2011年:か行(男子)

0
翔生(かい)くん
人とかぶらないような名前にしたくて、この字を付けました。「翔」という字は流行りだけれど、この読み方はなかなかいないと思うので気に入っています。苗字とのバランスもよく男の子らしくてかっこいい名前だと思います。「かい」という名前自体は呼びやすいし覚えてもらいやすいです。(さぉさん)
快晴(かいせい)くん
私も旦那も雨男&雨女なので、結婚式等大切な日は雨or嵐でした。。。(><)なのでこの子の記念日には絶対晴れて欲しいと思い、名づけました!!でも、産まれた日はみぞれでした。。。(笑)(しまじろうさん)
快太(かいた)くん
上の子(4歳娘)が陽菜乃で、快太の太と、陽菜乃の陽で、我が家の太陽となり、いつまでもキラキラ輝いていてほしい。どんなときも2人でカをあわせ仲良しでいてほしいという願いを込めて、太をつけ、快は画数等を調べつけました。(よぴさん)
快人(かいと)くん
小さいころからの夢だった念願の男の子を出産。ただ、男の子願望が強くて名前が決まらない!そこで、字画で少しでも良い名前をとインターネットで検索し、何件もある中からチョイスしました。理由は、あだ名ではなく名前で男女問わず呼んでもらえそうだからと、快人の読み方に【よしと】があり旦那にも【よし】がはいってるので決めました。読みを変えたのは、呼んだら2人とも返事をしちゃうから。(なかじぃさん)
快都(かいと)くん
名前の読みから、夫婦でピンときた「かいと」と決め、それから漢字を決めました。「海」を使った漢字が多いので、別の漢字を考え「快」に。漢字の意味から、爽やかで潔いイメージがあるので決定。「と」は、周囲から注目される人間になるように、人が集まる「都」を決めました。快晴の「快」でもあるので、息子のイベント事や息子と出かけるときはいつも良い天候に恵まれています(笑)(かいママさん)
魁翔(かいと)くん
魁…(1)みんなを引っ張っていける位積極的なそしてしっかりした男になってほしい。(2)やると決めたら悩んでないで真っ先に行動に移せる子になってほしい。翔…自分の夢を持ってそれに向かって頑張ってほしい。というおもいがこもっています。最初は魁と海で悩んでて、海に決めたら親に魁にしろとずっと文句つけられて。画数多いし難しいし大丈夫かなぁ。(かいくんmamaさん)
海虎(かいと)くん
初めに決まっていた名前があって、その名前でお七夜までした次の日に、誕生日が歴史上の人物と同じで、そのことを主人に話したら即変更!ということになって今の名前にした。親戚集めてのお七夜だったのであわてて変更の連絡をした。今でも忘れられない。(ままかりさん)
海登(かいと)くん
夫婦の思い出の場所の海を名前に使おうと決めていました。良く遊んでいたのも海。家族になろうと約束したのも海でした。また海は様々な恵みをもたらす一方で、今回の震災では沢山のものを奪っていきました。そんな震災があった年に生まれた子供。命の大切さ、自然災害の恐ろしさを忘れぬ様、また海のような大きな心で人々を包み込める包容力のある人間になって欲しいと思い海登と名付けました。登は私の一文字を取っていますが、男なら頂点目指してどんな困難があっても登っていって欲しいという願いも込めました。(いまちさん)
海翔(かいと)くん
海のように広い心をもち羽ばたいていくように☆(みぃさん)
海翔(かいと)くん
響きがよかった。(もんきーさん)
海翔(かいと)くん
海の近くで授かった子なので海を一文字、転勤族で色々な場所に飛んで行くので飛翔の翔を一文字とって名付けました。(かなえるブタさん)
海翔(かいと)くん
旦那が男の子なら「かいと」って名前がいいと言っていて、漢字は何にする?って所で、本当は「海斗」の予定でしたが、出産前に「翔」の字も「と」って読めるよね?って話になって画数見て一番相性が良かった「海翔」になりました。(あまのえりこさん)
海翔(かいと)くん
産まれる直前に名前の候補が変わりました。「かいと(海斗)」は一番最初に考え付いた名前でしたが、画数が悪く、別な候補を考えていました。そんな時、出産間近になって名付け本を手にしたところ、この名前(海翔)を見つけたのですが、もう既に決めてあった別の名前があったので、妻と相談し、産まれてくる子供の顔を見て決めようということになりました。いざ顔を見た瞬間、「海翔だ!」とこの名前に決めました。海の様な広い心を持ち、おおきくはばたいて行けるような子供に育ってください。(キクさん)
