よその家の子への注意の仕方は?

育児のQ&A

よその家の子への注意の仕方は?

1歳になる娘は、6ヶ月から保育園へ通っています。最近、同じクラスの子(1歳9ヶ月)に髪の毛を引っ張られたり、叩かれたり、押し倒されていることがよくあります。まだ力加減が分からないころだし、じゃれあって楽しく遊んでいるのだから、と様子を見ていたのですが、少し頻度が多いので、どうすればいいのか困っています。
「○○ちゃん、痛いからダメだよ」と優しく言い、そっと手をのけたりするのですが、今度は私を叩いたり、噛んだりします。その子のお母さんは、「ごめんね。ダメだよ~。ヨシヨシしてあげないと」と言ってくれるのですが、どう見てもパチパチ叩いています。
娘は叩かれても最初はあまりよく分からず、呆然と固まっているのですが、やはり痛いのかいつも途中で泣き出します。悪気がないことは分かるのですが、他の子にもちゃんと分かるように注意するには、どうすればいいのでしょうか?

 

とくに1~2歳の子は、遊び方も手加減も分からず、仲良くしているつもりで攻撃していることがよくあります。他のお子さんを叱ることは、勇気のいることですね。でも勇気を出して、少し強い口調で「髪の毛を引っ張ったらダメ」「叩いたらダメ」「押したらダメ」と言いましょう。本当は見かけた大人たちが同じことを言ってあげると、子どもも「してはいけないこと」のルールが分かるのですが、今はよその家の子を叱る大人が少なくなってしまいました。
1歳9ヶ月くらいの子どもには、「いい子いい子、しようね」より「ダメ」をはっきり言ってあげた方が、理解しやすいのです。その子のママには、「いけないことは、はっきり『ダメ』と言った方が子どもには伝わる、と臨床心理士が言っていたの」とぜひ伝えてくださいね。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール


植松 紀子(うえまつ のりこ)先生

平成4年から「こどもの城」小児保健部にて臨床心理士(常勤)として働き、平成19年に定年退職する。横浜市、藤沢市の各教育委員会のスーパーバイザー。日本学校メンタルヘルス学会評議員、田中教育研究所評議員。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。