ママネタ 名づけ

スタイリッシュでかっこいい!男の子の「撥音ネーム」ランキング

男の子の「撥音ネーム」ランキング

 

2020年生まれの男の子81,896名を対象に、『2020年の名づけトレンド』に関する調査を行いました。男の子の名前は、名前のよみに「ん」の入る「撥音(はつおん)ネーム」が9個ランクイン! 男の子に人気の撥音ネームランキングTOP9をご紹介します。

 

続きを読む

1位 蓮(主なよみ:れん)

2018年、2019年、2020年と3年連続名前ランキング首位の「蓮(主なよみ:れん)」。男らしく力強い名前が多い「一文字ネーム」の一つです。蓮(はす)の花は、泥水の中から育ち美しい花を咲かせることから、周囲に染まらない清らかさを感じさせます。

 

また、「蓮」は国民的大ブームを引き起こしている「鬼滅の刃」の主題歌「紅蓮華」にも用いられており、今後もますます注目の名前です。

 

2位 新(主なよみ:しん)

2019年の名前ランキングでは12位、2020年は16位にランクインした「新(主なよみ:しん)」。「新」は漢字ランキングで81位にランクインしていました。

 

その字の通り、新しい・始まったばかりという意味のある「新」は、新鮮で生命力にあふれたイメージを受けるようです。「しん」という響きは潔く男らしさを感じます。

 

3位 暖(主なよみ:だん)

2019年の名前ランキング29位から、2020年は20位にランクアップした「暖(主なよみ:だん)」。「暖」は漢字ランキングで76位にランクインしていました。

 

ぬくぬくとあたたかく、汗ばむようなさまを意味する「暖」は、豊かで不自由しない様子を表します。あたたかい心で周囲を元気づけるような存在になることを願って名づけてもいいですね。

 

4位 絢斗(主なよみ:けんと)

2019年の名前ランキングでは56位、2020年は52位にランクインした「絢斗(主なよみ:けんと)」。

 

色糸をめぐらせて取り巻いた美しい模様を意味する「絢」は、きらびやかな美しさが印象的な漢字です。「豪華絢爛」という言葉にも用いられており、あでやかなイメージを受けるようですね。同名では、俳優の永山絢斗さんが活躍されています。

 

5位 仁(主なよみ:じん)

2019年は55位、2020年は56位にランクインした「仁(主なよみ:じん)」。「じん」というよみは、2020年よみランキング82位にランクインしています。

 

隣人愛や同情の気持ち・そのような心を備えた人物という意味のある「仁」。思いやりのある優しい人になるように願って名づけてもいいですね。

 

6位 怜(主なよみ:れん)

2019年の名前ランキング68位から、2020年は56位にランクアップした「怜(主なよみ:れん)」。心が澄んでいて賢い様子を意味する「怜」は、2020年の漢字ランキング60位にランクインしています。

 

その字の通り、清らかで賢い子に育つように想いを込めて名づけてもいいですね。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

名前ランキング検索

ベビーカレンダーが独自で調査・集計した2017年以降に生まれた赤ちゃんの名前データの中から、知りたい名前の順位、よみの順位を見ることができます。
 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。