海吏(かいり)くん
海のように広く大きな心を持って、みんなと仲良くできるようにと願いを込めて名付けました。(あんこさん)
佳楓(かえで)くん
ダンナが中性的な名前なので子供にも同じような名前をつけたいと「かえで」を希望しました。「楓」一文字だと字画が悪すぎたので「佳楓」としました。男の子はめったに苗字が変わることがないので、字画と響きを考慮して一生懸命考えた名前なので満足です。(ちべさん)
楓(かえで)くん
私のワーキングホリデーでカナダ行きが決定してから、今の主人と出会い、超遠距離での付き合いでした。電話やネットで毎日のように連絡を取り合い、月10万円の電話代の時もありましたが、帰国まで待っててくれました。この人と結婚して子供が出来たら、男の子でも女の子でも「楓」と名前を付けようと決めてました。距離や時差にも負けず、遠距離でも別れることなく入籍したので、カナダの国旗からとりました。(tomoryoさん)
佳来(かく)くん
佳は父親の名前に圭がついているので、にんべんをつけ佳にしました。兄二人もついてます。兄たちも佳良(かい)佳都(かつ)と二文字なので、この子にも二文字を考えていました。そして、今年大震災があったこと、家族内でも祖母が病気になったりしている中、明るい未来を願い、佳い事が来ますように、この子がもたらしてきてくれると信じて「佳来」と名付けました。きっと祖母の病気も克服して家族仲良く、楽しく過ごせると信じてます!(れんこんママさん)
岳(がく)くん
山岳の岳という字をつけました。もっとも大きな山だけにつく岳。心も体も大きく、そして私たち夫婦も大きな愛で我が子を育てようと言う願いが込められています。字画がそれほど良くなく悩んでいたのですが、子供が生まれたのはちょうど東日本大震災の2日後でした。たくさんの命が津波によって奪われたなか、山は揺るがず人々を守ったということから力強さを感じ、この名前しかないと、決めました。岳が産まれて、どんな山よりも大きな幸せを、もらいました。(あかさたなさん)
楽音(がくと)くん
6歳になる長女が出来た時から、男の子だったら「がくと」と決めていました。けどお腹の中のあかちゃんは女の子。次女の時も男の子の名前だったら「がくと」。性別は女の子。去年3人目が欲しく、男の子希望だけどどっちでもいいやって5ヶ月頃に性別を聞くと男の子とのこと。これは絶対「がくと」だと、私がGACKTが好きなのもあり決定。上の子たちも音がつくので楽音にしました。(ゆうちゃんさん)
楽翔(がくと)くん
長男の妊娠出産ではお腹にいるときから胎児貧血で、輸血などの治療があり大変でした。産まれてからも小さな体で治療と戦い、元気になりました。元気に産まれてきてくれることが何よりも奇跡的で素敵なことだと思いました。次男が元気に誕生してきてくれたことが嬉しく、またお兄ちゃんに負けないくらい元気にはばたけるよう、楽しい人生を送って欲しいと思い楽翔と名付けました。(あっこさん)
一翔(かける)くん
パパの一という漢字を入れたいという思いと大きく羽ばたいてほしいという思いから名付けました。(ゆりかさん)
翔(かける)くん
名前は一生の物なので、とても悩み産後の入院中にやっと決められました。大人になっても立派な名前を付けたかったので、本をたくさん買い、インターネットで調べ、何度も何度も悩みました。出産して顔をみたら、「これだ!」って思いました。それが「かける」です。由来は、夢に向かってはばたいて(翔って)欲しいのと、男の子なので かけっこをたくさんする元気な子になって欲しく名づけました。(はづままさん)
一輝(かずき)くん
突如息子から電話で赤ちゃんの名前を考えたけどお父さんの名前の一文字をもらって自分の一と合わせて付けたいとの話し。う~ん嬉しいやら孫に責任を持てるのかと?そんな立派なじいちゃんではないと思いつつも了解しました。孫に少しでもじいちゃんの名前を貰って良かったと言われるようにしないといけないと思いました。(母ちゃんは子供は良く考えたね~)とひやかされました。その孫ももう一歳と四ヶ月大きくなって来ると同時に色んな所作が可愛くて会えるのが待ち遠しいです。(しまちゃんさん)
和希(かずき)くん
義理の両親が子供の名付けは神社でみてもらったと聞いたので、画数だけはこだわっておきました。 その中から読みやすく、書きやすい字を選び、この名前になりました。一応、建前は和やかな性格でいつでも心に希望を持っていてほしい。ということにしていますが。(nontamagonさん)
