2011年:ま行(女子)

0
舞(まい)ちゃん
なかなか名前が決まらなくて悩んでいるとき、旦那の夢に出てきた名前!初めはあまり納得してなかった私でしたが、女の子でイニシャルがMっていいなって昔から思っていたし、1歳の息子が上手く名前を言えたこともあって、気づくとマイ以外考えられなくなってました。漢字は踊りを舞うように、楽しい人生がおくれるよう決めました!!(かっちゃんさん)
舞依子(まいこ)ちゃん
最近の名前に珍しいと思いましたが、旦那の家系の全ての女性陣に「子」が付くので「子」を付けたいと思っていました。逆に珍しく覚えてもらいやすいです。出産して病院からの帰宅時に家の前の大きな桜が綺麗に舞っていました。春の暖かさに小さな小さな我が子を抱きしめる喜びを込めました。(新米Mamaさん)
舞桜(まいさ)ちゃん
母がどうしても授かりたかった3番目。まいたんは、女の子か男の子かも生まれてくるまで聞かなかったの。一番目は、男の子。2番目は女の子。出来れば女の子が良くて。。。帝王切開で、予定出産。去年くらいからもう、4月に誕生!!は決定していて。。。まいたんは、元気に元気な女の子!!とても大きな産声をあげて誕生してくれた。女の子だったら、絶対に使いたかった桜!の漢字。桜が舞っている季節に誕生したから付けました。。。字画的には、紗の方が良かったみたいだけど~母がどうしても、使いたかった桜。みんなに可愛い可愛いと言われる毎日。これからも、みんなに愛されるパパ・ママ・兄・姉・バァバの宝物まいたんで、居てね。(まいたんさん)
稀音(まお)ちゃん
音の響きが良いのがいい。というのと、上の子と同じで、希望に満ちてほしいということで、つけました。(なつままさん)
真緒(まお)ちゃん
まっすぐ、正しく生きていって欲しいという願いをこめてつけました。(ぽるチャンさん)
真緒(まお)ちゃん
本をみて検討しましたが最終的には私の直感で決めました。だれにでも読みやすく覚えやすい名前と両親からも好評です。(きむちぇんさん)
舞桜花(まおか)ちゃん
4人目にしてやっと女の子が生まれました!苗字の画数が多いことから、シンプルにしたいとの思いはあったのですが、お兄ちゃん達と同じように3文字と画数を考慮して考えました。実際の季節とはちょっと外れてしまいましたが、暖かさ、優しさ、女の子らしさのイメージから、春を想像できる桜、花を入れ、元気に躍動して欲しいと舞を入れました。元気なお兄ちゃん達に負けず、女の子らしさと男の子らしさの良いところを兼ね備えて育って欲しいです。(あやちんさん)
眞音美(まおみ)ちゃん
三姉妹の末っ子に生まれた娘。三人目ということで「3」を意味する「み」を付けました。また、私たち夫婦の出会いのきっかけがオーケストラのサークルだったので、「音」と言う字はどうしても入れたかったのです。この字は3人ともに使ってます。(えりりん1492さん)
真心(まこ)ちゃん
真っ直ぐな心、あたたかい感情をもつ子に育ってくれますように、と。当て字に抵抗がありましたが、私の名前に心という字が入っていて、主人が絶対入れる!と決めていたようなので。(ゆみさん)
眞琴(まこと)ちゃん
産院が生まれるまで性別を教えない主義だったので男女どちらでも良いように「まこと」という読みは決まっていました。漢字は生まれた性別で女の子なら「琴」を付ける予定でした。まわりには男の子みたいな名前と不評ですが・・・。優しい思いやりのある女の子になって欲しいです。名前のように男の子みたいになったらどうしよう・・・。(kokkoさん)
真白子(ましろこ)ちゃん
真っ白な肌の子で真っ白な気持ちのまま育ってほしいという願いから名づけました。(まももさん)
真都香(まどか)ちゃん
二人目なんですが、上の子供との間に3回流産し、無事に産まれてきてくれた娘です。みんなのおかげというか、みんなに支えられてきたので、そんな想いを込め優しくてみんなをまぁるくまとめてくれるような子になって欲しくて!漢字は女の子らしい字を使いたくて、悩んで3文字にたどり着きました。(はっちさん)
愛音(まな)ちゃん
上の子についている「音」を姉妹でつけたくて。色んな人に愛される子供になってほしいので!(ぴょんきちさん)
真愛(まな)ちゃん
