助けてください!ドタバタ産院探し(2)【ママならぬ日々6】

2019/10/26 10:30
30
イラストレーター和田フミ江さんの「ママならぬ日々」第6話。3週間後に産院の予約を入れたものの、不安でたまらず、別の産院にあたってみたところ、あっさり当日の受診を受け付けてもらえたそうです。
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:
体験談
マンガ
和田フミ江

ベビーカレンダーをご覧の皆さま、こんにちは。ママならぬ日々をおくる和田フミ江です。

 

妊娠に気づかず妊婦禁忌の薬を飲んでしまった私。


一刻も早く産婦人科を受診する必要があるのに、すぐに見つからず、右往左往しておりました。

育児日記(4コママンガ)

こんな感じで、ようやく産婦人科で診てもらえることになりました!

 

いやー、もう、ホントにありがたかった!!

 

産院探しって、ホテルライクな産院がいいとか、あったかい感じの助産院がいいとか、女医さんがいいとか、無痛分娩がいいとか、それぞれ自分の理想のバースプランを叶えてくれる場所をじっくり探すのが理想的だと思うんですが、自分の場合真逆というか……選ぶ余裕などまったくなくドタバタでした。

 

次回、やっと産婦人科の先生の診察を受けることに……!

 

✿❀ベビカレ秋のマンガ祭り❀✿

大好評のマンガ記事を増量してお届けする期間限定“マンガ祭り”開催中! 人気レギュラー連載10作品に加え、新たにゲスト連載8作品が登場♪ 育児や家事、仕事などの合間の息抜きタイムにどうぞ♡

 

著者

イラストレーター 和田フミ江


姉妹の母。趣味はゲームと旅行と美味しいものを食べること。

著書に「お母さんまであとすこし!」(ベネッセコーポレーション)、「おうちクエスト」(竹書房)など。

 



この記事にいいね!しよう

いいね!
30

現在ログインしていません。

コラムの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。