一真(かずま)くん
私たち夫婦にとって待望の第一子、長男。たった一つのかけがえのない命。真っ直ぐに、真心のある子に育ってほしい、という願いを込めて名付けました。また、主人の名前にも「一」の字が入っており、私のことはもちろん、周囲の皆を大切にする主人のように優しくなってほしい、という願いも込めました。こちらの由来は主人には内緒ですが…(笑)(ゆかさん)
和真(かずま)くん
近年、海外ではテロや日本でも震災があり、暗いニュースが多かったので、この子が育っていく世の中は、平和な時代であって欲しいと思い、「和」の字をつけ、いつでも嘘をつかない、真実の人であって欲しいと思い「真」の字を考え、「和真」になりました。(kanitama24さん)
和真(かずま)くん
今年は大震災や妊娠中にいろんな事があり不安や心配が多かったので、平和にそして真の強い子に育つようにと名付けました。(あいみさん)
一夢(かずむ)くん
重度の子宮内膜症で腹腔鏡手術しましたが、手術後医師から「自然妊娠は不可能です。体外受精しか妊娠する方法は考えられない。それでも長くかかるでしょう」と伝えられました。この事実を夫婦で受け止めるのに半年ほどかかり、意を決して体外受精に臨みました。奇跡的に一回目の治療で妊娠する事ができ男の子を出産しました。私たち夫婦の「唯一の夢」であった子どもの誕生だったので「一夢」と名付けました。読み方で「かずむ」と「はじめ」で迷いましたが最後はパパの一言で「かずむ」と読む名前になりました。この子には大きくなったら「一つ大きなの夢」を追いかけ叶えて欲しいと思っています。(つばささん)
和也(かずや)くん
妊娠中に東日本大震災がありました。仲間とともにどんな困難にも立ち向かうという夏の高校野球の選手宣誓に感銘を受けたこともあり、復興していく私たちに必要なものは和の心だと改めて思います。日本のみんなで一丸となってよりよい日本を作っていくという気持ちをわが子に託して和也という名前をつけました。(3兄弟のママさん)
叶(かなう)くん
どんな願いも叶えられるように・・・と思いを込めて名付けました(^-^)(かなぶんさん)
奏翔(かなた)くん
音楽を嫌いな人はいませんよね??人を感動させたり、笑顔にさせたり…音楽はいろんなスゴい力を持っています。「たくさんの人から愛され、自分の力で人を幸せにする」そんな子になってほしい。また、「大空を翔るように、自分で選んだ道を自由に歩んでいってほしい」という想いで"奏翔"と名付けました。奏翔のおかげで実家の暗い雰囲気も明るくなりましたし、みんなを笑顔にしてくれます。奏翔がいるだけで幸せ。産まれてきてくれて本当にありがとう。(かなクンmamaさん)
翔奏(かなた)くん
「女の子」と思っていたのに(病院では「女の子」)、生まれてきたのは「男の子」だったので、親もビックリ!女の子の名前しか考えていなかったので、慌てて考えたのは良いのですが、未だに漢字でかけない親とじ~じです。(小心者さん)
奏(かなで)くん
9画の漢字で探していて「奏」は字面も響きも素敵で「成し遂げる」という意味があると聞き、決定しました。名前の通り 素敵な男の子に育って欲しいです☆(あきさん)
奏(かなで)くん
結婚したのが、吹奏楽部の同じパートになったのがきっかけの様な物だったので、子供には音楽にちなんだ名前を付けようと思っていました。ただ、結婚して15年子供が出来なく、諦めかけた時に子供が出来ました。子供が出来た事が分かった時に、ふと頭の中に「奏」という言葉が浮かびました。この子の名は「かなで」だと、その時に決め、妻に相談したところ、妻も気に入ってくれました。後でこの字の意味を知ったのですが、成し遂げると言う意味があるそうです。音楽関係でなく、何事も諦めずにがんばってほしい。そう思いました。(つすくうさん)
奏(かなで)くん
「奏」という字には、楽器などを演奏するという意味だけでなく、「功を奏する」のように成功する、成し遂げるというような意味があります。何事もあきらめず、最後までやりぬく子に成長してほしいと願っています。そしてもちろん、夫婦ともに音楽も大好き!主人はドラム、私はピアノが趣味です。息子にも音楽好きになってほしい!将来は家族で演奏したいものです。(かなたんママさん)
叶夢(かなと)くん
