2011年:ま行(男子)

0
舞登(まいと)くん
性別がわかったのが八ヶ月に入ってから。名付けの本を購入し勉強しながら夫婦で産まれてくる我が子を思いながら毎日考えました。夫婦揃って、海外に行っても呼びやすい名前にしたくて、英語でマイトは力強いと言う意味があり、力強く、漢字から、ただ上に登りつめていくだけではなく、楽しく舞登って欲しいと言う気持ちを込めて舞登と名付けました。(あリささん)
誠(まこと)くん
誠実な人間になるように、誰にでも読み間違えられない名前にしたいと思い「誠」と名付けました。(さっぴょんさん)
諒(まこと)くん
誠(まこと)って響きが好き、でも新撰組は嫌…ウンウン悩んだパパが何とか違う漢字をと探していたら、ばあばの文字が入ってる漢字を発見!名付けには大体親戚から一文字貰って…とじいじに聞いていたのもあり即決定でした♪普通に読めば(りょう)だけど、わざわざ(まこと)で読むってヒネクリもパパらしくて良いです(笑)(まりきちさん)
雅生(まさき)くん
名付けるにあたり、妊娠7ヶ月頃から姓名判断の本とにらめっこ。なかなか決まらないなかで、主人も私も「雅」という漢字が気に入っていました。調べてみると「雅」には、広く・大きくという意味があり「生」には、生きる・成長するという意味が。広く、大きい心をもった人に成長してもらいたいという願いを込めて名付けました。(エンジェルバブルさん)
将隆(まさたか)くん
おじいちゃん、パパ、お兄ちゃんも名前に「隆」が入っている。弟くんも「隆」に軍を率いるなどの意味がある「将」を合わせて将隆に。強い責任感でみんなを引っ張っていくリーダー的存在になって欲しいという願いを名前にこめました。(まぁくんママさん)
雅叶(まさと)くん
妊娠がわかった時からパパが「まさと」か「かいと」って決めてたみたいで、後は漢字だけ決めるみたいな雰囲気でした。まさとはK-1選手のまさと選手の漢字がいいって言われたんですが、姓と画数があっていなかったんで、画数で揃え雅叶にしました。叶うという字に想いをこめ夢を叶えられる男になってほしいです。(Minamamaさん)
将翔(まさと)くん
一人目の長男の名前は、私自身が昔から付けたかった名前をつけたので、二人目も男の子という事で、旦那さんに命名権を譲りました。しかし、なかなか納得できる名前がなく出産を迎えてしまいました。産後は名前を決めなくてはいけないという焦りもあり、「そんなにオレの案を却下するなら、ママが決めたらいいだろ!」と、旦那さんとは大喧嘩。そんな中、二歳の長男に名前の本を見せて「どの名前がいい?」と聞くと、たまたま「しょう」と読む字のページが開いており、「コレと、コレ!」と指さしたのが「将」と「翔」。大きく羽ばたいて欲しいという意味で、最初に候補にあがっていた「大翔」が名付けランキング上位にあり諦めていたのですが、調べると「将」と言う字にも大きいという意味があり、同じ意味になることを知り、この名前に決まりました!二人が納得する名前を選んでくれた長男に感謝です。(ポテママさん)
誠士(まさと)くん
旦那さんが新撰組が好きで「誠」という字を入れました。また、上の子の名前にも「士」をつかい、古きよき時代の心、武士道を忘れず、立派な日本男児になってほしいという願いを込めています。(みずきさん)
理登(まさと)くん
旦那さんが息子の顔をみて、まさとだ!っと思ったということでそのまま名前をつけました。(笑)そのあと、漢字を考えたのですが、私が里帰りして出産したこともありどこかに里という字をいれたかったので、理(まさ)に。登(と)の方は階段を登るようにとんとんと成長して大きくなってほしいという願いを込めてつけました。(もぺさん)
正晴(まさはる)くん
私の家系は皆、大の歴史好きです。だから、現在進行形で大掛かりなプロジェクトを進めている最中なんです。ずばり、そのプロジェクトとは、「名前の一字を受け継いでいくこと」。平氏の“盛”や、徳川の“家”のように、一族の証をその名に刻んで継承していくことなんです。私の祖父は正(まさし)、父は正勝(まさかつ)、私は正博(まさひろ)。そして、今年産まれてきた息子は正晴(まさはる)です。現在、4代目まで継続中。さすがに私は見届けられませんが、息子の無垢な寝顔を見ながら,「何百年先までずっと続いていたら嬉しいなぁ」なんて。(MMmさん)
