第2子の性別を知って義母の態度が豹変!?「よかった」の言葉に隠れた義母の本音

カテゴリー│マンガ  体験談  マンガ  ぐら子 
2021/04/19 17:55
4

現在第2子妊娠中、3歳の長女を育てています。第2子の性別が「男の子」とわかり義実家に報告したときから、義母の行動が変化し始めました。その変化の理由には、今まで義母が口にしなかった、ある本音があったのです……。

 

第2子の性別を知って義母の態度が豹変!?「よかった」の言葉に隠れた義母の本音

 

第2子の性別を知って義母の態度が豹変!?「よかった」の言葉に隠れた義母の本音

 

続きを読む

第2子は「男の子」! 義母の反応が…

現在第2子を妊娠中なのですが、おなかの子の性別が「男の子」とわかり義実家に報告したときのことです。「性別は男の子だそうです」と伝えると、義母も義父もそれはそれは喜んでくれました。


義父は前々から孫とキャッチボールがしたいと話していたので、「そうかそうか」と口数は多くないですがうれしそう。義母はニコニコしながら、「そう、よかったよかった」とずっと「よかった」という言葉を繰り返していたのが少しだけ引っかかりました。

 

あれ? 長女のときとだいぶ違うぞ?

性別が判明してから義母の行動が気になり始めました。子どもの名づけに「おかあさん(義母の母)の字を使ったら?」と言ってきたり、すでに通っている産院があるのに「こっちの産院のほうが評判がいいみたい」と転院をすすめてきたり……。


長女のときにはこんなに口を出してこなかったので、義母のこの行動には「急にどうしたんだ?」と違和感しかありませんでした。夫に相談すると夫も不思議がって「とりあえずやめるよう言っておくよ」と言ってくれました。その後、夫が注意して義母の口出しは多少減りましたが、それでも長女のときよりも明らかに多いです。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

 
 

人気記事ランキング

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)