赤ちゃんの授乳はいつまで?赤ちゃんが授乳を終える時期や授乳を終える方法について

3

授乳いつまで イメージ

 

赤ちゃんが生まれてから毎日、おこなっている授乳。しかし、いずれは終える時期を迎えます。ではどのくらいの期間授乳をおこなうのでしょうか?授乳を終える方法には断乳と卒乳がありますが、違いがわからないという方も多いかと思います。ここでは赤ちゃんが授乳を終える時期や方法について解説します。

 

 

断乳と卒乳について

断乳と卒乳は、授乳をやめるきっかけとして「誰がやめるのか」という点に違いがあります。断乳は、ママの意思で授乳をやめることをいいます。卒乳は、赤ちゃんがおっぱいを飲むのをやめることです。最近では、ママの意思で授乳をやめることも含めて「卒乳」といわれることも多々あり、この場合、赤ちゃんが自然とおっぱいを飲まなくなることを「自然卒乳」といって区別しています。

 

どうやって断乳する?

WHOでは、赤ちゃんが生後6カ月までは母乳のみ与える完全母乳育児をおこなうこと、そしてその後も2歳まで適切な食事を補いながらも母乳を続けることを推奨しています。

 

さまざまな事情によって断乳が必要になることもありますが、”この日”と決めていきなり断乳するのは、赤ちゃんにとっても精神的ダメージか大きくなりますし、乳房トラブルも起こしやすくなるため、よほどの理由がない限りはおすすめしません。

 

一方、赤ちゃんの様子を見ながら徐々に授乳回数を減らしていく方法は赤ちゃんにもママにも負担が少ないですが、授乳回数が減らず、なかなか計画通りに進まない場合は焦りが生じてしまうかもしれません。授乳回数を減らすときには、赤ちゃんが求めるときだけ授乳する、ママが授乳する場所にいると赤ちゃんも授乳の時間だと思ってしまうのでいつも授乳する場所にいないようにするなどの工夫をしてみましょう。

さらに断乳の際にはパパや周りの人の協力も必要です。赤ちゃんのおっぱいへの意識をそらすように、赤ちゃんに食事を食べさせたり、お風呂に入れた入りするのはママ以外の人に協力してもらうのもよいかもしれません。
 

 

授乳を終えるのはだいたいいつ頃が多い?

2007年に社団法人全国私立保育園連盟が1~3歳児の両親を対象におこなった「乳幼児の育児と生活に関する実態調査」によると、1歳児では56.7%、2歳児では87.0%、3歳児では93.6%が卒乳していると回答しました。

 

これまでは1歳前後に断乳するという指導方針が大多数でしたが、WHOの考えを受け、1歳前後の断乳にこだわらない指導法が多くなっていることもこの調査結果からうかがえます。
 

参考:独立行政法人福祉医療機構:平成19年度子育て支援基金助成事業「乳幼児の育児と生活に関する実態調査」

 

 

長期間授乳し続けることはいけないこと?

授乳をすることは赤ちゃんに必要な栄養を与えるだけでなく、赤ちゃんに満足感や安心感を与え、ママと赤ちゃんとの心理的なつながりを深めるのにとても役立ちます。ママにとっても、赤ちゃんにとってもおっぱいを飲むことが楽しめているなら、授乳を無理に終える必要はないでしょう。

 

その一方で断乳を考えているママ達にはさまざまな理由があります。しかし、これらの理由の中には母乳育児を続けることが可能なものもあります。

たとえば、「授乳期間が長いと虫歯になりやすくなる」ということを聞いたことがある人もいるかもしれません。しかし、これは授乳が問題なのではなく、授乳に加えて離乳食を食べるようになることでショ糖を摂取する機会が増え、虫歯になりやすいからなのです。ですので、離乳食が始まったら、赤ちゃんのお口のケアをしっかりおこなうことをこころがけましょう。

 

そのほか周りの人から「まだ母乳を飲ませてるの?」といわれたり、寝かしつけの手段が授乳になってしまいやめるタイミングがわからない、授乳の時間をとられるなど、長期間授乳をすることがデメリットに感じてしまうこともあります。ママにとって授乳がストレスとなってしまう場合は、断乳も考慮する必要があるかもしれません。

 

 

まとめ

WHOによると、2歳までは母乳を与えた方がよいとされています。ママにとっても、赤ちゃんにとってもおっぱいを飲むことが楽しめているなら、授乳を無理に終える必要はないでしょう。しかし母乳の分泌状況や離乳食の進み具合、家庭の状況などによって、授乳の期間はさまざまです。断乳の際は赤ちゃんにもママにもストレスの少ない方法を選択できるとよいですね。

 

