いや、そこは「かわいい!」だろ!ナゾの発言に…【ママならぬ日々66話】

2020/07/25 10:25
23
イラストレーター和田フミ江さんの「ママならぬ日々」第66話。生まれてきた我が子を初めて腕に抱いて和田さんが口にしたナゾの言葉とは一体…!?
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:
体験談
マンガ
和田フミ江

生まれた娘は、軽く拭いてもらったあと、布に包まれて私の腕の中にやってきました。

感動して、本当にうれしくて、私は子どものように泣きじゃくってしまいました。

 

和田さん66話

 

新生児ってふわっと軽いイメージだったので、抱いたら3キロちょっとの赤ちゃんが思ったよりずっしりしていて、驚きました。命の重みを感じたし、やっと会えたんだという実感がわいて、口から出た感想が「重い」でした。

今思うと、いやそこは「かわいい」だろ??とツッコミたくなるんですが、夫や助産師さんたちも、すごくホッとした様子で笑っていて、なんだかうれしかったです。

 

それにしても、あんなに痛くて全然しゃべれなかったのに、出産した途端痛みが消えて、普通に話せるようになるのがすごく不思議でした。人間ってすごい!

 

<つづく>

著者

イラストレーター 和田フミ江


姉妹の母。趣味はゲームと旅行と美味しいものを食べること。著書に「お母さんまであとすこし!」(ベネッセコーポレーション)、「おうちクエスト」(竹書房)など。



この記事にいいね!しよう

いいね!
23

現在ログインしていません。

コラムの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。