東日本大震災後に生まれ、入院中の前後にテレビで震災のニュースなどを見ながら、人間にとって一番大切なものは「真実の愛」だと思いました。どんな相手にも、真実の愛を持って接し、真実の愛でみんなを包むような女の子に育ってほしいです。(みどりむしさん)
真捺(まな)ちゃん
響きが丸く柔らかい名前にしたかった事と、2人目なので長女と共通の漢字「捺」を使ってつけました。(ぴんきぃさん)
茉奈(まな)ちゃん
上の子がまりなだったので、お姉ちゃんと似たような名前が良かったので1文字ぬいて「まな」にしました。(まりかけさん)
まひる(まひる)ちゃん
平仮名でまひる。名前は昼間のように明るく元気な子に育って欲しくてこの名前にしました。(みくmamaさん)
真帆(まほ)ちゃん
船が帆をはり風を受けて進むように、素直にまっすぐ前を向いて人生を歩んで欲しい。どうか順風満帆の人生でありますように。(パナップさん)
眞帆(まほ)ちゃん
名前を何個かあげていて、3つに絞り、主人が最後に顔をみて決めると言い、いざ出産へと向かいました!予定日よりすぎた出産となり、出てくるのもマイペースちゃん!立ち会い出産だったのですが、産まれたてをみてもなかなか決めれなく、産声も「オギャー!ベシ!!」と一声泣いては蹴るの繰り返し。半日たって新生児室で周りの赤ちゃんがないても全く泣かない娘ちゃん!!そんなマイペースで、顔を見ていたら「眞帆顔」にしか見えてこなくなり、「眞帆」になりました(笑)「眞」は誠実に、ありのままに。「帆」は船の帆のように芯が真っ直ぐぶれない。と言う意味と漢字の字画で選びました!今となってもかなりのマイペースで、お腹空いた時にしか泣きません(笑)周りからは候補の名前も言ってみるも、皆から眞帆ちゃんが良いと言ってくれて、決めたかいがあります!(グータラ26さん)
眞弥(まや)ちゃん
お兄ちゃんはパパから1文字もらったので、顔もそっくりだったし、せっかくならと思ってお兄ちゃんから1文字。清△(パパ)⇒△眞(兄)⇒眞弥と1文字ずつ鎖状になるよう工夫することで両親の名前は入らなくとも、家族のつながりを表現できました。(とんたんさん)
愛唯(まゆ)ちゃん
両親より、唯一無二の愛を捧げる。と言う意味を込めてつけました。又、将来愛する人と廻り合い、ずっと一緒に居られる様に、幸せになる様に。との意味も一緒にあります。(みゅうみゅうママさん)
真悠子(まゆこ)ちゃん
妊娠が分かってからの通院はほとんど私一人。エコーも心音も一人でさみしいな~と思っていたけど、忙しい夫が初めて一緒に病院に行ける日の朝。起きてきたかと思ったらいきなり「夢を見た!」。どうやら家族の歴史?みたいなものを見て、その中に「悠、出産」とでてきたのだそう。今までどんな名前を考えても夫婦でしっくりくる名前がなかったけど、意味も「のんびり、ゆったり、どこまでも」と私たちマイペース夫婦の子にぴったり(笑)「どんな子になって欲しい」というよりは「自分の思うように、好きに生きて欲しい」と思い、「真」と「子」もつけて真悠子にしました。(マユママさん)
真由莉(まゆり)ちゃん
パパが通勤中に読み方をふと思いつき、その後に漢字を決めました。漢字の意味は「真実の意味(本当の真実)を見極められる子になって欲しい」です。(みぃさん)
真理(まり)ちゃん
(1)誰にでも読める (2)呼びやすい (3)最近少ないのでかぶることが少ない (4)女性らしい雰囲気(よもぎさん)
茉凜(まりん)ちゃん
海のように広い心をもち、りんとした強い女になって生きていってほしいという願いからつけました。(あーたむさん)
茉凜(まりん)ちゃん
凜と言う漢字を使った名前にしたくて色々考えてて、これにもうひとつ字を足したくさがしてて茉と言うのも好きな字で、まっすぐな心の子になってくれたらとつけました。(メロンパンさん)
実愛(みあ)ちゃん
上の子の漢字から一字を使いたいという理由と、姉妹で意味のある名前にしたかったから。上の子が「芽」という漢字を使っているので、愛が芽生え→実り→、という連想から付けました。ちなみに、3人目ができた場合はもう、名前は決まってます♪(めいままさん)
みあら(みあら)ちゃん
旦那の名前が「あらし」で私が美香だから。妊娠する前から二人で決めてた。(みあさん)
海伊(みい)ちゃん
