特集 妊娠出産

<でんぱ組.inc古川未鈴さんインタビュー#2>アイドルを続けながら、ママとしても生きたい!

46

古川未鈴さんインタビュー2

 

古川未鈴さんは、現役アイドル「でんぱ組.inc」のメンバーです。2008年に今の「でんぱ組.inc」の前身となるアイドルユニット「でんぱ組」を形成してから、現在に至るまでメンバーの卒業・加入を繰り返しながらも、古川さんはアイドルとしてずっと活動をおこなっています。また、去年の4月にはYouTubeチャンネルを開設。メイクやゲーム実況など、YouTube動画の配信にも力を入れています。

そんな古川さんは、2019年9月にライブで結婚を発表。今年の1月には、ご自身のInstagramで妊娠の報告をおこなっています。たくさん悩みながらも、現役アイドル中に結婚、そしてコロナ禍の妊娠という道を歩むことになった古川さん。妊娠生活を送りながら、仕事を続けるというのは多くの女性が気になるところだと思います。そこで今回は、妊娠中のアイドル活動をおこなっていたとき、どんなことに悩んだのか、また大変だったことについてもお話を聞かせていただきました!

 

続きを読む

悩みながらも、アイドルで居続けられる方法を模索した日々

ー古川さんは、現役アイドル中に結婚・妊娠の発表をされました。かなり特殊なケースというか、前例を聞いたことがないように思うのですが、どのように考えていたのでしょうか?

 

古川さん:アイドルグループが流行っているこの時代で、現役アイドルが結婚をしていて、さらにこれから出産を迎えるという状況なのに卒業をしないというケースは、もしかしたら私だけかもしれないと思います。やはり、最初はすごく悩みました。今まで、「アイドルが結婚したら卒業します」という流れは、すごくキレイだと思っていたんです。ただ、私の場合はもともとアイドルしかやりたくないと思って生きてきて、アイドルとして死にたいと思っていたからこそ、結婚、出産を選んだとしても、アイドルで居続ける方法はないのかな……とずっと考えていたんです。

 

ーたしかに、アイドルが結婚前に卒業するというのは、自然な流れでしたよね。

 

古川さん:はい。でも、もしかしたら違う道もあるのではないのかなと考えていたんです。とはいえ、実際にその状況下に立った今、“簡単なことではない”と実感しています。

 

ーそれはどうしてでしょうか?
 

古川さん:今は事務所のサポート、メンバーのサポートがあってなんとか続けられていますが、ダンスレッスンやライブなど、アイドルがやらなくちゃいけない仕事を、体調不良で休むことが増えてきてしまったんです。それがすごくつらくて。決まっている仕事もあるし、ライブに穴はあけられないからこそ、一度「活動を休止しようと思います」と伝えたんです。でも、そこで事務所の方やメンバーが、「そのときになったら、また考えよう」と言ってくれたんです。その言葉にすごく救われました。

 

ーこれから古川さんが新しいモデルケースになるかもしれないですね。

 

古川さん:そうですね。ただ、私はアイドルがみんな恋愛をしていいというつもりもないんです。アイドルとして、母親としてこういう生き方もあるよということを提示できたらいいなと思っています。

 

ー日々いろいろと悩むことも多いと思いますが、いかがでしょうか?

 

古川さん:毎日すごく悩んでいます。体調がつらくて休んでいるときも、「みんなは今日もダンスレッスンをしているのに、私だけ休んでいて申し訳ないな」と考えたり、「保育園に入れなかったらどうしよう」と思ったり……。いざ妊娠するとまた考えることが増えてきてしまって、どうしても暗くなってしまって……。でも、その反面、なんとかやっていけるような自分もいるので、“とりあえずやってみよう”という気持ちで毎日を過ごしています。

 

ーメンバーのみなさんは、どんな言葉をかけてくれますか?

 

古川さん:同期でリーダーの相沢梨紗ちゃんは、同じ年なのでよく話を聞いてもらっているんです。だからこそ「未鈴はおとなしくしてな」と気を遣ってくれたり、根本凪ちゃんは、安産祈願のお守りを買ってくれました。ピンキー! ちゃんも「おなか冷やしちゃだめですからね! 」と毛布を持ってきてくれたり、マネージャーさんもオレンジジュースを買ってきてくれたりと、みんなすごく気にかけてくれて……。最初はすごく申し訳なく思っていたんですが、今はベタベタに甘えちゃっています(笑)。とてもありがたいです。

 

ーこれまでに励みになった言葉などはありますか?