お父さんみたいに夢を叶えられるような人生を送ってもらいたい。また、周りの人にも幸せに出来る子になってもらいたい。(かなっぺさん)
奏人(かなと)くん
万人と調和できる人になってほしいという想いでつけました。調和=奏でると考えました。類い稀で、音が流れるようなきれいな名前したかったので、なかなか覚えてもらえませんがつけてよかったです。(♪yuki☆♪さん)
奏夢(かなむ)くん
2歳年上のおねーちゃん的存在である犬の来夢(らむ)ちゃんが夢という字を使っていて、どうしても夢の字を使いたかった。そして、「奏」の字を使ったのは演奏するには自ら奏でていかなければならないので自分で夢を奏でる。切り開いて行ける人になってほしいという気持ちを込めました。自分1人で夢を奏でるもよいし、オーケストラなどのみんなで一緒に1つの曲を奏でるということで人と助け合う力や心をもって生きて行って欲しいという気持ちもこめています。(cooperさん)
樺音(かのん)くん
誕生の時、ペッヘルベルのカノンの様なやさしい喜びを感じました。この子は三男になるので、上の子達と力を合わせ素敵な人生を奏でられるようにカノンと名づけました。この子に逢ってカノンの旋律を思い出して貰えるように優しくも力強い子になって欲しいです。(YUKIさん)
絆心(きしん)くん
女の子を希望していたけど3人目も男の子でした(笑)お兄ちゃん2人の名前が三文字で「ん」が付いているので、三男も「ん」が付く三文字を考えていました。お婆ちゃんが「心(しん)」を使う事を提案してくれて、「きしん」に決定。でも「き」の漢字がなかなか決まらなくて、画数も踏まえて色々悩んだ結果「絆心」に決りました。家族との絆、友達との絆、人との絆を大切に、また どんな物より自分の心、人の心を大切にする人になって欲しいという思いが込められています。(*RinRin*さん)
球太(きゅうた)くん
「白球のように常に正々堂々強く太く歩んで欲しい」と言う意味を込めて「球太」と名付けました。私は小学校から社会人まで、野球を通じて多くの仲間に出会い支えられてきました。エゴですが息子にも野球を通じてこれからの人生多くの仲間と多くの素敵な時間を作って欲しです。(給茶機さん)
清翔(きよと)くん
産まれてくる子は女の子がよくて、名前も「愛華(あいか)」と決めていたのに男の子と判明…男の子なんて考えてもなかったから、頭が真っ白になり全く名前が浮かばず(*_*;)出産した日に決めました。私のあだな「きよ」と、彼の名前の頭文字の「と」を足して、「きよと」に♪いつまでも澄んだ優しい心を持って、この世に羽ばたいていってもらいたいと願い、私の名前を一字使い「清翔」にしました(^-^*)(きよママんさん)
聖陽(きよはる)くん
清らかで汚れることなく育ってほしいとの願いと心の暖かい子になりますようにという願いからつけました。(ちこ☆”さん)
心柾(きよまさ)くん
よみかたは、歴史好きな幼なじみが、加藤清正からとってつけたものです。漢字は素直で優しい子になってほしいと思い両親で考えました。(hinakiyoさん)
煌空(きら)くん
パパが「煌」の字が好きだからというのと、昔テレビ番組でキラっという名前を見て気に入ったらしく、男の子ならつけたかったそうです。私は某アニメ番組から取ったと思われるから嫌でしたが、どうしても他の名前が浮かばなかったので「まっいっか!」っという気持ちでつけました。しかし姓名判断で調べたところ私たちの苗字には一文字の名前は合わないと判明!!そこで「空」をつけるとよくなったのでつけることに☆「煌めく空」っていうのステキだし☆言いづらさは多少ありますが、今ではつけてよかったと思っています♪(キラキラアンコさん)
煌翔(きらと)くん
妊娠してる時から旦那は輝彪(キトラ)にしたくて決めてたけど、私は誰からも好かれるような煌めきがある男の子になって、引っ張ってくようなたくましい子になりますように。と煌翔と名付けました!出生届けにまで輝彪と書いたけど、やっぱり自分が決めたのがいいと思い直して提出!!どっちが良かったかな(笑)(ゆゆままさん)
桐乙(きりと)くん
パパの名前があまり人とかぶらない名前なので子供の名前も人とかぶらないのがいと思って、響きから入り、画数で決めました。桐という字が堅い印象なので乙で柔らかさがあっていいかな(みかさん)
空河(くうが)くん