この子の名前は主人が出張先の海外で考えてくれた名前です。響きは誰からも呼びやすい二文字の「みい」に。仕事柄、家族一緒に過ごせる時間は少ないけれど、広い世界が一つの「海」で繋がっているように家族の絆も繋がっているという思いと、この子の兄にも、私達夫婦が好きな「海」にちなんだ名前を付けており、兄妹仲良くして欲しいとの願いから「海」の漢字を付けてくれました。「伊」には、人々の平和を治める人に付けられる名という意味があり、家にいない間も家族が笑顔でいれるように仲を取り持つ役目をして欲しいとの思いで「伊」の漢字を付けてくれました。(チェアラさん)
美羽(みう)ちゃん
出産の2日前にピンと閃きました。響きがとても可愛く、自分の夢に向かって美しく羽ばたいて欲しい!との願いを込めてつけました。(☆みうママ☆さん)
美羽(みう)ちゃん
卵巣嚢腫で二回オペを受け、次に卵巣嚢腫になったら卵巣がなくなるかもしれなかったので、授かった時はほんとうに嬉しくて、きっと神様が授けてくれた天使なんだ、と思い、美しい羽と名付けました。(ゆきもこさん)
美海(みう)ちゃん
ママのお腹に来てくれた時から 性別が解らないのに、パパは毎日お腹に「みう☆ただいま~」「みうちゃんパパですよ~」と、話しかけていました。それを聞いていたのか見事女の子♪♪妊娠後半になると名前を呼ぶとお腹を蹴って応えてました。☆漢字は 2人共大好きな南国の美しい青い海のように 美しく海のような広い心を持って育ってほしく 美海に決定しました♪♪(あす&としさん)
美海(みうな)ちゃん
パパもママもサーフィンが趣味なので、大好きな「海」をいれようと考えていたのと、お兄ちゃんの名前に「空」が入っているので、海と空でセットな感じでいいなと。また、ちょっと珍しい名前だけどちゃんと辞書にのっている読み方にしたかったので漢字は無難ですが「海」を海原の「うな」と読ましたらどうかなと思い考えました。ただサーフィンをやっているので海は波の力強いイメージがあるので女の子らしい字もいれた方がいいかなと…。で、心が美しい子になってほしいと「美」をつけました。今も娘を呼ぶときは、せっかく自分たちでいっぱい考えてつけた名前、略したりせず「ミウナ♪」とフルで呼ぶようにしてます☆(ナニカイさん)
美絆(みうな)ちゃん
美しい、絆を大切に育って欲しい。また、パパとママの美しい絆の証である。という意味で名つけました。そして、生まれてから2週間後まさかの大地震。その後よく耳にする【絆】の言葉。今ではこの子が家族の絆の美しさを教えてくれています。(まゆみママさん)
未緒(みお)ちゃん
私の1番大好きなじいちゃんが天国へ行って寂しい想いをしてから半年後、新たな命を私自身のお腹に宿し、人間の命という尊さに色々考えさせられました。じいちゃんが好きだった桜の文字を入れた「美桜~みお~」にしたかったのですが、花びらが散ってしまう事を関連付けられるし、当て字になってしまうので話合いの上断念しました。ですが「みお」に合った漢字をパパが調べてくれて「未緒」になりました。「緒」は最初の糸だという意味で未来へ続く糸を大切にしてほしいと願いを込めて名付けました。後から気づいたのですが、じいちゃんの名前が「きみお」なので何だか運命みたいで尚更大切な名前になりました。(まさん)
心音(みおん)ちゃん
お腹の中にいる時にずっと心ちゃん(ここちゃん)と呼んでいたくらい心という漢字をつけたくて…。人を心から愛し愛される人、素敵な音を奏でるような心地の良い人に…という願いを込めて心音。出産間際みおんという響きが気に入って心を(み)と読ませるようにつけました。(aiさん)
美歌(みか)ちゃん
東日本大震災の起きた日はちょうど六ヶ月の時でした。被災地仙台で被災し大変な思いをした妊婦生活。放射能もれや津波で絶望的だったころ心を癒してくれたのが歌でした。ラジオから流れる歌に涙し、勇気をくれたりしました。赤ちゃんの性別は分かっていたので、主人と二人で皆の心を癒してくれた「歌」を付けようと決めました。皆を癒せる美しい歌声の女の子になって欲しい、被災に負けない強い子になって欲しいと思い名付けました。(ソフィアさん)
珠久(みく)ちゃん
高度不妊治療・きょうだいの人工死産を経てやっと授かった赤ちゃんです。しかし妊娠初期に大量出血して、切迫流産で入院することになる・・・など何回もあきらめかけました。でも、何とか無事に生まれてきてくれた娘。いつまでも私たちの宝物、という意味を込めて、珠久(永久に私たちの珠のような宝物)と名付けました(りるりるさん)