雅理(まさみち)くん
雅(みやび)は必ず、使うことを前提に、雅望(まさみ)、雅康(まさやす)雅理(まさみち)の画数から候補を3つに選び、お腹に向かって名前を呼んでみました。反応するわけはないと妻と笑いながら、まさみ、まさやす、まさみちと呼んでみました。すると「まさみち」と呼んだところで妻が「お腹を蹴ったと・・・」まさか・・・と思い、僕もお腹に手を当てて「まさみち」と呼んでみると、明らかに蹴っています。 他の名前には反応なし。 本人が選んだ名前ならってことで「まさみち」と名づけました。(ミッチーさん)
昌宗(まさむね)くん
パパから「昌」の字を、そして東北の英雄・伊達政宗公から「宗」の字を取って「昌宗」にしました。昌宗が生まれる少し前にあの東日本大震災が起こりました。東北生まれの私は結婚するまで東北で暮らしていました。切迫早産で横になりながらテレビを見ていると、美しかった思い出の場所が無惨な姿に変わり果てていました。とても悲しく不安な日々が続いたけれど、こんな時に生まれてくる命にはきっと意味があると思うようになりました。無事に男の子が生まれ、東北の復興を願い、前述したように「昌宗」とつけました。震災からもうすぐ8ヶ月ですが、今でも大変な状況の中懸命に生きていらっしゃる方が大勢います。昌宗にも困難に負けず、力強く生きていってほしい。そしてこんな時に生まれたからこそ、誰かために力を尽くすことのできる人になってほしいと願っています。(あるままさん)
真翔(まなと)くん
男の子なので反抗期や将来の事が色々心配な事もあるので、素直な気持ちで真っ直ぐな道を進んでほしいと思い「真翔」と名付けました。(めいまなママさん)
誠翔(まなと)くん
読みは二人ですぐに一致しました。漢字は、当て字なのですが、、、旦那の名前が【誠】というので、父を越える大きな人間になってほしいという意味でつけました。(誠翔mamaさん)
眞翔(まなと)くん
呼び名の響きを色々考え、主人と意見が合ったのが「まなと」画数や漢字の意味を調べ、「学翔」だと堅苦しい感じだし、「愛翔」だとホストみたいで名前負けしそうだし…自然に伸び伸び育って欲しい願いを込めて「眞翔」と名付けました。妊娠してすぐに主人と考え始め、決まったのは妊娠6ヶ月頃。決まってまもなく切迫で入院。退院前夜に破水→早産!今思えば、早めに考えておいてよかったなと。(まなママさん)
真弘(まひろ)くん
ハワイで挙式&フラを習っていたので長男にはハワイにちなんでマナからとり名前(真奈斗、まなと)を付けました。次男も色々悩みましたが・・・やはりハワイにちなんだ名前にしました。ハワイ語でマヒナとは月。ヒロとは地名でもありますが新月、リスタートという意味もあるということで震災1ヶ月後のまだ重い空気から前向きに新しいスタートを切る気持ちもあり二つを合わせて「まひろ」にしました。まひろという中世的な響きも気に入ってます。(pinktiareさん)
優大(まひろ)くん
去年の7月に女の子を出産したのですが、息子のように可愛がっていた大型犬のまろんを次の月に交通事故で亡くしました。私達夫婦は再婚同士で私には女の子、パパにも女の子が二人います。パパは女の子3人目だったので「男の子は出来にくいんだ」と言っていました。まろんが亡くなり家族みんな元気が無くなり何も手に付かなかった頃、妊娠が解りました。何の問題も無く生まれて来た子は3800グラム超の男の子でした。大きいくせに泣き虫な所がまろんソックリなのでまろんの「ま」とパパから「ひろ」を貰い「まひろ」になりました。震災のあった3月11日はまろんの5歳の誕生日でした。その4ヶ月後の同じ11日に生まれて来た偶然にみんなビックリです。将来ワンコから名前を貰ったんだよと言えないかもしれませんが、ここで残しておきたいと思いました。(まひるさん)
瑞己(みずき)くん
瑞は吉兆、己は自分、という意味があるので、自分や周りに居る人に幸せが訪れますように…と、自分と居る事で幸せを感じられる存在になってほしいという願いを込めて付けました。(RYU-TOさん)