現在住んでいる仙台で奥さんと出会い結婚し、子供を授かりました。夏頃に生まれる出産予定日の男の子でしたので、仙台の七夕祭りから、夏の夜空を彩る「天の川=空の河」をイメージして名前をつけました。夜空に輝く天の川のように、光り輝く、彩りのある人生を送ってほしいと言う願いを込めました。(じゅんにーさん)
希威(けい)くん
アルファベット1文字で表わせる名前にしたくて音から選びました。世界中の人からちゃんと名前を読んでもらえるようにとの思いを込めて。漢字は、人が自然と周りに集まってくるようにとの画数から選びました。どんな場面でも希望を持ち続け、堂々と前を向いて歩んで欲しいとの思いが込められています。(ちいさん)
慶伍(けいご)くん
名前の由来は、妊娠した時にパパもママも慶(よろこ)び、とても愛おしく感じ、男らしく生きてほしいので名付けました。(かなやんさん)
慶悟(けいご)くん
3人目、パパ待望の男の子。長女は「妹のほかに、弟もできた」と大喜び!次女もかわいい赤ちゃんに毎日「抱っこさせて~」とメロメロ。3人もの子供に恵まれるとは思っていなかった私(ママ)も赤ちゃんにおっぱいをあげられる幸せを日々感じています。そんな家族みんなの気持ちを表して「慶(よろこび、しあわせ)を悟る」と名付けました。また、子供自身が「自分で幸せを見つけられるように」との願いも込めています。(でんでんむしさん)
継心(けいし)くん
名前のよみは決まっていたものの、漢字がなかなか決まらず、姓名判断をして頂き、20+4がいいと言われいろいろ考えた結果、何事も継続する心が大事という意味で継心にしました。(けいちゃんママさん)
佳祐(けいすけ)くん
「パパの名前の漢字を使う」、「誰にでもわかる読み方」。名前を考えるにあたって、このふたつは絶対条件にしました。いくつか候補を考えていた矢先、東日本大震災に遭遇。直接の被害はありませんでしたが、テレビで繰り返し流される衝撃的な映像に胸がつまり、余震に怯えながら過ごした臨月でした。3月22日、計画停電開始の直前に産声をあげた我が子。こんな時に生まれてきたのだから、力強い名前にしたいと考えましたが、ふにゃふにゃしたかわいい顔を見たら、勇ましいイメージとは結び付かなくて…。結局、パパの名前の「佳」に、「助ける」という意味の「祐」を選びました。2011年の3月に生まれたことによって、いっそう、命の有り難さや、生きるということについて深く考えました。どんな時も、まわりの人を助け、手をさしのべる、優しい人間になってほしい。そんな思いを込めました。また、「祐」には「神様に守られる」という意味もあるそうです。このタイミングに、生命力全開で生まれることが出来たのも、きっと守られているからに違いない。母親である私も、そのことを忘れず、一生懸命子育てしていこうと思います。(アユミさん)
恵介(けいすけ)くん
昔パパとママが男の子が生まれたらつけようと思ってた名前がです(姉妹だから男の子は生まれなかったので)。(ゆりぴょんさん)
恵介(けいすけ)くん
昔、私の両親が子供が男の子だったら「恵介」と決めていたが、私達は姉妹だったのでその名前がつけられず…ひとつ世代を飛ばして息子の名前を恵介にしました♪すごく喜んでくれました♪(ゆりかさん)
慶祐(けいすけ)くん
今年は大きな震災によって、世の中がたくさんの悲しみに包まれました…そんな中でこの世に元気に誕生してくれた尊い命。生きていれば予期せぬことも色々あるけれど、とにかく幸せであって欲しいという願いから名付けました。(しゅうママさん)
恵大(けいた)くん
たくさんの恵みに満ちた人生になるように。また、私たち夫婦の、とても大きな宝物(恵み)だから。(けいちゃんママさん)
京杜(けいと)くん
京は大きな数を表す事から、無限の未来への可能性を。杜は杜の都仙台での震災を忘れないように、震災で傷付いた方達の気持ちを汲める人間になるようにとの思いを込めて。漢字表記では日本的で、読みは外国でも発音しやすく国際的にも通用する名前にしました。字画も、どの占いでも吉になる名前です。(なかあきさん)
絢(けん)くん
我が家には「か○り→り○き→き○け」のしりとり3兄弟がいるので、生まれる子どもは「け」から始まる名前に決まっていました!女の子なら「慶音:ケイト」、男の子なら「絢:ケン」。この字は、アヤと読むため、女の子と間違えられるかもしれませんが、名字とのバランスがお洒落だし「豪華絢爛のケン」ですって自己紹介すれば、みんな納得してくれます♪3兄弟は最後まで「北斗の拳のケンシロウ!」と言ってました…しりとりも「ん」で終わり、私たちの最後の子どもになりました♪(misakiさん)
