ママネタ 育児 育児の悩み 育児あるある 育児ノイローゼ 泣き止ませ

え!赤ちゃんが泣いてもすぐに抱っこしなくていいって本当!?【助産師が解説】

51
助産師・ラクテーションコンサルタントの榎本さんが、赤ちゃんの抱っこについてお話ししています。泣いていても少し様子を見ていい場合や、すぐに抱っこしてあげたほうがいい場合などを詳しく解説!

泣いている赤ちゃんを抱っこするママのイラスト

家事の途中や上のお子さんのお世話をしていて手が離せないときに、赤ちゃんが泣いてしまうことってありますね。泣いている赤ちゃんは、すぐに抱っこしてあげるのが一番ですが、難しい場合もあるかと思います。今回は少し様子を見ていい場合と抱っこしてあげたほうがいい場合についてお話しします。

 

続きを読む

泣いていても少し様子を見ていい場合

時々赤ちゃんの様子を見にいくか、目の届く場所に寝かせるようにしましょう。部屋の構造上難しい場合は、モニターなどを使って、キッチンなどで家事をしながらでも赤ちゃんの様子が確認できると安心です。

 

・泣き声が大きくなく、指しゃぶりをして休んだり泣いたりを繰り返している。
・目を閉じながら泣いているが、激しくないているわけではなく眠そうな様子がある。
・おむつを変えたばかり、授乳後で空腹でないとき。
・声をかけると、泣きが弱くなったり止まったりする場合。

 

すぐに抱っこしてあげたほうがいい場合

激しく泣く、いつもと様子が違うときなどはすぐに抱っこしてあげましょう。

 

・授乳直後で手足をバタつかせて激しく泣いている
・泣いている途中で吐きそうになっている
・発熱や体調が悪く、嘔吐があるとき
・顔を真っ赤にして泣いている、泣きすぎて呼吸が不安定になっているとき
・唇の色が悪いとき

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

ママネタの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。