瑞穂(みずほ)くん
事前に性別を聞かず、産まれてからのお楽しみにしたい!と言う主人の強い要望により、男の子でも女の子でも大丈夫な名前を考えておりました。里帰り中の実家の周辺は稲刈り間近の稲がたわわに実り、これだ!!と思い名づけました。(めばるさん)
光稀(みつき)くん
1,世にありふれた光でなく、たぐい稀なる光のような存在に。2,パパの兄弟の名前がみんな「〇キ」なので、同じに。3,パパママと同じイニシャルに。4,パパの名前の「貴」とベビの「稀」が似た意味合いがあるから。(まっこさん)
南杜(みなと)くん
読みは健診で男の子だとわかってから、主人が考えてくれて、「みなと」に決めました。実は主人の好きな漫画ナルトのお父さんの名前です。ナルトのお父さんは、みんなに愛され慕われる、強くて優しい男というイメージがあり、息子にもそんな男になって欲しいと思ったそうです。 また、漢字は姓の漢字のイメージと合うようにしたかったので、画数を調べて「南」と「杜」という字を選びました。木がすくすくと成長していき、やがては杜(もり)に育っていくイメージでつけました。家族や友達を大切にし、感謝の気持ちを忘れず、みんなに愛され慕われるような、本当の意味で強くて優しい人に育ってくれる事を願っています。 (ちひろさん)
湊斗(みなと)くん
子供にはミナミとつけたかったので、妊娠した時女と決めつけミーチャンと呼んでた私。でも性別は男の子!急遽ミから始まる名前を考えて、いちばんに出たのがミナト☆湊の字の、人や物が集まるという意味にも惹かれ即決♪旦那は某漫画のミナトが好きなので大賛成でした(笑)(ぴんさん)
麦一(むぎいち)くん
生まれる時まで何も異常なく育っていたのですが、生まれて数時間後に高熱と嘔吐が始まりました。まだ名前も決まっていないうちに救急車で大学病院に運ばれNICUで入院になりました。早く名前をつけて頑張って生きてもらわなければ・・と思い、色々な候補の中から「麦一」に決定。麦は踏まれて踏まれて強くなるので、病気に踏まれても強く育つように・・・と願いを込めました。結局40日入院しましたが、後遺症も無くとっても元気に育っています。これからも色んな事に負けずに強く育ってもらいたいです。(taremojyaさん)
武弦(むげん)くん
無限大に生きて欲しい。無限の可能性に満ちた子であって欲しい。武弦の武は、武士の生き様に惚れている父親が、武弦の弦は、音楽を愛する母親が、それぞれ決めました。(よめさん)
六三四(むさし)くん
うちの三男は、予定の帝王切開での出産でした。生まれてから羊水が上手く排出できず、肺に小さな穴も空いていて新生児一過性多呼吸になり呼吸器を付けたり、点滴をしたりとNICUに入りました。抱っこをすることもできず、上のお兄ちゃん達に比べて2527gと小さめでした。呼吸も荒いので胸がヘコヘコして「頑張って。ごめんね!」としか言えず会いに行くたびに涙をこらえていました。なので、力強い名前にしたいと考えていると姉の旦那が六三四と考えてくれました。スカイツリーの高さ634mは武蔵の国と言うこともあり、大きく強く育って欲しいという思いにピッタリ!でした。みんなに覚えてもらいやすいようあえて漢字の六三四にしました。風摩と小次郎と六三四の三兄弟いろんな人から名前を覚えてもらったり、カッコイイと言われます。(☆YKF☆さん)
百喜(ももはる)くん
生まれるまでなかなか決められなかったのですが、主人が命名しました!!生まれてみたら、息子の誕生があまりにも嬉しかったので、息子にもたくさんの喜びを掴んで欲しい、という思いを込めました。主人曰く、自分の喜びは一つ目が結婚。二つ目が犬を飼った事。三つ目が出産…らしいです。これから、家族でもっともっと幸せになっていきたいと思います!!(米米さん)
百春(ももはる)くん
雪が降るとても寒い日に産まれました。暖かい春を百回迎える事が出来ますように…と、幸せに長生きしてほしい気持ちで付けました。(ももパルさん)

 

2011年赤ちゃんの名前ランキング

2015/07/24

ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。