特集 不妊治療

「子宮奇形、私がですか?」夫に内緒で検査したら思わぬ事実が発覚して #2

16
不妊治療体験者の声を取材した連載、第3回目となる今回は、妊活2カ月で不妊治療を始め、その4カ月後にタイミング法で授かった女性の物語をお届けします。ケース3、小林夏美さんの(29・仮名)の場合。27歳で13歳年上の夫と結婚。妊活に非協力な夫は、自然に任せたいから通院はしてほしくないと言う。果たして……?

「子宮奇形、私がですか?」夫に内緒で検査したら思わぬ事実が発覚して #2

 

不妊治療体験者の声を取材した連載、第3回目となる今回は、妊活2カ月で不妊治療を始め、その4カ月後にタイミング法で授かった女性の物語をお届けします。ケース3、小林夏美さんの(29・仮名)の場合。

 

27歳で13歳年上の夫と結婚。妊活に非協力な夫は、自然に任せたいから通院はしてほしくないと言う。果たして……?

続きを読む

妊活から2カ月、夫に反対されながらも1人で産婦人科へ

夫の理解を得ることは容易ではなかった。妊娠はそんな簡単なものじゃない。正しい情報を集めていた夏美さんは、強く反論したかった。しかしぐっと言葉を飲み込み、その場はそれきりの話し合いで終わらせた。

 

「反論したかったけど、これから先、夫婦関係が気まずくなってしまう方が危険だと思って。悔しかったけど引き下がりました。でもわたしが安心したかったので、1人で産婦人科へ行きました」

 

一歩目は踏み出しやすかった。向かったのは、生理痛で10年近く通っていたかかりつけの産婦人科クリニック。主治医は顔なじみのおばあちゃん先生だった。話しやすく、生理の状態も知ってくれていた。まずはタイミング法を試しながら、検査を進めることになった。

 

気絶しそうな人生最大の痛みを味わうことに

通常、不妊治療の検査は男女ともに行われる。日本生殖医学会によると、女性側は①内診・経膣超音波検査、②子宮卵管造影検査、③血液検査が一般的な検査とされている。

 

夏美さんの場合、第一段階として行われた検査の一つが「通水検査」だった。子宮内にカテーテルをいれて生理食塩水を注入し、卵管の通り具合を調べる検査だ。一般的に麻酔を使用しない検査で、「多少の痛みは伴います」と説明を受けて臨んだのだが、ここで人生最大の痛みを味わうことになる。

 

激痛どころじゃない、気絶しそうな痛みだった。

 

「究極の痛みで、便が漏れてしまいそうなほどでした。寒くて怖くて……。顔面蒼白になってしまいました」

 

カルテに書かれた「不妊症」の文字、頭が真っ白に

「子宮奇形、私がですか?」夫に内緒で検査したら思わぬ事実が発覚して #2

 

ここで夏美さんの“嫌な予感”は確信に変わったという。


わたしの体に何かが起きているーーー。

 

普通の検査でこれほど壮絶な痛みを感じるなんて、きっと体に何か原因があると直感したという。その日は何も診断が出ず、結果が出るまで1週間を待った。

翌週、結果を聞きに訪れた診察室で、予想だにしない言葉が医師の口から出た。

 

「片方の卵管が見えません。通りが悪すぎるから、ちゃんとしたところで調べないと」

 

不妊治療専門のクリニックを紹介され、卵管の造影検査をすることになった。同学会によると、子宮卵管造影検査とは、「X線による透視をしながら子宮口から造影剤を注入し、子宮の形や卵管が閉塞していないかを見る検査」のこと。


さらに子宮の形態を詳しく調べるため、総合病院で子宮のMRI検査も受けた。

1人で検査結果を聞きに行くと、医師のカルテには「不妊症」の文字。

 

震えた。

 

不妊症の原因が明らかに!思わぬ事実が発覚

説明の前から頭が真っ白になった。医師は淡々と説明した。

 

「普通の人は卵管が2つあって、子宮は鶏の卵くらいの大きさがあるけれど、あなたの場合は卵管が1つしかありません。子宮は半分くらいの大きさでとても小さいです。もし妊娠できたとしても、体が異物だと思って流してしまう可能性があります。

 

妊娠したあとも大変だから、大きな病院で診てもらってください。まずは妊娠しないと話が進まないから、不妊治療専門クリニックに紹介状を書きますね」

 

「子宮奇形、私がですか?」夫に内緒で検査したら思わぬ事実が発覚して #2

 

夏美さんの子宮は「単角単頚(たんかくたんけい)」と呼ばれる珍しい先天性の子宮奇形で、通常の半分の大きさで小さく、片側に寄っており、2つあるはずの卵管が1つしかなかった。長年悩まされた生理痛の原因でもあった。

 

病院の帰り道はふらふらだった。本当は誰かにしがみつき、声を出して泣きたいくらいだった。

 

ポケットに、飴が1粒入っていた。袋を開ける手と飴をなめる口が、小刻みに震えていた。これからどうしよう。

 

込み上げる涙と一緒になめた飴の甘みが、これでもかというくらい心にしみた。とりあえず夫にLINEを送った。

 

「家でちゃんと聞きます。
とりあえずおつかれさま」

 

短い文章から、夫の動揺も伝わってきた。

 

◇    ◇ ◇

 

夫に内緒で行った産婦人科。そして発覚した子宮奇形。まずは妊娠のために、不妊治療専門の病院へ通うことになった夏美さん。

 

次回、不妊治療の結果が明らかに!

 

監修者

医師 杉山 力一先生

産婦人科 | 杉山産婦人科 理事長


平成10年、北九州セントマザーに国内留学し体外受精の基礎を学び、平成12年に杉山レディスクリニックを開院。平成19年、産婦人科総合施設杉山産婦人科としてリニューアル。現在は杉山産婦人科グループ3院の理事長を務める。また、政府へ不妊治療助成金の増額を求め、菅総理との話し合いをするなど精力的に活動する。監修著書『男の子女の子が欲しい!あかちゃんの産み分けがわかる本』(主婦の友社)など多数。


経歴

1994年 東京医大を卒業
1999年 北九州セントマザーに国内留学し体外受精の基礎を学ぶ

2001年 不妊治療専門の杉山レディスクリニック開院

2007年 杉山産婦人科世田谷(分娩、生殖医療、内視鏡手術を行う総合施設)を開院
2011年 杉山産婦人科丸の内 開院
2018年 杉山産婦人科新宿 開院

 

■医学博士

日本産科婦人科学会専門医
日本生殖医学会生殖医療専門医


著者

ライター 大楽眞衣子


社会派子育てライター。全国紙記者を経てフリーランスに。専業主婦歴7年、PTA経験豊富。子育てや食育、女性の生き方に関する記事を雑誌やWEBで執筆中。大学で児童学を学ぶ。静岡県在住、昆虫好き、3兄弟の母。  


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

特集の人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。