アレルギーは母親のせい!?義母に「食べさせれば治る」と言われて…

2021/02/19 22:15
22
アレルギーの怖さを軽視するお義母さんの言動に干渉され苦悩していたママ。しかし、ある行動に出たことでお義母さんの対応にも変化があったそうです。身内同士だからゆえの理解し合う難しさにも気づいたというお話です。
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:
体験談
マンガ
うちここ

アレルギーの怖さに対する認識は未だ完全ではなく、軽視する人もいるんだなと実感した出来事をお話しします。私の義母もその1人で、息子の牛乳アレルギーを軽視し、干渉されていました。そんな義母の困った対応から解放されるために、私はある行動に出たのです。義母の干渉から救ってくれたのは、お医者さんからのあるひと言でした……。

 

アレルギーは母親のせい!?義母に「食べさせれば治る」と言われて…

 

アレルギーは母親のせい!?義母に「食べさせれば治る」と言われて…

 

続きを読む

息子の牛乳アレルギー

私には1歳2カ月の息子がいます。息子が初めて牛乳を口にしたのは1歳になるころでした。初めて牛乳を与えた日に全身に湿疹が出てしまい、病院で血液検査をした結果、牛乳アレルギーだということがわかりました。

 

病院と相談しひとまず除去をすることになり、身内の理解も必要となってくるため、義母にもアレルギーについてと今後の方針についてしっかりと伝えていたはずなのですが……。

 

アレルギーは母親のせい?

息子がアレルギーであることを伝えた翌日、突然インタホーンがなりモニターを見ると、買い物袋を抱えた義母が立っていました。リビングに通すと、買い物袋を広げ始め、そこには大量の乳製品が! 除去する方針であることを再度伝えると、「母親がそんなに神経質だから治るものも治らない! 食べさせていれば治る!」と義母は言うのです。

 

たしかに、少しずつ食べることでよくなることはあるとお医者さんも言っていたので、食物経口負荷試験後に徐々に始めると義母に伝えると、怒りはさらにヒートアップ。「昔は普通に食べていたんだから、そんなものは必要ない! あなたは神経質すぎる!」と声を荒らげました。


義母を連れて病院へ

義母にその場では引き取ってもらい、後日義母に息子の健診に同行してもらい、一緒にアレルギーの怖さについてお医者さんから説明を受けました。

 

お医者さんは「アレルギーの子にアレルギー物質を他人が食べさせるなんて殺人行為と同じだ」とはっきり言ってくださったので、義母も自分がした事の重大さに気づき、以降アレルギーに関して口出ししてくることはなくなりました。

 

 

身内同士だど、私も義母もお互いに感情的になってしまいアレルギーの怖さを理解してもらうのは不可能だと考え、専門的な知識を持つお医者さんから義母に説明してもらいました。間違った知識や偏った考えではなくアレルギーについて正しく理解を深められて、私は義母に健診に同行してもらってよかったと思っています。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

監修/助産師REIKO

作画/うちここ


著者:伊藤あいり

2歳の女の子と0歳の男の子の母。現在は、美容関係の営業職として働きながら、子育てに関する体験談を中心に執筆中。


この記事にいいね!しよう

いいね!
22

現在ログインしていません。

コラムの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。