美玖(みく)ちゃん
ママが占いとか運命とかを信じる性格なので、ママが赤ちゃんの時もみてもらった神社で名付けをしてもらいました。予定日より10日早く産まれた美玖ちゃん。早まったのには、理由があるのだと信じています。神主さんが言うには、この子は、どんな困難にも負けない子だそう。優しくて強い子になってくれるといいなぁ。(たろさん)
美空(みく)ちゃん
娘を妊娠中、地震や放射能で不安な日々でしたが、主人と車でドライブしているときに空を見上げると晴れ渡っている空を見て気持ちが明るくなりました。どんなときでも人の心を明るくさせることができるそんな子になってほしいという願いをこめてつけました。(スローハウスさん)
美空(みく)ちゃん
初めてお腹を蹴った時から産まれるまでの名前は「ぽこちゃん」でした。出産が近づき、名前を決めるとき私も母から「美」の漢字を分けてもらったので娘にも「美」を入れたくて、「美」が付く名前を探しました。発音がしやすく、響きが良いと言う事で「みく」になりました。しかしここからが大変!「く」という漢字でしっくりくる漢字がなかなか見つからず、辞書や携帯電話の変換で「く」を探しまくりました。やっと見つけたのが「空」。美しい空で「美空(みく)」。なんてキレイな名前が見つかったんだろうと興奮したのを覚えています。出産当日も美しい空が広がっていて、ぴったりの名前を付けられて本当に良かったです。(美空ママさん)
美空(みく)ちゃん
性別が女の子と分かってからすぐに決まりました。旦那と話し合い、美空ひばりさんのように偉大な人になってほしいというのが由来でした。そして生まれた当日は、すごく綺麗な青空が広がる天気でしたので美しい空の日に生まれたという意味も加えて、美空という名前にしました。(ひろゆいさん)
美紅(みく)ちゃん
妊娠8ヶ月のときに夫婦で京都に旅行へ。4月で桜が満開の時期でした。ある公園に、見事に花を咲かせたとても大きな1本の紅しだれ桜に出会いました。それが印象深かったので、夫婦の思い出や、またこの桜のように身も心も強く美しく育つよう願いをこめてつけました。願いが叶ったのか、標準よりやや大きめで何の問題もなくすくすくと成長しています。(レイナさん)
実子(みこ)ちゃん
自分の願いや望みが「実る」ようにと名付けました。色々な画数を調べた結果、総合で「大吉」が出たので、「実子」にしました。読みは、私が女の子なら絶対「みこ」が良い!!と思っていたので、そのまま使いました。(ネネぽんさん)
実咲(みさき)ちゃん
2055gと、38週での出産なのに小柄で産まれた娘です。花の実のように、小さくてとても可愛らしい感じの娘には「美咲」よりも「実咲」が似合うと思い、命名しました。(あっきーさん)
実咲(みさき)ちゃん
音がかわいくて「みさき」という名前に決めました。実り多く、笑顔の多い人生を咲かせて行って欲しいという思いをこめてつけました。(まるひろさん)
美咲(みさき)ちゃん
みさきちゃんは、三姉妹☆お姉ちゃんの名前で出尽くしちゃって、困りました。でも、家族みんなで、家族会議をし、決めた名前です。みんなの期待と愛情いっぱいこもってますよ。(れんたさん)
美咲(みさき)ちゃん
2歳の兄は父親から、0歳の娘は母親から1文字ずつ漢字をとりました。響きが一番ですが、笑顔の花が咲くような女の子になってほしいと思ってつけました。(めぃさん)
美咲(みさき)ちゃん
旦那が一生懸命考えてつけてくれました。私の名前から1文字「美」をとり、「咲」は笑うと言う意味があると知り、また、旦那が草木を扱う仕事なのでつけました。いつも笑顔で元気に、周りの人にも笑顔を与えれるような優しくて素直な心を持った子になって、幸せになってほしいと願ってつけました。(ぷりんさん)
美咲(みさき)ちゃん
苗字の画数が多く、重たい印象なので、漢字で縦書き横書きをそれぞれやってみてバランスのいい名前にしました。かつ、名前の響きがよく、読み方が難しくないもの、字画が悪くないもの、と、かなり多方面から検討してこの名前にしました。(しまちゃんさん)
碧咲(みさき)ちゃん
地球上のどこにいても、「碧(地球の色)に咲く」という意味で、人生を美しく咲かせるような幸せな子になって欲しいという願いをこめて「碧咲」にしました。(Mominさん)
美汐(みしお)ちゃん
