二人目出産の注意点

産婦人科・天神尚子先生に聞いた

「2人目出産の注意点を教えてください」

 

一般的に2人目以降の出産は初産よりも軽くすむことが多いのですが、だからといって油断は禁物! 初産で安産だった人が2回目以降に難産となることもありますし、リスクがないとはいい切れないのです。経産婦の場合、妊娠を軽く考えて妊婦健診にこなくなってしまう方もいらっしゃいますが、これは絶対NG。ママの体は1人目のときよりも確実に高齢になっているわけですから、別のリスクを負っている可能性もあります。
 また、1人目を出産したあとには、必ず8週は体を休めること。この時期にしっかり休養をとらないと、自律神経のバランスを崩して産後のうつ状態が長引いたり、ホルモンのバランスがうまく回復せず、2人目を妊娠しにくくなることもあります。特に、年子で妊娠された場合には、育児の負担もあると思いますが、体を休める時間をとりながら体調管理を行う必要があります。

 

1人目の妊娠・出産時に、妊娠中高血圧症候群や胎盤剥離など何らかのトラブルがあった場合には、次の妊娠・出産もできる限り同じ医療機関に通ったほうが、母体の健康状態を把握できるため望ましい場合が多いのですが、目立ったトラブルがない場合には、別の医療機関を選んでも問題ありません。別の医療機関で、新たな医師や助産師とコミュニケーションをとる楽しみもあると思いますので、自分のやりたいお産ができる医療機関など、納得のいくところを選んでみてもいいでしょう」
 

 

まとめ

「あれほど子どもに興味のなかった自分が、こんなに子煩悩になるとは思わなかった」「つわりやお産がつらくて『もう二度といや』と思っていたのに、時期がたつと次の子がほしくなった」など、1人目を産んで初めて、子育てのすばらしさに気づくママが多いようです。
子どもはそれぞれ違う個性をもって生まれてきます。だからこそ、きょうだいの子育てはたいへんだといえますし、逆にその面白さに夢中になるママたちも多いのではないでしょうか。経済的な不安やライフスタイルへのこだわりなど考え方は人それぞれですが、子育てほど毎日が発見に満ち、変化に富んだ経験はない、というのが先輩ママたちの多勢の意見。「これから2人目をどうしよう」と悩んでいるママも、今回の特集を参考に、より深遠な子育てワールドの扉を開けてみてはいかがでしょうか? そこには、人生をさらに豊かにするきっかけがあるかもしれません。

 

(監修/天神 尚子さん

 

 

 

2015/07/06


コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。