生理痛と月経前緊張症(PMS)を改善しよう(2/4)

13

子宮内膜症とは

子宮内膜は、子宮の内面を覆っている組織です。正常な状態であれば子宮の内面にあって、毎月の生理で体外に排出されます。しかし何らかの原因で、この内膜が子宮の筋肉や腹膜、卵巣にくっついてしまうことがあります。お腹の中にちらばった内膜は生理中に分泌される女性ホルモンに反応し、生理のような出血を起こします。この出血が、生理痛の原因となります。また出口がないため血液はお腹の中にたまり、血液の塊を作ってしまいます。子宮内膜が卵巣にくっつき、卵巣内で出血をくり返してしまう「卵巣チョコレートのう腫」という病気もあります。

 

 

 

子宮内膜症は、超音波検査で診断できます。命にかかわる病気ではないため我慢している人も多いのですが、進行すれば生理痛はよりひどくなり、場合によっては閉経まで付き合っていかなければならないこともあります。治療方法はいろいろあるので、上手にコントロールしていきましょう。

より詳細な内容は、天神先生監修妊娠に影響しやすい主な子宮の病気をご覧ください。

 

(情報提供:ガリバープロダクツ)

 

2015/07/14


この記事にいいね!しよう

いいね!
13

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。