両家の大祖母が美のつく名前でその一文字を貰い、海のある地域に住んでいるので美汐と名付けました。両大祖母のように、穏やかな広い海のように人に優しく誰にも好かれる心の広い子になってほしいと願を込めました。(りえっこさん)
瑞樹(みずき)ちゃん
梅雨時の雨が多い季節に産まれたので、たっぷりと雨を吸って、瑞々しくいきいきとした樹木のように育って欲しくて「瑞樹」と名付けました。 名前のおかげか、5ヶ月になる現在まで病気ひとつせず、イキイキとたくましく育っています。5ヶ月ともなると、ヨダレも大量で、瑞々しいこと瑞々しいこと…(笑) (まんださん)
理(みち)ちゃん
妊娠5ヶ月の時に、東京に向かう新幹線の中で3月11日の地震に遭遇しました。何が起こっているのかも、また新幹線がいつ再び動き出すのかもわからない状況の中で、今までに感じたことのない恐怖を感じました。結局6時間遅れで東京に着き、日本が未曾有の震災に見舞われていることを知りました。今回はたまたま新幹線の中で足止めを食らっただけでしたが、いつかまた自分が、そして娘が大自然の猛威に直面する時が来るかもしれません。天を恨みたくなるような非条理な現実に直面しても、諦めずに自分の道を歩んでほしいと強く思い、「理(みち)」と名付けました。(はなさん)
光希(みつき)ちゃん
色々なことがあった年ですが、この子が大人になるときは光る希望に満ち溢れた将来だったらいいなという思いと、いつも希望を忘れずに生きてほしいという願いを込めてつけました。(ムンチャイさん)
光輝(みつき)ちゃん
私たち自身、周りの家族や友人、たくさんの素晴らしい仲間に幸せなことに恵まれたので、子供にも色々な経験をして、素晴らしい仲間を見つけて、他人から見てどうこうではなく、本人自身が光輝くような人生を送ってほしいと思い、考えました。また、男の子のような響きの名前が良かったからというのもあり、画数なども良かったのが決めてです。(ヒロさん)
心月(みづき)ちゃん
月みたいに優しく輝けるように。そんな心を持てる人になりますように。(心月さん)
美月(みづき)ちゃん
穏やかに輝くお月様のように、心美しく、健やかに育って欲しいという願いをこめました。(るん♪さん)
みなみ(みなみ)ちゃん
私が平仮名なので産まれてきてくれる女の子は、みんな平仮名です。2番目のお姉ちゃんも平仮名。画数と響きで決定!AKBと被ってるのは、本当にたまたまです。マネジメントできる賢い子になってくれたら最高だな。(ゆきなさん)
みなみ(みなみ)ちゃん
海が好きだから付けました。(トリプルMさん)
美波(みなみ)ちゃん
両親共、サーフィンをするので、妊娠発覚後、女の子なら美波と決めていました。美しい波の様に、おだやかに、大きな海の様に、すくすくと育ってほしいと名付けしました。(なおさん)
みのり(みのり)ちゃん
お父さん、お母さんのお互いから一文字ずつ取りました。型に嵌まらず、自由に大きく実ってほしく、名前は漢字にしませんでした!(つっぺさん)
美乃莉(みのり)ちゃん
家族のイニシャルをMMにしました。親戚にも、女の子には「美」が必ず入っています。秋生まれなので、何事も実るように、音から入り、画数占い、好きな漢字を使って「美乃莉」に決定しました!!(megさん)
美華(みはな)ちゃん
ママから美を一字とり、美しい華のように、素敵なレディになるようにと名付けました。(ピンクスターさん)
美春(みはる)ちゃん
5月に出産を控えていた私は、3月から会社からお休みをいただいていました。普段は全く運動しない私も、安産がかかっていると思うとウォーキングせざるを得ない心境でした。面倒くさいと思いながらも、歩いてみれば外は春真っ盛り!緑も段々青々として、風も爽やか、木蓮の香りにも癒されたり、桜も例年行く行楽地の数百本より、歩きながら見つけた一本の方がずいぶんと美しく感じました。今までこんなにも春を体いっぱいに感じことなんてあったっけ?と…。そしてお腹には小さな命が宿っている。私は何倍も幸せな春を感じていたと思います。名前をつけるなら絶対に意味やエピソードのあるもの!とこだわっていたり、性別を聞いていなかったのもあって、出産直前までなかなかこれといった名前が浮かびませんでしたが、「あなたが生まれてきた春は一番美しい春だったよ」という思いを込めて、「美春」にしよう!!と私の中で100点満点の名前が決まりました。不思議と、それからは女の子が生まれてくる気がしてならず、男の子バージョンの名前を考える気がなくなってしまいました(笑)。結果、大当たり!女の子で良かったです☆(ナグさん)
