助けてください!ドタバタ産院探し(1)【ママならぬ日々5】

2019/10/19 10:30
21
イラストレーター和田フミ江さんの「ママならぬ日々」第5話。妊娠が判明した和田さん。急いで産院へ行ったものの、2軒も受診を断られてしまったそうです。
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:
体験談
マンガ
和田フミ江

ベビーカレンダーをご覧の皆さま、こんにちは。ママならぬ日々をおくる和田フミ江です。

 

 

皆さんは「風が吹きすさぶ荒野に一人立っている気持ち」になったことはあるでしょうか?

 

重大な問題を抱え、一刻も早く解決しないといけないのに、どこへ行けばいいのかわからない。
 

体も思うように動かない。


「助けてください!」と空に向かって叫ぶけれど(懐かしすぎる?)助けは来ない……そんな気持ちになったことはあるでしょうか…?

 

私は妊娠初期、まさにそういう気持ちでした。

育児日記(4コママンガ)

一軒目のクリニックはネットだと産婦人科と書いてあったのに、実際に伺ったら婦人科のみで、それは仕方ないと思ったのですが、二軒目の産婦人科の受付の方は、今思い出してもかなりの塩対応。
 

超・事務的だったのかもしれませんが、冷たい言動に心がボキボキ折れました。

 

ああ、五里霧中…。

 

私の産院探しの旅はもう少し続きます。

 

 

✿❀ベビカレ秋のマンガ祭り❀✿

大好評のマンガ記事を増量してお届けする期間限定“マンガ祭り”開催中! 人気レギュラー連載10作品に加え、新たにゲスト連載8作品が登場♪ 育児や家事、仕事などの合間の息抜きタイムにどうぞ♡

 

著者

イラストレーター 和田フミ江


姉妹の母。趣味はゲームと旅行と美味しいものを食べること。

著書に「お母さんまであとすこし!」(ベネッセコーポレーション)、「おうちクエスト」(竹書房)など。

 



この記事にいいね!しよう

いいね!
21

現在ログインしていません。

コラムの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。