元(げん)くん
パパがギター好きで「弦」と付けたかったが、画数が悪く断念。しかし、「げん」という響きの良さが気に入って、本をパラパラとめくっていると「元気」という名前が目にとまり、ピンときたのです。「元」はほかに「はじめ」という読みもあります。ちょうど両家の初孫なのでピッタリだと夫婦で喜びました。(おむらいすさん)
健伸(けんしん)くん
健やかに真っ直ぐ育つように。(りいすけさん)
健太(けんた)くん
東日本大震災で被災しました。ライフラインの寸断を始め、頻繁に起こる余震…。予定日は3月の末でしたが既に臨月に入っていて、いつ生まれてもおかしくない状態でした。精神的にも不安な日々を過ごし十分な栄養も取れませんでしたが、震災から数日後、予定日より早く無事に元気な男の子を出産。3日間入院し自宅に戻りましたが、ライフラインは完全に戻ってはいませんでした。そのような環境でも、すくすくと育ってくれた息子に「健太」と名付けました。旦那と、6つ違いのお兄ちゃんと、家族みんなで考えた名前です。現在7ヶ月になりましたが、名前負けしないくらいに成長中です。(ぶひこさん)
健人(けんと)くん
妊娠初期、助かる確率は数パーセントと言われた命。長い長い安静生活後、無事に臨月になってから産まれてきました。安静中、健康で自由に動けるということは、とても幸せでありがたいことなんだと気付きました。そして、赤ちゃんが健康に産まれてくれることを祈っていました。健康が一番、健康に育ってほしいという気持ちから、健康の「健」という文字を選びました。急に仕事を休むことになり、安静で家事もできず、家族、職場の方、友人、上の子の保育園の先生、たくさんの人に助けられました。人は一人では生きているのではないということを感じ、人を大切に、人との関わりを大事にしてほしいという気持ちを込めて「人」という字を選びました。健人、元気に産まれてきてくれてありがとう!!凝った名前ではないけれど、呼びやすく、漢字もわかりやすく、想いのこもった名前です。(ななぽこさん)
健登(けんと)くん
妊娠前から名前を考えておりましたが、なかなか決めきれずにいました。名字との画数が良いのはどんな文字か、占いや本で調べるたびに迷ったり・・。ついに息子が産まれ、報告に帰省した際、たまたま父から祖父の名前が「健司」だったことを知りました。数ある候補の中に「健登」があり、なにか背中を押された感がありました。おじいちゃんありがとう。天国で健登が健やかに伸びやかに育つようみていてください。(りょうちゃんさん)
謙斗(けんと)くん
海外でも通用するように。(けんけんさん)
元翔(げんと)くん
元気に(元)何事にもチャレンジして、日本中をかけまわる(翔)ような元気な男の子になって欲しくて、この名前にしました。元気が一番。(てんてんさん)
健磨(けんま)くん
嫁の妊娠5ヶ月目のエコー健診でちんちんが見え、男の子であることがわかる。それから、約3ヶ月をかけ、以下のような順序で命名作業を行った。1)嫁の提案でニックネーム「けんちゃん」と呼びたいとの提案。2)まず、フレーズを「けんま」とほぼ決める。3)インターネットの総画占いを実施し、「けん」=「健」とほぼ確定。4)漢和辞典を購入し、「健」の10画と相性の良い画数3画、11画、12画の漢字を片っ端から書き出す。5)「健馬」「健真」「健磨」に絞り込む。6)両親や友人にも相談したところ、「健馬」では、大きくなって足が遅かったらかわいそう等の悪い印象があるとの助言を頂き、却下した。7)「健真」「健磨」それぞれ手書きで大きく紙に書くと、字のバランスが「健磨」のほうが良い、 かつ、総画占いでも運勢がとても良いことから、「健磨」とした。「健磨」・・・名前に込めた両親からの願いは、 「健やかに成長できるよう、日々自身(スキル等)を磨き続けていって欲しい。」という内容。今日(11月2日)で産後2ヶ月を経過、3280gで産まれ、約2倍の体重6kg超えとスクスク成長している。字画が多く、書きづらいかもしれないが、自身の名前に誇りを持ち、立派な大人になって欲しいと願う。(まっち~さん)
健矢(けんや)くん
