マンガ やましたともこ

ひとりぼっちにさせてごめんね…「もう帰る!」と次男の涙の訴えに反省

9
上のお子さんの自転車練習に夢中になってしまい、下のお子さんをひとりぼっちで遊ばせてしまっていたパパ。寂しくて泣き出してしまった下のお子さんに「ごめんね」と大反省した体験談です。

私は4歳、2歳の息子、生後6カ月の娘のパパです。2人の息子とはよく一緒に公園へ行きます。長男は現在補助輪を外して自転車の練習中。その一方、ひとりでボール遊びをしている次男。気づけば長男の相手ばかりしてしまっていました。そんな次男に「いつも遊びに付き合ってあげられなくてごめんね……」と感じた体験談を紹介します。

続きを読む

ひとりぼっちにさせてごめんね

 

公園に行くのが日課

私と2人の息子は公園に行くことが日課の1つとなっており、仕事が終わって帰ると「パパ、公園に行くよ!」と元気よく迎えてくれます。仕事が遅くなってしまったとき、雨が降ったとき以外は毎日公園に行っています。

 

いろいろな遊具があるなかで、公園では2人一緒に遊びながら過ごすことが多いです。サッカーボールを蹴ったり、ブランコに乗ったり、滑り台で遊んだりしていました。

 

長男が自転車の練習を始め、ひとりで遊ぶ次男

いつも公園では一緒に遊んでいた2人の息子ですが、長男が4歳になったときに補助輪を外して自転車に乗る練習を始めました。もちろん最初はうまく乗ることができず、私は長男につきっきり。

 

練習している間、私は次男がひとりで遊ぶ様子を遠目で見ることしかできませんでした。しかし、特に不満そうな表情もなく、ボールを蹴ったり追いかけたりして遊んでいたので、私も安心して自転車の練習に付き合うことができていました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。