美陽(みはる)ちゃん
4月が予定日だったので「春」「かわいい」のイメージで考え始めました。「美」は私の名前の一字で、「はる」のほうは「晴」「春」で迷いましたが、NHKの朝ドラがいいイメージだったので「陽」が第一候補でした。陣痛が来た時は雨でしたが、生まれた時間はすっかり晴れていたので、しっくりくる名前でもあったので、「陽」で決定しました。(えみゅーさん)
美帆乃(みほの)ちゃん
夏生まれであり、港町に生まれた女の子なので「帆」でイメージしました。音は草血統でありながら鍛えて鍛えて強くなった競走馬「ミホノブルボン」から取りました。そういう強い子に育ってほしいです。(あっきー2さん)
美海(みみ)ちゃん
海のような美しく大きな心を持ってほしいと美海とつけました☆(なぁmama☆さん)
雅(みやび)ちゃん
パパのお父さんの名前から一文字とりました。字画がよかったため。[雅→みやび](みーママさん)
愛結(みゆ)ちゃん
(1)パパとママを結んでくれた子(2)誰からも愛され、人の気持ちがわかる心をもって最後には一人の人と幸せな愛を結んでほしいという2つの意味がある名前です(うーたんさん)
心結(みゆ)ちゃん
東北大震災のあった岩手で産まれました。震災後、人と人との絆、心と心の結びつきがどんなに大切か私自身が身に持って感じていました。そんな中産まれてきてくれたこの子、産まれてきたこの子の顔を見た瞬間、この子が人と人の心を結びつけてくれる様なそんな子に育って欲しい、色々な人と心と心を結んで欲しいと思い願いを込めて心結と名付けました。(ぽちゃさん)
心優(みゆ)ちゃん
私が中学生のころから考えていた名前。辞書で漢字を調べていて心の漢字が[み]と読めるんやなと知り、優と合わせたら【みゆちゃん…?いつか私に女の子を授かることが出来たら絶対につけたい!】とゆう思い入れで付けました。家族からは、当て字…画数が…など言われましたが別の名前にして後悔するよりか、自分の考えた名前を名付けれてよかったと思っています。人の心の痛みの分かるように..心の優しい子になりますように..☆ミ(★美豚mama★さん)
美結(みゆ)ちゃん
美結の美は心が美しく(出来たら見た目も美しく)、結は結果が実るよう努力を惜しまずに物事に取り組めるよう(途中で投げ出さない)、また、人と人を結ぶ(人との絆を大切に)という意味を込めています。(しんちゃんさん)
美結(みゆ)ちゃん
初めての子というだけあって候補を色々だしていましたが…無事元気な泣き声を聞いた時から私の頭には【旦那と私の名前から一文字ずつとった名前】しか浮かばなくなり、でも旦那が嫌だったらいけないと思い黙っていました。すると旦那から同じ事を言われて二人で考え方一緒だと笑って即決定。私から「み」旦那から「ゆ」漢字は美しく結ばれるようにとしました。必死にネットや雑誌で調べたけど、こんなありふれた名前で愛が込もっている名前は世界にひとつしかないと思って、かなり気に入っています。お義母さんからも、読み間違いされにくくていい名前♪と好評です。両家の家族、親戚、友達に可愛がられ、たえずニコニコ笑顔をふりまいてくれる、そんな可愛いみゆがだいすきです。(ゆぅあさん)
美夢(みゆ)ちゃん
始めは私の名前と旦那の名前を合わせて美幸でみゆと名付けたかったのですが、旦那が読みにくい、親の名前が付くと親を越えられないなど不満の嵐。でも、どうしても みゆ とつけたくて、姓名判断でもそこそこの美夢に決定。でも 美夢にこの事は内緒です。美夢が生まれた年は震災や台風の災害があった年。また私達夫婦は一度流産してるので、たくさんの人達が夢を失いかけている。たくさんの人達に美夢が夢をあげる。また、美夢自身にも美しい夢を持ってほしいとの願いを込めて付けました。(とーこさん)
美優(みゆ)ちゃん
優しく可愛らしい子になってほしいという思いを込めて主人とつけました。また主人と私の一番好きな花は「桜」花言葉に「優れた美しさ」ともあります。「美優」だね!と話しました。そして「美」はおばぁちゃんの名前の一文字でもあり「優」は私の名前にも含まれています。みんなからの愛情が「美優」という名前には含まれています。(ゆーこさん)