夫の尊敬する方の名前から一文字「健」という字をいただきました。先にその字が決まり、下にはどんな字をつけようか、かなり悩みました。真っ直ぐに育ってほしいという気持ちを夫婦ともども持っていたので、「矢」という字を選び、「健矢」に決めました。(youさん)
洸(こう)くん
二人目の子供です。最初の子供の名前はすんなり決まったのですが、今回はなかなか決まりませんでした。名づけの条件として、「画数が多くなく」「知合いに同じ名前の人がいない」「初対面でも読みやすい」「当て字は控える」「シンプルな感じ」「一人目の名前とあわせる」「水系を含むように」…etc。たくさん悩んだ末、「洸(こう)」になりました。ちなみに一人目の子供の名前は、「泉」です。次に子供ができたら、ますます悩みそうです(笑)(モリモリさん)
光我(こうが)くん
まだ妊娠中にパパが「男の子なら(こうが)がいいんだよね」と譲らなくて、後々理由を知った時には「スロットの主人公が(こうが)なんだよ」と嬉しそうでした。今ではそんな理由とは裏腹に周りの方々からは良い名前だね、良い意味だねと言われます。名前の意味は、光輝く自分を持った逞しい子になるように。今やbig boyです!(こーがままさん)
幸雅(こうが)くん
上の子と10歳空いて出来た念願の2人目で、旦那が欲しがっていた男の子でした。でも生まれるまでは確実に男の子と先生に言ってもらえず、名前も9ヶ月になってやっと9割男の子と言われ決め始めました。旦那が変わった名前でカッコイイ名前がいいね~っと言ってたので、いろいろ候補をあげてその中で一番画数も良く周りのみんなも幸せにしてくれて、幸せな人生を歩んで行ってくれると思い付けました。(aikoさん)
昂基(こうき)くん
自分の基となるものをしっかり築き上げて高く大きく成長して欲しいと願いを込めて名付けました。(裕くんママさん)
航生(こうき)くん
人生という海原をしっかり生きていって欲しいという願いを込めて。地震、原発問題が起きる前にパパが一生懸命考えくれましたが、二週間後に早産ながら無事に産まれて来てくれた息子にピッタリと、両親共々とても気に入ってます。頑張ろう福島☆(ムック♪さん)
幸輔(こうすけ)くん
病院まで間に合わず、車の中での出産でした。車の中で生まれたから車という字がついている「輔」、お兄ちゃんとおそろいで「幸」という字をつけました。生まれる前に考えてた名前とまったく違う名前になったけど、車中出産というびっくりな出産だったので、それに関連した名前がつけたくて入院中に考えました★(ゆかちさん)
航将(こうすけ)くん
航は、航空や航海など遠くへ渡る時に使われます。 将は、将軍と言うように上に立つものを表してくれます。 私達夫婦はお互い友人や同僚・指導してくれ慕ってくれる方が多くとても恵まれています。 そんな二人の子供なので、航将には沢山の友人や指導してくださる方と共に先へ未来へと前に進んでほしいと願い、この漢字で名前にしました。(うめさちさん)
洸誠(こうせい)くん
人にも仕事にも誠実にあってほしいという願いをこめました。(たまっちさん)
皓聖(こうせい)くん
こうせいの呼び方はパパ、漢字はママが決めました。2人とも「こうちゃん」と呼べるような名前にしたくて色々と考えていました。パパは4文字の名前にこだわっていて、試行錯誤のうえ「こうせい」という名前を考えだしてくれました。皓聖の皓の字には「白く輝く、いさぎがよい」という意味があることから、自分の意思をしっかりと持ち、自信をもってキラキラと輝く人生を歩んで欲しい、という願いを込めて、この漢字をつけることにしました。(ゆみさん)
康太(こうた)くん
主人と結婚五年目に授かった息子。パパは授かるずっと前から、男の子なら自分の一字をとり康太にすると決めていました。妊娠5ヶ月頃先生に性別を伺うとブルーのお洋服かなあって。ただ検診の度に赤ちゃんが小さいと言われ、無事に生まれて来るか不安だった私は主人に名前変えた方がいいかもと提案。初志貫徹!!の一言だけが返ってきました。予定日より10日早く産まれた息子は保育器に入り、NICUにもお世話になりました。その時から9ヶ月。名前の通りムチムチあんよの元気な息子に育ってます。体重は産まれた時の四倍です。重いです(笑)(康ママさん)
弘太(こうた)くん
主人の父が6月に病気で亡くなり、その時は妊娠初期でした。私たち夫婦にとって3人目にして初めての男の子とわかり、亡くなったおじいちゃんから漢字一文字をとって名付けました。(ゆっきいさん)
昊大(こうた)くん
