暮らし 工夫 生活習慣 体験談 安全対策 料理 食べ物

のどに刺さった魚の骨!3歳息子が「痛い」と泣き出し、急いで診療所へ

3
魚の骨が息子さんののどに刺さり、受診の必要あると判断したママ。病院では口からピンセットのようなもので骨を取ると思いきや、意外な処置に驚いたそうです。息子につらい思いをさせてしまったというママの後悔の体験談です。

魚の骨

 

長男が3歳のとき、夕飯にホッケの塩焼きを出しました。それまで骨のある魚は食べさせないようにしていたのですが、私はホッケなら骨が大きいから取り除きやすいと考え、初めて食べさせました。ちゃんと骨を取って与えたつもりだったのですが、ホッケを食べた直後に「のどが痛い」と泣き出した長男。駆け込んだ病院で、長男につらい体験をさせてしまうことに……。

 

続きを読む

夜間診療所へ駆け込む

長男が「のどが痛い」と言い出したのは、ホッケを食べたすぐあとだったので、私は骨が刺さったのだとすぐにわかりました。当時の時刻は、午後6時半を過ぎたころでした。

 

すぐに病院に行こうと思いましたが、地元の耳鼻科や小児科はもう終わっている時間だったため、電車で30分ほどの場所にある夜間診療所の耳鼻科へ。電車の中でも、問診表を書いている間も長男は「痛い」と言いながら、涙目になっていました。

 

目視では見えず、衝撃の処置

いざ診察室へ入ると、まずは先生がのどを目視。「骨のようなものが見えるけど、ちょっと見にくい」とのことでした。続いて先生が「鼻からカメラ入れますね~」と言って準備したのは、先端にカメラが付いたコードだったのです!

 

私は口からピンセットのようなものを入れて取るのだろうと想像していたので、少し驚きました。本来なら母親が子どもを抱いた状態で座り、処置を受けるそうですが、私は妊娠9カ月だったため抱くことができず、看護師さんが代わりに抱っこしてくれました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。