ママネタ 妊娠 体験談 産後の悩み 嫁姑問題 産婦人科 2人目・3人目 コミュニケーション 出産 孫フィーバー

「いま言う!?」やっと授かった赤ちゃんなのに…義母が言った信じられない言葉

13
446

信じられない義母のイメージ

 

私は結婚してから5年間妊活を続け、やっと赤ちゃんを授かりました。妊娠するまでは大変でしたが、妊娠経過は順調そのもの。仕事をしながらでしたが、近所に住む義理の母を頼ることなく妊娠前と変わらない生活を送ることができました。しかし、ほどよい距離感を保っていたはずだったのが、その関係が崩れてしまったのです。原因となった産後の出来事についてお伝えします。

 

続きを読む

出産前はいい距離感だった私と義理の母の関係

妊娠経過が順調だった私は妊娠前と変わらず仕事に行き、家事も食事も通常運行。大変だったら近所に住む義理の母に手伝ってもらおうと思っていましたが、つわりもなかったのでそれも不要でした。

 

義理の母も「順調で安心だわ」と突然訪問するということもなく、用事があってくるときも必ず事前に連絡をくれていました。なれなれしすぎず、お互いにいい距離感を保った関係だったのですが、産後あることがきっかけでそれが崩れてしまったのです。

 

出産後すぐ夜中に押しかけてきてびっくり

いよいよ出産となり、産院に行くことを義理の母に連絡すると、「頑張ってね」と応援の言葉をもらいました。無事に息子を出産し、時間は夜の11時過ぎ。夫は両親に無事出産したことを連絡し、面会は明日時間を決めてきてほしいと伝えたそうです。するとその30分後に「今、産院の前にきている。鍵がかかっているから開けてもらえないか聞いてほしい」と義理の母から夫に電話がかかってきたのです。

 

私は出産後の処置を受けながら、夫が電話口で怒り口調で会話しているのを聞きました。夫はきっぱりと「無理だ」と伝えると、家に帰ったようです。よっぽどうれしかったんだなと思う反面、ちょっとモヤモヤした気持ちが残りました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • 「私は休養が必要な状態であることと、そのために息子は新生児室にいることを説明し、急いで新生児室に息子を迎えに行きました。」 別に、急いで息子を迎えに行かんでもいいでしょ。 自分で「休養が必要な状態」… もっと見る
    「私は休養が必要な状態であることと、そのために息子は新生児室にいることを説明し、急いで新生児室に息子を迎えに行きました。」

    別に、急いで息子を迎えに行かんでもいいでしょ。
    自分で「休養が必要な状態」って言ってんじゃん。

    そうやって良い嫁ぶるからつけあがらせるんだよ。
    +32 -9
  • 常識外れな義母がポチってるんだよ…(怖)
    +37 -9
  • 私は夫立ち合いでの出産予定でした 陣痛がきて入院になり夫も病院に泊まり込み 「陣痛来たら連絡してね」と義母から言われていたのであくまでも報告だけのつもりの連絡をしたら義祖母と一緒に大きな荷物を抱えてま… もっと見る
    私は夫立ち合いでの出産予定でした
    陣痛がきて入院になり夫も病院に泊まり込み
    「陣痛来たら連絡してね」と義母から言われていたのであくまでも報告だけのつもりの連絡をしたら義祖母と一緒に大きな荷物を抱えてまさかの陣痛室に
    大きな荷物は夫が勝手に承諾した家主不在の我が家へ宿泊する為の荷物
    それだけで死ぬほど嫌で不快でしたが陣痛中なので強く出れず...
    挙句、産まれる直前からまた揃って病院へ押しかけ実母の静止を振り切り処置中の分娩室へ
    極め付けは義祖母、義母も病室にまでついてきて産後フラフラな私に相手をさせ一旦帰宅したまま眠りこけていた夫
    疲れ果てて怒る気力もありませんでしたが義祖母、義母、夫への確執は一生物となりました
    もう深いお付き合いをするつもりは毛頭ありませんが今でもたまに吐き気がする程不快な時があります
    産前産後にされた事ってつくづく忘れない物なんですね
    +191 -11

 
 

ママネタの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。