 

古川さん:結婚発表をライブでさせていただいたんですが、本当はすごく不安で、“無言になってしまったらどうしよう”“みんなに嫌われてしまったらどうしよう”と思っていたんです。でも、ファンのみなさんが本当に喜んでくれて「おめでとう」と言ってくれたんですよ。その中には「ありがとう」という言葉もあって……。どうして結婚をしてありがとうと言ってくれるんだろうと思ったので聞いてみたら、「アイドルをやめないでくれてありがとう」という意味だったのだと。そのときに、今までの自分を認められた気がして、本当にうれしかったんです。そして、こんなにファンのみなさんがいい人ばかりなら、私も新しい形でやっていけるって思えたんですよね。それからは、女性のファンから「私も今妊娠中です」「一緒に頑張りましょう」といった声もいただくようになって、すごくうれしい気持ちになりました。今後も、私のこういった発信が、少しでも多くの方に勇気を与えられていたらいいなと思っています

 

年齢によって変化していったライフプラン

ーいつごろから、子どもが欲しいと思っていたのでしょうか?

 

古川さん:実は私、アイドルのまま一生を終えようと思っていたので、結婚自体も考えていなかったんです。でも、ふと40歳、50歳になってアイドルとしての活動を終えたとき、私には何が残るんだろうと考えたときに、“家族が欲しい”と思ったんですよね。これまではアイドルとして生きることを選択してきたけど、次のステージとして、家族を作りたいなと思ったんです。

 

ー大きな変化ですね。そのような考えになった要因は何だと思いますか?

 

古川さん:はい。きっと、年齢を重ねたことが一番の原因だったと思ってます。段々と守るべき子どもという存在、人生で自分よりも大事になる存在を望む自分がいたんです。でも、母も祖母も子宮の病気があり、その血を引き継いでいる可能性があることが分かったんです。さらに、周りから不妊治療が大変なことも耳にしていたので、本当に子どもが欲しいのであれば、ちゃんと妊活をしなくてはいけないと思うようになりました。また、子どもは欲しいと思っても、すぐに授かることができるものではないので、後になって後悔しないように取り組もうと思いました。

 

ー出産後はどんなママになりたいですか?

 

古川さん:母親がアイドルで、父親が漫画家というあまりないタイプの家族だからこそ、子どもにも好きなものを選べるようにいろんなことを体験させてあげたいです。きっと、生まれたばかりのときは、私も旦那さんもひっちゃかめっちゃかになると思うんです(笑)。もちろん、イライラすることもたくさん出てくるだろうし、予想外のこともたくさんあると思うんですが、それも全部ひっくるめて、“子育てって楽しいな”と思えるようになる気がしているんです。ありきたりですが、笑顔の絶えない家庭にしたいと思っています。

 

 

現役アイドル中に、妊娠・出産という選択を選んだ古川さん。インタビューでは、終始明るく元気に答えてくださり、ありがとうございました! お話ししていて、古川さんが「アイドル活動が大好き! 」というのが、すごく伝わってきました。今回は初めての出産ということで、いろいろと大変なことも多いかと思いますが、その明るい笑顔とポジティブな考え方で出産を乗り越えて、笑顔の絶えない素敵な家庭を築いてくださいね。

 


PROFILE:古川未鈴さん

古川未鈴(みりんちゃん)165cm / 9月19日 / A型 / 香川県出身

幼少期からアイドルに憧れてきて夢を叶えたグループの中心的存在。コンシューマーからアーケード、ネットゲームまで幅広く網羅し、ゲーム番組のMCもこなすゲーマーアイドル。高松市観光大使。カラー:赤

 

著者

ライター 吉田可奈


エンタメ系のフリーライターとして活動しているシングルマザー。13歳、10歳の子どもを子育て中。発達障害・知的障害の子どもに関する著書を出版している。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

特集の人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。