生物学研究所に留学。日本産科婦人科学会・産婦人科専門医、京都大学医学博士。

京都教育大学附属京都小学校、洛星中学校・高等学校、京都大学医学部 卒業
京都大学医学部附属病院にて研修後、市立伊勢総合病院・京都桂病院での勤務(医員)を経て、京都大学大学院医学研究科へ進学。生殖内分泌学の研究や不妊治療に従事

昭和63年 医学博士を取得

平成4年 京都大学医学部助手となり、婦人科病棟医長として子宮筋腫や子宮ガン等の診療に従事

平成 6~7年 英国スコットランドのエジンバラ大学生殖生物学研究所に留学、帰国後は、産科病棟副医長として周産期診療に従事
平成10年 京都大学大学院医学研究科 講師
平成11年 産科婦人科 福岡医院 開院

 

■専門領域

日本産科婦人科学会 専門医
母体保護法 指定医

基礎知識(30)
ニュース(25)
【医師監修】妊娠にも影響する!?多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは?
妊娠を希望しているけれど、生理不順で妊娠のタイミングをとるのが難しいと感じている人は、もしかすると多嚢胞性卵巣症候群かもしれません。あまり聞きなれない病名かもしれませんが、妊娠と深い関わりがある疾患です。今回は、多嚢胞性卵巣症候群による妊娠への影響や治療法などについてお話ししていきたいと思います。
【医師監修】生理が不規則、生理不順の原因は? 妊娠への影響はあるの?
「生理の予定日を過ぎているのに始まらない」「ついこの間生理が終わったばかりなのにまた始まってしまった」「気づいたら何カ月も生理がない」など、生理に関する悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか。生理の周期が不規則だと、何より健康や妊娠への影響が気になりますよね。ここでは、正常な生理とはどういったものかを踏まえたうえで、生理不順の原因とその対処法をご説明していきます。
【医師監修】生理前と生理後のどちらが妊娠しやすいの?
妊娠を望む女性にとって、重要なバロメーターとなるのが「生理」です。生理は女性の体が妊娠に適した環境になっていることを示す大切な現象です。そのメカニズムを理解するのは、妊活にとって必要不可欠なことです。そこで、今回は生理が起きる仕組みをはじめ、妊娠との関係性や妊娠しやすいタイミングなどについて紹介していきます。
【医師監修】妊婦さんは暑がり? どうして妊娠すると暑くなるの?
妊娠すると、周囲と体感温度に差を感じやすくなるのが一般的です。家族や友人が平然としているのに、自分だけが汗をかいて暑いと感じる状況が起こりえます。しかし、なぜそのような状態になるのかわからず、不安になることもあるでしょう。今回は妊婦さんが暑いと感じる理由を説明し、体調管理の注意点や暑さ対策のコツなども紹介します。
【医師監修】妊娠中の高熱の原因は?赤ちゃんは大丈夫?
妊婦さんにとって心配なのは、妊娠中の体調不良です。妊娠中は体の変化が大きく、吐き気や熱っぽさなどを感じやすいもの。もし、妊娠中に高熱を出してしまったら、どのように対応するのが正解なのでしょうか。誤った対処は妊婦のみならず、胎児にも良くない影響を及ぼすおそれがあります。今回は高熱が出る原因、妊婦さんや胎児に及ぼす影響、高熱が出た場合の対処法などを紹介します。
【医師監修】妊娠の兆候はいつあらわれる?妊娠の初期症状の特徴について
妊娠の兆候や初期症状について産婦人科医が解説します。妊娠を望んでいる方にとって、まだ妊娠検査薬の使えない妊娠のごく初期に当たる時期は、妊娠しているのかどうかわからず、非常にもどかしい時期ですよね。この症状は妊娠の兆候かなと検索をする方も多いと思います。妊娠のごく初期は、人によっては症状がまったくないこともありますが、妊娠の兆候となる症状が出る場合もあります。
【医師監修】排卵日は妊娠しやすい?妊娠確率と排卵日を知る方法について
排卵日と妊娠確率との関係について産婦人科医が解説します。自然妊娠で赤ちゃんをと考えているのなら、排卵日を予測する方法を知っておくようにしましょう。自分の排卵日が予測できれば、妊娠しやすいタイミングがわかります。ここではどうして排卵日を知ると妊娠しやすいのか、排卵日を知る方法についてお伝えします。正しく知って、自然に妊娠できる可能性を上げてみませんか?
【医師監修】妊娠中の血液検査でわかることは? 目的と費用について
妊娠中の血液検査は、妊婦健診の際に最低でも3回はおこなわれます。採血は痛いので、できれば回数が少ないといいなと感じる妊婦さんもいるかもしれませんね。妊娠中の血液検査では、どのようなことがわかるのでしょうか。どうして必要なのでしょうか。今回は、そんな妊娠中の血液検査についてまとめました。
【医師監修】無排卵月経(無排卵周期症)の原因とは?
【医師監修】排卵のあと妊娠が成立しなかった場合に月経が起こりますが、月経周期が規則的ではなかったり、月経期間が短かったりして悩んでいる方も少なくありません。その場合はもしかしたら「無排卵月経(無排卵周期症)」かもしれません。今回は、無排卵月経について解説したいと思います。