ある物語の登場人物から「コウ」という名前をイメージし、そこから「コウタ」か「コウキ」か悩みましたが、男らしく?単純なのが一番!!と「コウタ」と名付けました。漢字はとても悩みましたが、パパが何日も考え「昊」という漢字を当てました。「夏の空」という意味があるそうで、のびやかな感じがとても気に入っています。(tarepandaさん)
煌大(こうた)くん
陣痛が始まったのは台風の夜中。風雨の中主人と一緒に病院に向かいました。主人は朝から仕事に行かなければなりませんでした。11時間の出産後に、主人に生まれたよと電話しました。主人によると、私から電話があった時に急に雲間から光が射し込んできて、とても神秘的だったそうです。そんな太陽の光の様にキラキラ煌めき、心の大きな人に育って欲しいと、この名前にしました。(りかさん)
航大(こうだい)くん
私は瀬戸内海の小さな島で生まれ育ち、旦那さんは島からまっすぐ見える本土に生まれ育ちました。その間の海を航り大きな愛を与えあい結ばれました。そんな中生まれたのが航大です。私たちの愛の結晶です。(りかさん)
孝太郎(こうたろう)くん
呼びやすいのと お姉ちゃんたちが考えてくれました。(ヨニンメママさん)
虹太郎(こうたろう)くん
痴呆の強い私のひいおばあちゃん。昔から不思議な力を持っていて、スプーンを何本も擦って曲げたり・妊娠したばかりの私に「男の子がいる」とお腹を指指したり。そんなひいおばあちゃんに「幸せに太郎のコウタロウ・虹に太郎のコウタロウどっちが幸せに育つかなぁ?」と何気なく聞いてみました。それまで虚ろな目をしていたひいおばあちゃんは、急に私の顔をしっかり見ながら「虹のコウタロウは幸せになるよ」と言い切ってくれました。それを聞いた瞬間「虹に太郎の虹太郎」に決めました。ひ孫の虹太郎が産まれた今、「何てお名前ですか?」と毎日聞くひいおばあちゃんに「虹に太郎の虹太郎です」と答えると、決まって「まぁ可愛らしい良い名前だね~」と満面の笑顔を見せてくれます。(虹太郎ママさん)
倖人(こうと)くん
漢字にあえて人を幸せにする人という意味です。(モンロさん)
考平(こうへい)くん
2011年は世界的にもさまざまな災害・暴動が起こりました。その中で、いつまでも平和を考える子になって欲しいと名付けました!(Juneママさん)
航平(こうへい)くん
これからの世の中を穏やかに渡って欲しい。(船が海をわたるように、平穏な人生であってほしい。)(あべっちさん)
煌夜(こうや)くん
「闇夜の中でも煌めいて」どんなに苦しい時でも、負けそうな時でも目を閉じてしまいそうな時でも諦めないで輝いてほしい。光を求めて彷徨うのではなく自分で光って誰かの道標となれますように。(GGGさん)
恒洋(こうよう)くん
お腹に赤ちゃんが宿ったのが分かった時曾祖父が倒れ今年2月になくなりました。男の子と分かり、しかも干支が同じということで何か曾祖父との繋がりを感じました。まだ予定日まで2ヶ月もあるのに突然の陣痛!急遽出産になった時私は祖父に「小さな命守って」と何度も祈りました。そのかいあって1772グラムしかなくても元気よく産声をあげてくれました。きっと曾祖父が助けてくれたのだと・・・顔を見せることもできなかったけれどきっとこの子の誕生を喜んでくれたと思います。そして曾祖母が曾祖父の産まれ変わりだととても喜んでくれました。なので曾祖父から1文字「恒」をもらいました。「洋」はお兄ちゃんと同じ字です。ちなみにお兄ちゃんも同じうさぎ年産まれです!(4人のママさん)
虎太郎(こたろう)くん
生まれる前から男の子は虎太郎と決めていました!(こたさん)
小太郎(こたろう)くん
パパが、歴史好き、戦国時代好きということから、風魔小太郎から取りました。あとは字画も考慮しました。(Qさん)
湖都(こと)くん
穏やかで包容力がある子で、たくさんの仲間に恵まれて過ごせますように。(まきさん)
琥翔白(ことは)くん
上の子が色を使ってるので色を調べた結果琥珀と言うのがあり候補にあがりました!しかしあたしがどうしても翔が入れたかったのもあり翔も入れ周りからは変わった名前と言われるけどあたしは満足です!で女の子が欲しかった事もあり女の子と間違われてしまう名前ですが(笑)(あややさん)

 

2011年赤ちゃんの名前ランキング

2015/07/24

ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。