「結果オーライだね」どういうこと?大切なおもちゃをあげたのに…ママ友の言葉にあ然 #おもちゃトラブル 2

「おもちゃトラブル」第2話。泣き止まないお友だちにおもちゃを譲る決断をした優しい息子。でも、ママはモヤモヤがおさまらず……。

「大切にするね」と約束した、思い出のおもちゃ。

でも、優しい息子はお友だちのためにそれを譲ってあげた。

その決断を褒めてあげたいけど、モヤモヤが止まらないママは……。

 

大切なおもちゃを…

おもちゃトラブル2_1

 

おもちゃトラブル2_2

 

おもちゃトラブル3_3

 

おもちゃトラブル2_4

 

おもちゃトラブル2_5

 

おもちゃトラブル2_6

 

おもちゃトラブル2_7

3人でお祭りに行った思い出に、と買ってあげたおもちゃ。

大切に思っていたのは私だけなの?

おもちゃを譲ったのに「結果オーライ」ってどういうこと?

 

こういうとき思い出に執着してしまうのは、大人のほうだったりするのかもしれません。

本当は優しい心で対応した息子を褒めてあげたいところだけど、どうしてもモヤモヤしてしまう……。その気持ち、すごくわかる気がします!

 

次回、ついにモヤモヤを息子にぶつけてしまったママは……!?

 


 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターオニハハ。

    小2長男、年中長女、2歳次女のオニの子3兄妹ママ。家事育児仕事と奮闘中!Instagramとブログ『オニハハ絵日記。【日常育児絵日記】』https://www.okihaha.xyz/ にて、今だけしか出来ない育児を楽しむ!絵日記を更新☆ 大人気なくてスミマセン!!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    3 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      自分の息子が幼稚園に行くようになって実感した。 相手の親もいるから親が何とかするだろう 、は通用しない。 言うべきことは 怖がられようが自分が言わないと、相手に常識があるとも限らないし、 相手の常識と… もっと見る
      自分の息子が幼稚園に行くようになって実感した。
      相手の親もいるから親が何とかするだろう 、は通用しない。
      言うべきことは 怖がられようが自分が言わないと、相手に常識があるとも限らないし、
      相手の常識と自分の常識は必ずしも同じではない。
      人の家に遊びに来て、乱暴に色んなもの引っ張ったり壊したりしても何も言わない親もいる。
      自衛は大事。 
    • 通報
      私だったら、泣いてる間に、欲しいね!ごめんねー!お母さんに同じの買って貰ってね!またねー!って帰っちゃうな 笑 付き合ってあげてみんな、優しいね
      +40 -0
    • 通報
      こどもが欲しいとわがまま言ってるときにそれをあげるより、今は我慢することを覚える機会だからあげたらだめということをこどもに教えるのが親の役目だと思います。お子さんのあげたい優しい気持ちをまず褒めてあげ… もっと見る
      こどもが欲しいとわがまま言ってるときにそれをあげるより、今は我慢することを覚える機会だからあげたらだめということをこどもに教えるのが親の役目だと思います。お子さんのあげたい優しい気持ちをまず褒めてあげて、でもそのおもちゃ大事なものだからだめだよ、と、しゅん君に今あげてしまったら何でも泣いてぐずったら手に入ると勘違いさせてしまうから今しゅんくんにあげることはしゅんくんのためにならないからだめだよ、と、教えてあげましょう。こうゆうときは。相手の親御さんも常識がないひとだから、しゅんくんのためにもここでおにははさんは自分が悪者になってでも断るべきでした。
      +34 -4

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