赤ちゃんと遊ぼう - 子どもの好きなおもちゃ

Let's play!赤ちゃんと遊ぼう

参加者は、11カ月の男の子とそのママたちです。
ママたちに囲まれて3人が遊ぶ様子はまるで3つ子みたい!たくさんのおもちゃに囲まれて、ほのぼのとした取材になりました!

今回は、子どもたちの美術教育をおこない世界のおもちゃの研究をしている、「芸術教育研究所 あーと・らぼ」(http://toy-art.co.jp/)のプレールームをお借りして、おもちゃコンサルタント武田先生(プロフィール)に、赤ちゃんのおもちゃ選びと遊びのポイントを、実際におもちゃで遊びながら教えていただきました!

 

 

3人のお気に入りのおもちゃは…?

「あーと・らぼ」にはいろんなおもちゃがいっぱい! みんな楽しく遊んでいますが、遊び方もそれぞれなら好みもそれぞれ。小さくてもちゃんと個性があるんですね。それぞれのお気に入りを紹介します!

 

心南くん

「ボールや球状のおもちゃに夢中。ちょっと一工夫してこんなリサイクルおもちゃも出来ますよ。着なくなったTシャツなどを利用して、ゴムを入れてきんちゃく状にし、それをタッパにくっつけて、その中にお手玉を出し入れして遊ぶんです。このお手玉がミソ。要らなくなった靴下で出来ているんです。お手玉の中身を変えてあげると触った時の質感が違って楽しめますよ。触覚を鍛える働きがあります」
 

陸くん 

「ホームセンターで売っているホースを切り、中にらせん状のギュッと伸ばした針金とビーズを入れたもの。振ると音がするので楽しんでくれます。端っこさえきちんと処理していれば中のものが出てくることはないですよ。柔らかいので危なくないし、流れるビーズの動きを目で追ったりも出来ますし、涼しげで可愛らしいおもちゃですよ」
 

佑昌くん

「人型の人形が落ちてくるおもちゃに食い入るように見入っていました。ボードの上から人形を落とすと、ボードにたくさんついたフックを経由して下に落ちてくるおもちゃ。物の原理を遊びながら自然に学ぶことが出来ます。軽すぎず重すぎず、適度な音もするし、見た目もカラフルできれいです!」
 

 

みんな大好きなのは、こんなおもちゃ!

武田先生    

「定番ですけど、プルトイは人気がありますね。素朴なおもちゃで単純な動きゆえに流行り廃りがない。価格は若干高めですが、長持ちするので代々使えますし、見た目がきれいだから部屋に飾っているだけでも可愛いですよね。いらいらしない心地良音に、きれいな配色が施されています。どんな色でも遊ぶことには変わらないんですが、子どもの時は美的な感性も育っていく時期。きれいな色は大事にしたいですね。もちろん塗料は安全なものを使っています」


―  おもちゃの良さを網羅したおもちゃといえるのではないでしょうか。3人ともプルトイには興味を示していましたが、気に入ったプルトイはそれぞれ別でした。色や形の好みがあるんでしょうね。

 

 

意外!?こんなおもちゃも大人気!

筒がふたつ連なっていて、それぞれを左右に引いて、顔を出すおもちゃ。筒は上下2本のひもでつながっているので、筒を引っ張るとひもで出来た空間の中に顔が見える仕組みになっています。"いないいないばぁ"にみんな大はしゃぎ!
いたってシンプルなおもちゃなのに、みんなすごく喜んでいました。
武田先生「現代の子どもはテレビに慣れてますから、四角い空間を意識するんですよね。このおもちゃだと、ひもを引っ張った時のフレームが画面の役割を果たして、目線がこの中に集中するんですよ」
 

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

コメント

  • どんなおもちゃなのか全然イメージできなかったので、せっかく写真があるなら文章と関連付けた写真が見たかったです…参考にしたかった…

この記事にコメントする

残り2,000文字

専門家の記事&最新ニュースが550件以上!

ベビーカレンダー監修者はこちら

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)