心結(みゆう)ちゃん
いろんな候補がある中パパがつけてくれた名前。回りの人との心の結び付きを大事にする子に育って欲しいという願いを込めて心結と名付けました。(姫さん)
心結(みゆう)ちゃん
私の祖母が亡くなって1年後に娘が授かり、旦那の希望でもあった女の子だったので名前を決める時はあまり悩まず決めることができました。(りききさん)
心結(みゆう)ちゃん
ママとパパが心結に愛をいっぱい届けます。心結はそのたくさんの愛を持って、たくさんの人に天使の笑顔で愛を届けて下さい。そんな、人の心を結ぶ事の出来る優しい子になると願って。(みゆぅママさん)
心優花(みゆか)ちゃん
心から優しく花のような笑顔の女の子になって欲しい!。(みいさん)
美玲(みれい)ちゃん
「こんな願いが…」って素敵なエピソードがあるわけではないんですが(汗)うちの主人は理数系&何でもすぐに調べる人でデータが大好き!。子供の名前を決める時も、インターネットで最近の名前ランキングを調査。ありふれた名前にならないように。分厚い名付け本2冊をすべて熟読。響きがいい名前を紙に書き出して、漢字を考える。そして名字との画数のチェック。そしてそして、いくつか出した候補の名前をよく当たる占師に見てもらいやっと決定!!!こんなに調べたんだもん!きっと幸せになってくれるハズ(笑)。(さとこさん)
珠和(みわ)ちゃん
かわいい女の子になるように。(ひろひろさん)
芽生(めい)ちゃん
妊娠中女の子と判明したとき最初に浮かんだ名前が「めい」でした。5月生まれということもあり、去年5月に父が他界し父の生まれ変わりかな(性別は違うけど)と思い、新しい芽が元気に育ちますようにという意味を込めて「芽生」とつけました。元気に育ってね☆めいちゃん。(めいめいママさん)
芽生(めい)ちゃん
妊娠7か月で不育症と診断されました。赤ちゃんの体調が悪くなればすぐに帝王切開で出産するが、元気に生まれてこられるかはわからないと言われ、夫婦でとことん落ち込みました。だけど元来ポジティブシンキングな私たち。きっと出産予定日の5月までお腹にいてくれる、そして元気に生まれてきてくれる。そんな思いを込めて5月=MAY(メイ)ちゃんと呼んでお腹に向かって話しかけていました。何度か入院をしたりと危ない局面はありましたが、結果的に39週で元気に誕生。頑張ってくれたわが子への感謝を込めて、読み方は「メイ」とそのままにして、大地に根をはる草木のようにすくすくと空に向かって育ってほしいという思いを込めて「芽生」という漢字にしました。這えば立て立てば歩けの親心、なんていいますが、元気に生まれてとびっきりの笑顔を見せてくれる娘にこれ以上幸せを望んじゃいけないな、なんて思いながら毎日彼女の名前を呼んでいます。芽生ちゃん、これからも元気に育ってね!(だすきちさん)
芽咲(めいさ)ちゃん
予定日より5日遅れて出産になった我が子。予定日に出てきてたら、まだ桜は蕾だった。生まれてくる5日で、桜は満開になってたね。芽が出て、つぼみが咲くころに。桜といっしょに出てきてくれた。そして、芽咲。(rinrinuiuiさん)
明沙(めいさ)ちゃん
まだお腹にいる時、名前の相談を旦那さんとしていて、お互いに気に入った名前がめいさだったので。めいちゃんと呼びたかった!。(ふろしきさん)
明紗(めいさ)ちゃん
明るく元気に育ってほしいという思いをこめて名付けました。(よぞらさん)
恵海(めぐみ)ちゃん
妊娠発覚直前に子供が産まれる夢を見て、夢の中で「恵(めぐみ)」と名付けられていて、そのまま妊娠中もそう呼び続け、女の子だったのでパパの希望で「海」を付けたい、という事で決まりました!。(mari-shinさん)
愛留(めぐる)ちゃん
我が家に赤ちゃんが生まれる。その知らせを聞いた母や父、そして多くの親戚や友人が心配や激励をしてくれました。その時、改めて多くの人に支えられ愛を頂いているんだと実感!同時に感謝の気持ちでいっぱいになりました。生まれてくる娘には、この先めぐってきた【愛】を何時までも心に【留】めておけるような子に育って欲しいという願いを込めて愛留(めぐる)と名付けました。(めぐるるさん)
愛琉(める)ちゃん
「琉」という文字を使いたくて探していたら「愛琉」という名前があって普通なら「あいる」と読むんですが2文字が良かったので「める」という読みにしました。(mamaさん)
