ごめんね… パニック障害が悪化し、生後1カ月で母乳を断念【体験談】

2021/03/04 07:25
7
自身の持病が原因で、生まれてきた赤ちゃんに母乳をあげられなかったママ。子どもに対して罪悪感がぬぐいきれなかったという体験談です。

泣きながら謝るママ

 

私は第2子を出産した際、持病で服薬していたため、子どもに母乳をあげられませんでした。病院の方針など身近なところで完全母乳を推奨する声を耳にするたび、母乳を飲めない子どもがふびんで仕方ありませんでした。

 

続きを読む

1人目の子育て中にパニック障害を発症

私は1人目の子どもが2歳のときに、仕事などのストレスからパニック障害を発症しました。服薬治療をおこなっていたのですが、2人目を考えたときに薬を中止することができず、減薬という方法で妊娠に臨みました。

 

そして、パニック障害の治療を続けながら不妊治療も並行しておこない、第2子を妊娠することができました。

 

薬の効果が切れる時間を狙って母乳をあげる

産後の母乳については、心療内科の先生と産婦人科の先生の双方に相談をしました。赤ちゃんへの薬の影響を考え、薬の効果が切れる時間帯にだけ母乳をあげるという方針に決めました。

 

その薬の効果が切れる時間帯は、1日のうちでたった一度のみ。あとの時間はすべて育児用ミルクを与え、母乳は搾って捨てていました。1日に一度きりでしたが、母乳を飲んでいる赤ちゃんの姿が愛おしく、母乳をあげている時間は至福の時でした。


体調が悪化して母乳は完全中止に…

産婦人科を退院後、パニック障害の症状が悪化してしまい、薬の量と回数を増やすことになりました。その結果、母乳をあげられる時間帯はなくなり、赤ちゃんが生後1カ月のうちに母乳をやめることになったのです。

 

当時は母乳をあげられない自分が悔しく、また赤ちゃんに申し訳ない気持ちから、毎日のように泣いていました。母乳をあげられない自分を“ダメな母親”だと責め、産後うつにまで陥りました。一方で、育児用ミルクでの子育ては何の問題もなく、むしろ飲んだ量がわかったり、腹持ちがよかったりといったメリットも多かったです。

 

育児用ミルクで育てたことに後悔はありませんが、第2子が小学生になった今でも、もっと母乳をあげたかったなぁと、ふと思うことがあります。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

イラスト/マメ美

監修/助産師REIKO

著者

ライター 木村なち


三児の母。現在4人目を妊娠中。パニック障害を抱えながらの妊娠・出産・育児の経験に基づき、体験談を中心に執筆している。



この記事にいいね!しよう

いいね!
7

現在ログインしていません。

  • 私もパニック障害で産後2週間から抗うつ薬を再開するように精神科の先生に言われていましたが、産後2日で発作が出てしまったのですぐに完ミになりました。
    ただ自分もミルクで育ったので特に抵抗も無く、おっぱいを止める薬をすぐ飲んだので胸の痛みに苦しむこともほんの少しで済み、母乳に悩む事なく育児に取り組めたので結果オーライでした!
    今のミルクは優秀で息子もすくすく育ってます!
    お母さんがにこにこしてるのが1番の栄養だと思いますよ〜(^^)

    2021/03/04 23:36
  • 初めまして。3人の母親をしている者です。ミルクも母乳も変わらないけれど、できれば母乳をあげたいという気持ち、すごく分かります。私は3人目の出産後、早産のせいもあり産後うつを患い、3人目にしてして初めて完ミで育てました。でも3人とも何らかわりはありません。
    1年後調子が戻ったので薬をやめたものの再発し、不安障害と診断され現在も服薬しています。心障害を持ちながら4人のお子様を妊娠・出産・育児されてると知り、親近感と希望をいただきました。私も、可能ならもう一人子供を、、と考えているのですが、妊娠中特に初期、お薬は一時期中止されていたのでしょうか?奇形の可能性があるようで気になってしまって。突然の質問失礼します。

    2020/12/20 22:19
  • 私もパニック障害を持ちながら結婚、出産、今は育児を頑張っています。時折発作は出ます。母乳は出が悪く赤ちゃんが毎回泣き叫ぶので断念。。。諦めました。3ヶ月の娘を見ながら今でも母乳が出なかった事を思うと心苦しく思ってしまいます。私だって母乳で育てたい。母乳の方が良いに決まってる。何を見ても母乳母乳と書いています。それがものすごく苦しかったし、今も苦しい。ごめんね、、と心底思う。。それはこの子が大きくなっても変わらず思うことなんだなぁと記事を読んでいて思いました。同じ母親として切ない…

    2020/08/09 15:20

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ママネタに関するキーワード