マンガ 体験談 マンガ うちここ

「私は透明人間?」赤ちゃんに夢中すぎる夫に私の声が届かない…!話し合いが必要だと感じた瞬間

1
4
産後間もない里帰り時期、慣れない赤ちゃんとの生活は幸せな半面、疲れや不安も抱えていました。そんななか、毎日会いにきてくれる夫との会話はとても楽しみでした。家族3人での時間、幸せな気分で過ごせると思っていたのですが……。産前には想像していなかった状況に戸惑い悩んだ私の体験談です。
続きを読む
「私は透明人間?」赤ちゃんに夢中すぎる夫に私の声が届かない…!話し合いが必要だと感じた瞬間

 

「私は透明人間?」赤ちゃんに夢中すぎる夫に私の声が届かない…!話し合いが必要だと感じた瞬間

 

子どもに夢中な夫。全然目が合わない!

初めての出産後、自宅の隣町にある実家に里帰りをしました。夫は仕事が終わると実家に立ち寄り、寝る前に自宅へ戻る生活がスタート。毎日通ってくれる姿に、子どもが本当にかわいいんだなぁ、うれしいなぁと感じていました。

 

ただ、数日経つうちに私の気持ちは少しずつ曇っていきました。その理由は夫が赤ちゃんに夢中すぎて、私の話を聞くときに上の空なことが増えたから。それだけではなく、赤ちゃんをあやすばかりで話しかけてもまったくこちらを見ず、全然目が合わないのです。

 

誰か止めて! 新生児に高い高いをする夫

気持ちは晴れないけれど、赤ちゃんと夫が一緒にいる姿を見るのはやはりうれしいものでした。そんなある日、夫は赤ちゃんをあやすなかで、両手のひらに赤ちゃんを寝かせた状態でのせ、「高い高ーい!」と腕を伸ばして持ち上げたのです。

 

生まれて数日の新生児が高く持ち上げられている姿、そして緊張した赤ちゃんの表情を見て私はとても怖くなりました。「やめて!」と言っても夫は「泣いてないし大丈夫よね~」。と赤ちゃんに話しかけすぐにはやめませんでした。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • 新生児に高い高い、しかも奥さん無視って、その神経が信じられない…。 4ヶ月検診の際に、保健師さんが、「お父さんやおじいちゃんは、子どもが喜ぶからと安直に高い高いをやりたがるけど、絶対に止… もっと見る
    新生児に高い高い、しかも奥さん無視って、その神経が信じられない…。
    4ヶ月検診の際に、保健師さんが、「お父さんやおじいちゃんは、子どもが喜ぶからと安直に高い高いをやりたがるけど、絶対に止めさせてください。喜ぶこと=やっていいこと、ではありません。あやし慣れていない人が特にやりたがるけど、天井や壁にぶつけた、落としたなどの緊急受診や救急搬送が特に多いです。酔っ払ってやる人も多い。特に骨が柔らかい乳幼児にはもっての他。子どもが喜ぶ遊びは他にいくらでもあります。お母さんたちは、他の人がやろうとしたら、その場の雰囲気が悪くなるとしても止めてください。一生後悔したいですか、子供の命より大事ですか。」とまで言われました。
    そこまで言うのか、とは思いましたが、こういう人が怪我させるんでしょうね…。
    もっと啓蒙されて、奥さんのこともこどものことも理解されるようになってほしいけど、伝わってほしい人にこそなかなか届かない上、うざったがられるのが悲しいです。筆者さんはわかってもらえてよかったですね。
    +39 -4

 
 

マンガの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。