萌愛(もあ)ちゃん
初めての女の子だったので、愛らしい名前をつけたかった。顔を見て萌え~と来ました。そして、合わせると、萌愛。ピッタリな名前でした。(makoさん)
百華(もか)ちゃん
・・・百華・・・「華」はいつかは枯れてしまう。でも「百」歳まで長生きできるように百という字を付け百華です。あえて「ももか」ではなく「もか」にしました。(ちぃさん)
萌音(もね)ちゃん
優しく明るい子に育つように。平成生まれなので、「萌」の字が使いたくて萌音にしました。(さちさん)
萌冬(もも)ちゃん
冬生まれでかわいい(萌え~な)女の子になってほしいと思ったから。(ながぢさん)
百愛(ももあ)ちゃん
たくさんの愛を持って、人と接することのできる子、そしてたくさんの人に愛を注いでもらえるような子になってほしいと思ってつけました。いっぱいの愛に囲まれた人生を送ってほしいと思っています。(あゆももさん)
百花(ももか)ちゃん
パパと候補を挙げて話し合いをしていた時に、話を聞いていた2歳の息子が【ももちゃんがいいな~】と毎日の様に言っていたのが決定打。 候補に挙がったのは、子供が笑えばたくさんの花が咲くという所から。(はるママさん)
百花(ももか)ちゃん
まず吉画を念入りに調べ、一番良い画数で考えていました。母もその吉画の中で考えてくれて、最初にピンと思いついた名前が最終的に娘の名前になりました。人生において小さい花、大きい花、たくさんの色とりどりな綺麗な花を咲かせられますようにという願いを込めて「百花繚乱」から百花をとりました。(てらまりさん)
百叶(ももか)ちゃん
女の子なので呼び方も可愛い名前が良いと思いながら考えました。そんな中巡り合ったのが「ももか」という名前。呼び方は「ももちゃん」と可愛らしい響きに祖父母含めてこの名前で決定。漢字は親からの思いを込めた字としたく「百叶」と決めました。「百」の字には百という限られた数字だけでは無く「全て」という大きな意味を持っています。「叶」は文字通り叶えるという文字であり2つをたしてこの子の全ての願いが叶って欲しい、全ての願いを叶えられる様に頑張って育って欲しいという事でこの名前にしました。また、パパ、ママの名前にも「も」と「か」が使われており親の名前も入った特別な名前です。今では呼び方も「ももちゃん」や「もーちゃん」「ももんが」といっぱい増えましたが親からの思いの詰まったこの名前を呼ばれるとだんだんと微笑むようにもなり本人もお気に入りだと思ってます。(だいやさん)
桃子(ももこ)ちゃん
出産前に字画のいい名前をいくつか候補にあげていましたが、生まれたてのほっぺが真っ赤な娘を見て、一目で桃子に決定しました。生まれた季節にもぴったりの名前でした。(なっちさん)
桃子(ももこ)ちゃん
「桃子」は私が名付けました。表向きは「桃のようにみずみずしく可愛らしい女の子に育ってほしい。ももちゃんと呼びたい」というのが名付けの理由です。しかし、実は夫には内緒の私の名付けエピソードがあります。私が小学生のときウサギを飼っていました。かわいい女の子でとても私と仲良しだったのですが、早くに死んでしまいました。悲しむ私に母が「この子はあんたの娘として生まれ変わってくるからまた会えるよ。大丈夫」と真顔でポツリと言いました。それから20年以上、ずっとこのことは忘れていたのですがある日突然ハッと思い出し、その数日後に妊娠が発覚しました。そのとき「もしかしたら本当に生まれ変わって来てくれたのかもしれない」と思いました。ウサギは「もこ」という名前だったので、似てるかわいらしい名前をと考えて「ももこ」としました。わかってるよ、と伝わるように。小さい子は生まれる前の記憶があるとよく聞くので、桃子が話せるようになったら「帰ってきてくれたの?」とコッソリきいてみたいと思います。ちなみに母は「そんなこと言ったっけ?」と言ってました(笑)。(まいこさん)
桃那(ももな)ちゃん
「桃」は響きが可愛いから決定していて、主人は「菜」がいいと言って「那」は嫌がっていたけど、陣痛から立ち会って私が頑張る姿を見て私の名前の一文字から「那」でいいよ、と言ってくれました。(香那姫さん)

 

2011年赤ちゃんの名前ランキング

2015/07/24

ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。