 参考:
・日本WHO協会:「母乳育児に関する報告書」
・独立行政法人福祉医療機構:平成19年度子育て支援基金助成事業「乳幼児の育児と生活に関する実態調査」
・NPO法人日本ラクテーション・コンサルタント協会 母乳育児支援スタンダード


医療短期大学専攻科卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。

 

 

 

◆母乳育児に関するQ&A

 

 

◆授乳の体験談

 一番最初の授乳は出産直後に助産師さんが吸わせてくれました(^^) 小さくて必死な姿が本当に可愛かったです!それからは母子同室で吸わせかたがわからず助産師さんに何度も手伝ってもらい授乳しましたが体重を測ると2グラムしか増えておらず、ミルクを足すよう指導され夜中泣きました。それからは軌道に乗って完母でトラブルなく過ごせてます!助産師さんと頑張って吸ってくれたかわいい息子にに感謝です!

たいがママ さん

 現在2人目授乳中です。正直、上の子の初授乳は覚えていません。そして今回は生まれてまもなく、分娩台の上での初授乳でした。それまでずっと自分の指をチュパチュパ吸っていたので、助産師さん(看護婦さんだったかな?)にお願いして吸わせてみました。誰からも教わってないはずなのに夢中でおっぱいを吸う我が子に妙に感心したのを覚えています。

きょん×2 さん

 1人目の最初の授乳からだいぶ経つのですが、感激した感覚をまだ覚えています。私自身も可能であれば母乳で育てたいと思っていたので、病院選びの際に母乳育児に力を入れているということもポイントの1つとしていました。
 私は産後入院中はずっとろくに出なくて、赤ちゃんも自分も授乳に慣れていないで格好も定まらず、明らかに懲りそうな不自然な格好で授乳していました。産後の疲れた体でヘトヘトでしたが、乳首を吸わせる刺激で出るようになるということで、入院中にスパルタ教育をしてもらいました。
 産まれる前の授乳への意気込みが強かったためこのままずっと出なかったらどうしようと不安にも思いましたが、幸い、大きさの割にf^_^;)よく出るようになってよかったです。看護師さんが言っていた通り、「最初に出なくても大丈夫!ある日突然出るようになることもあるから、最初から出なくても諦めないで!でも、どうしても出なかったらミルクでいいんだよ!」

ぽぽ さん

 産院で最初に授乳した際、口をパクパクするだけで、うまく吸いつけないことが多かったのですが、初めて上手に吸い付いてくれた時の“きゅい~ん”とした鈍い痛み、“お!、吸ってる、吸ってる!”と感じられた瞬間は、とても嬉しく、幸せな瞬間でした。

あっちママ さん

 母乳は少し出ていたのですが、赤ちゃんが上手く飲めず、毎晩ナースセンターで看護師さんに指導されながら飲ませていました。うまく飲めない子は、搾乳してスプーンで飲ませるといいといわれました。哺乳瓶だと楽に飲めてしまうので、哺乳瓶に慣れるとおっぱいが上手に吸えないらしいんです。スプーンだと、舌の動きが練習になるらしくて、授乳の後は必ずスプーンで飲ませていました。
3日目くらいからおっぱいがパンパンに張ってくるのに赤ちゃんは飲んでくれず、退院までに赤ちゃんの体重がすごく減って落ち込みました。。。。。
その後も1ヶ月頑張って、ようやく出産時の体重に戻り、赤ちゃんも上手に飲んでくれるようになりました。最初の一ヶ月を乗り切れば、大丈夫!でも2人目のとき、「きっと二人目だから大丈夫さ」と思っていたら、全く同じ状況になり、これまた一ヶ月必死に頑張り、二人とも無事に母乳だけで育てました☆

すなふきん さん

 産んですぐ分娩室で初乳をしました。初めてでなんだか変な感じがしました。赤ちゃんが一生懸命飲んでくれている姿を見て、すごく可愛いと思いました。しかし、授乳というものが今後痛かったり、つらかったりしていきましたが・・日々看護婦さんにみてもらいながら頑張りました。2カ月くらいしてようやくペースがつかめてきました。それまでは、不安になったり心配になったりすることが多かったです。

そばかす さん

 今思い出すのもつらいですが、産後、おっぱいが出なくて、本当に悩みました。乳首が裂けて、飛び上がるほどの痛さでした。おっぱいが出ない自分に悲しくなって、夜泣きました。それからマッサージに通って、二ヶ月ごろには別人のように出るようになりました。
あとから友達に聞いてみると、おっぱいが出なくて悩んでいた人がけっこう多かったです。自分だけじゃないってわかっていればあんなに悩まなくてよかったのになー。。

ペペロン さん

 

2018/02/22


この記事にいいね!しよう

いいね!
3

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。