妊娠数週の数え方は?妊娠中の体の変化と赤ちゃんの成長について
【医師監修】正常な妊娠であることがあきらかになると、医師から現在の妊娠週数と出産予定日が告げられます。妊娠初期に予定日や週数を正確に決めておくことは、その後の赤ちゃんの成長が正常かどうか、生まれてもいい時期とはいつからいつまでか、などを判断する上で大切なことです。ここでは、出産予定日の決め方と、妊娠週数の数え方や計算方法、時期ごとのお母さんと赤ちゃんの体の変化などについてお話ししたいと思います。
妊娠しても生理のような出血はある?妊娠初期の出血の原因と注意点について
【医師監修】生理がきたと思ったけれど、実は妊娠していたというような話を聞いたことはありますか?妊娠初期には、出血を起こす原因がいくつかあります。そして、その原因の中には、早く処置をしないと命に関わる場合も可能性としてあります。ここでは、生理と不正出血の違いや、妊娠中の出血の原因と注意点などについて解説します。
妊婦になるとなぜ眠くなるの?妊娠中の眠気の原因と対策について
【医師監修】「妊娠すると眠気が増す」という話は、よく耳にされると思います。今、まさに眠気と戦っている妊婦さんもいらっしゃることでしょう。妊娠と眠気には関連があるといわれているので、日中でも眠くなるのは仕方のないことといえます。ここでは、妊娠中に眠気が強くなる原因や対策法などについてお話しします。
妊娠検査薬で陽性になったら? 産婦人科に行くタイミングと初診の内容について
【医師監修】妊娠したかも・・・と思ったら、とりあえず産婦人科を受診してもいいのですが、できれば一度市販の妊娠検査薬で検査してみましょう。検査が陽性であれば妊娠している可能性が高いのですが、流産や子宮外妊娠など、異常な妊娠でないかどうか、きちんと産婦人科を受診して検査を受けることが大切です。今回は妊娠検査薬で陽性が出た場合に産婦人科を受診するタイミングと、診療内容について解説します。
妊婦さんは重い物を持たないほうがいい?どんなリスクがあるの?生活するうえで他にも注意したいこと
妊娠中、妊娠していることを忘れてつい重い物を持ってしまうこともあるかと思いますが、妊婦さんはなるべく体に負担がかからないように重い物を持たないほうが無難です。今回は、妊娠中に重い物を持つことのリスクや流産・早産の影響について解説します。
妊娠しやすいのは、生理前?生理後? 妊娠しやすいタイミングを解説!
この記事では生理前と生理後の妊娠のしやすさについて、医師監修のもと解説します。生理周期の乱れは、ストレスや栄養バランスが崩れること、体の冷え、急激な体重減少などが原因で起こります。排卵期の予測には安定した生理周期が欠かせないため、生理不順が続く場合は早めに婦人科を受診するなどして治療しましょう。
緊急帝王切開になることも…!? 子癇って何?予防法や前兆症状は!?
この記事では子癇(しかん)について、医師監修のもと解説します。子癇は妊娠高血圧症候群に伴って生じる全身けいれんです。妊娠中に妊娠高血圧症候群と指摘されたことがある方は、子癇を起こすリスクがあります。子癇が起きた場合は、お母さんと赤ちゃん共に危険を伴う可能性があるため、妊娠高血圧症候群にならないように注意しましょう。
生理が不規則…妊娠への影響はあるの?生理不順の原因と対処法を解説
この記事では生理不順の原因について、医師監修のもと解説します。ストレスによるホルモンバランスの乱れ、過度のダイエットなど、生理不順を引き起こす原因は一つではありません。生理不順は放置しておくと、妊娠に影響が出る可能性もあります。妊娠を考えている場合は、医師に相談して適切な治療を受けましょう。
無排卵月経(無排卵周期症)はなぜ起こる? 原因と治療法を医師が解説
この記事では、無排卵月経について医師監修のもと解説します。無排卵周期症は無排卵月経とも呼ばれています。正常な月経周期では、排卵が起こり妊娠が成立しなかった場合、月経となります。これに対し無排卵月経では、排卵が起きていないのに月経のような出血がみられます。
妊娠中はどんな運動をしたらいいの?おなかを鍛えると出産がスムーズ!?
この記事では妊娠中の運動について、医師監修のもと解説します。妊婦さんは妊娠中の体の変化により、運動制限が出てきます。しかし、マタニティ用にアレンジされた運動であれば、バランスを崩すリスクも少なく、安全に運動できますし、体力・筋力維持とリラックス効果という大きなメリットがあります。
妊娠中、高血糖が続くとどうなる?妊娠糖尿病の治療・出産方法は?
この記事では妊娠中の血糖値について、医師監修のもと解説します。高血糖が続くと、どの妊婦さんにも起こる可能性のある合併症(胎児の形態異常や流・早産、子宮内胎児死亡、妊娠高血圧症候群など)が、より発生しやすい状態となるため、赤ちゃんの健やかな成長のためにも、血糖値は低すぎず、高すぎずの状態を維持することが大切といえるでしょう。
PICKUP

同月齢の赤ちゃん
ってどんな感じ?

みんなの成長アル
バムで早速見る▶