赤ちゃんの散髪はいつからできる?必要な道具とコツ、気を付けるポイントについて

赤ちゃん散髪イメージ

赤ちゃんの髪の毛がだんだん伸びてくると、初めての散髪を意識する方も多いかと思います。今回は、赤ちゃんの散髪について、お店で髪の毛を切ってもらえる時期、自宅で散髪をする際に必要なもの、散髪のコツ、散髪の時に気を付けるポイントなどを解説します。

 

 

赤ちゃんの散髪ができる時期

赤ちゃんの散髪は、髪の毛の伸びるスピードなど個人差があるため様々なのですが、3~4カ月ぐらいからできると言われています。

大人と同じように赤ちゃんの髪質にも、量が多い・長い・髪が太いなど様々な特徴があります。七五三まで髪を切らないという場合もあれば、前髪だけ散髪するという場合もあります。時期は様々ですが、1歳未満でも赤ちゃんの散髪を行っている美容室もあります。

赤ちゃんは、大人に比べて特に髪の毛の生えるスピードがゆっくりとしています。そのため、そこまでコマメ切る必要はありません。しかし赤ちゃん自身が、前髪が目に入って邪魔そうだったり、首回りやうなじの髪の毛が気になったりしているようでしたら、必要に応じて散髪をしてあげましょう。

 

 

散髪はどこでする?

赤ちゃんの散髪は、美容室か自宅で散髪することになります。

 

■美容室で散髪する場合

子ども専門の美容室によっては、生後3~4カ月の赤ちゃんも散髪を行っています。

生後3~4カ月は首がすわるころの時期となり、乳幼児健康診査で首のすわり具合をチェックする項目があるためこの頃が目安とされています。

子ども専門の美容室のため、子どもが楽しく散髪を出来るように様々な工夫がされています。スタッフは、美容師技術はもちろんのこと、赤ちゃんとの接し方もしっかりと教育されています。カット台が飛行機や車の乗り物になっていたり、赤ちゃんの好きなDVDを見ながらカットを行ってくれたりするところもあるようです。

 

■自宅で散髪する場合
赤ちゃんの髪の毛は大人に比べて量が少ないため、わざわざ美容室に行かなくても自宅で散髪することも難しくはありません。美容室という慣れない場所に行くことで赤ちゃんは緊張してしまう可能性もあります。さらに赤ちゃんがぐずったり泣いたりしてもすぐに中断出来るため、最初は自宅で散髪を行う方も多いようです。

 

 

自宅で散髪する際に必要なもの

自宅で散髪をする場合、散髪するための道具やその他にも準備が必要な道具があります。ここで主に必要な道具について紹介します。

 

・くし
髪の毛を整えたり、長さを確認したりするために使います。


・カットハサミ
髪の長さを変えるハサミです。赤ちゃん用のカットハサミでは、安全のため刃の先にガードが付いている場合があります。


・スキハサミ
髪の量を変えるハサミです。カットハサミと同様、刃にガードが付いていたり、刃先が丸まっていたりします。


・散髪ケープ
切った髪の毛が、服の中に入り込んでしまったり、床に散らばってしまったりする事を防ぎます。髪の毛は意外とチクチクしてしまうため、ガードする役割もあります。


・シート
床に落ちてしまった髪の毛を処理するときに楽になります。新聞紙や広告を敷いても代用できます。


・赤ちゃんのお気に入りグッズ
散髪中に気が逸れてしまったり、動き回ったりしてしまっては危険です。赤ちゃんの好きな遊具やDVDをかけてあげましょう。


・霧吹き
髪を濡らすために使用します。霧吹きを直接髪にかけると驚いてしまう赤ちゃんの場合は、軽く手に水をつけて髪を撫でるように湿らせてあげましょう。


・タオル
首の回りにタオルをつけてからケープを着用することで、より髪の毛を逃すことなくまとめることができます。


・ブラシ
赤ちゃんの顔についてしまった短い髪の毛をブラシで拭ってあげます。ブラシの毛先がチクチクしない赤ちゃんの肌にも使えるブラシを選びましょう。ブラシを嫌がったり怖がったりする場合は、手やタオルで拭って挙げて下さい。

 

 

散髪する時のコツ

自宅で散髪をする際のちょっとしたコツや、ポイントを紹介します。

 

■マスキングテープを使う
特に前髪を切る時にオススメの方法です。マスキングテープを短くしたい長さになる所に張ります。マスキングテープごと切ってしまうことで、髪の毛も散らばらずに長さも揃える事が出来ます。マスキングテープの幅や太さにも種類があるため、どのくらいの短さにしたいか決めておきましょう。

 

■寝ている時に行う
初めての散髪では、いつもと違う事をしているため赤ちゃんは落ち着きが無くなってしまうことがあります。ハサミも使っているため、動き回ってしまっては危険です。そんな時は、赤ちゃんが寝ている隙に散髪を行うという手もあります。その後の掃除は少し大変かもしれませんが、安全に散髪をすることが出来ます。

ただし、眠っているときに動く場合もありますので、様子を見ながら慎重に行ってください。

 

 

散髪する時の注意点

散髪する際の注意点として、自宅で散髪をする場合でも、美容室で散髪をする場合でも、嫌がったときには散髪をしないことです。

くしで髪を梳かされるのが嫌だったり、ケープをつけたくなかったり、じっとしている気分じゃ無かったり、赤ちゃんの気分や機嫌は変わりますので、様子を見ながら行ってください。

嫌がっているときに無理矢理散髪を行うことで、ハサミが手にぶつかってしまうという危険性だけではなく、「散髪=嫌な思い出」となってしまう可能性もあります。

少しでも嫌がっている場合は、一旦散髪を辞めたり、別の日に行いましょう。

 

 

まとめ

初めて髪を切る事は、記念にもなります。

自宅で散髪をする場合は、事前の準備をしっかりとしておくことでスムーズに散髪ができますし、少しでも嫌がった場合は散髪をしないということがポイントです。

自分で散髪をすることが不安な場合や、好みの髪型にしてみたい場合は、美容室で散髪をしてもらうと美容室デビューにもなり、それも思い出となるのではないでしょうか。

 

 


監修者:看護師 しらいし ゆみか

総合病院附属看護専門学校卒業後、総合病院小児科、保育園看護師として勤務、現在はフリーランスとして看護師として働きながら看護系の記事執筆・監修を行っている。

 

 

 

 

◆散髪に関連するニュース

2018/04/24


はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。