食・レシピ 離乳食

頑張って食べさせなくていいの?! パクパク食べる子になる3つのコツ!

3

離乳食のイメージ

 

離乳食について悩んでいるママも多く、様々な工夫をされているかと思います。なかなか食べてくれないお子さんに対して、長い時間をかけて食べさせて、離乳食の時間がお互いにストレスになっていることがあります。
今回は、離乳食をあまり食べない子どもを持つママへのメッセージです。

 

続きを読む

食べるタイミングと時間を調整しよう

離乳食を食べるタイミングははじめのうちは授乳の前でも、途中でも、後でも大丈夫です。大切なのは落ち着いて食べられる状態であること。「食べること=とても楽しいこと」を伝えられるように、作っている様子や準備しているときも可能であれば見せながらやってみましょう。また、楽しい時間になるように、笑顔で会話をしながら食べるようにします。

 

おいしく食べるためには、「ほどよい空腹」を作ることも大切です。食事の間隔を2.5〜3時間あけることを目標にしましょう。母乳・育児用ミルクをあげた場合は1時間経てば食事にできます。
 

長い時間をかける、強引に食べさせるのはNG

たくさん食べてほしくて、長い時間をかけて頑張って食べさせていることがありませんか? 実は、一食にかける時間が45分を越えると、食べることについやすエネルギーのほうが食事エネルギーより増えてしまうといわれています。

 

子どもの食事時間を調べた研究によると1回の平均食事時間は20分で、ゆっくり食べる子どもでも25分でした。食事時間は15〜30分で、長くても40分までになるように心がけましょう。食べることを強制することは、子どもにストレスを増加させたり、食欲を減少させます。強引に食べさせないようにして、ママは食べることを応援してあげましょう。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • >きれいに食べさせようとして、口周りや手をこまめに拭くことは食事の妨げになることがあります。 参考になりました。でもアレルギーがあるからなのか、食べ物(全般)が顎についたままにしておくと赤くなり痒が… もっと見る
    >きれいに食べさせようとして、口周りや手をこまめに拭くことは食事の妨げになることがあります。

    参考になりました。でもアレルギーがあるからなのか、食べ物(全般)が顎についたままにしておくと赤くなり痒がるので口回りはこまめに拭いてしまいます

    1歳0か月ですが朝とお昼は1食20gも食べてくれなくなってしまい、とても困っています。そういう時期なのでしょうか…体重の減少などはないので大丈夫でしょうと言われて安心しましたが、たまたま別件で血液検査をしたら軽い貧血と言われて焦っています。
  • 現在2歳、離乳食開始からはや2年が経ちました。今食べないからと言って一生嫌いな訳ではないのだな、ということがわかりました。こちらでも相談させて頂いて、初めてのものに対して食べるのを警戒するのは生き物と… もっと見る
    現在2歳、離乳食開始からはや2年が経ちました。今食べないからと言って一生嫌いな訳ではないのだな、ということがわかりました。こちらでも相談させて頂いて、初めてのものに対して食べるのを警戒するのは生き物として当然の機能なのだと、今は思うようになりました。
    今は茶色い豆は好きなのですが、緑の豆を警戒中です。『まだ緑色なのに食べるん?』と思ってるのかもしれません。
  • まさしく、9ヶ月を迎えてから急に食べてくれなくなっていて、食べさせることに必死になっていたので、この記事はとても参考になりました。

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。