夫にはなかなか言えない…私が夫婦生活をしたくない本当の理由は夫の…【体験談】

夫のことは大好きで、妊娠前は毎日のように夫婦生活があったのに出産後はまったくなくなりました。あんなに大好きだった夫のことは「好き」に変わり、1番はもちろん子どもに。24時間育児をして、家事などをこなしていると夜にはヘトヘトです。子どもを寝かせたら、眠れるときに眠りたい、自分の好きな時間を過ごしたいなどという気持ちが芽生えたのです。しかし、夫としたくない最大の理由は、実は夫の「やり方」にありました。

険悪な夫婦のイメージ

 

続きを読む

私が求めるスキンシップは…

子どもが生まれてからの私は、夫婦生活よりも、ハグや手をつなぐなどのスキンシップの方がいいなと思っています。手をつなぐことはなかなかできていないですが、ハグは1日に1~2回は私からしています。また、少し抵抗を感じますが夫からはたまにボディタッチをしてくることがあり、私はこのスキンシップで十分だと感じているのです。

 

夫婦生活を拒絶する本当の理由

実は、夫婦生活をしたくないのは、夫には言えない別の理由があります。それは、夫はセックスの時間が長く、当たり前のように1時間以上で、早く眠りにつきたい私には正直苦痛ということ。妊娠前はなんとも思わなかったのですが、出産後は少しでも寝たいという気持ちが強く、抵抗を感じてしまいます。夫は自分よりも相手を喜ばせたいタイプなので、早く終わらせることができないところが私は嫌なのです。

 

正直、出産後は短時間でささっと終わらせてくれるならと思ったこともあったのですが、やっぱり1時間超え……。しかも、痛くて痛くて終わったあとも排尿するたびに痛みを感じたことも。たまたまかもしれませんが、そのときは正直もうしたくないと思ってしまいました。

 

離婚されたくないから応えるべき

夫がひとりで処理しているのを知っていて、それはかわいそうだなと思っています。しかし、それ以上に、1時間という夫婦生活をするくらいなら正直寝たいし、自分の時間をゆっくり過ごしたいと思ってしまうのです。

 

そのため、セックスレスは離婚の原因になることもあるだろうし、たまには応えなきゃとは思っていながらも、なかなか「いいよ」と言えない自分がいました。

 

夫と夫婦生活について話し合い

しかし、これでは何も解決しないと思い、夫と話し合いをすることに。夫は夫婦生活を求めていることを訴えてきました。一方、私は夫に「育児して、家事して、仕事して、夫婦生活に1時間以上は正直つらいの。私を喜ばせようという気持ちはうれしいけど体力が持たないんだ」と伝えたのです。

 

夫は、「そんなに疲れているとは思わなかった、ごめん」と言ってくれて、これからはまったくしないのではなく、「たまにはしようね」と話して終わりました。話し合いをして、正直な気持ちを伝えたことで申し訳ないと思ったのと同時に、まだ私を求めてくれることに喜びを感じました。これからは夫婦生活というスキンシップも大切にしたいと思い直しました。

 

 

今まで、いろいろな理由をつけて約2年ほど拒否し続けてきた夫婦生活なので、再開はいろいろな意味でドキドキします。しかし子どものために夫婦がいつまでも仲良くいられるように、定期的な夫婦生活はすごく大切なことだと思い直しました。これからは毎回ではなくても、誘われたら応えていきたいです。

 

 

監修/助産師REIKO


著者:のろ ゆうこ

2歳女児をワンオペで育てる母。現在、シナリオライターとして活動中! 主に育児・家庭に関する記事を執筆している。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      魅力無い相手となんか気持ち悪いだけでしょ…
      どうせするなら皆んなもっとカッコいい相手が良いと思ってるよ?
      女性だって自由恋愛の権利くらいあるのを旦那側が理解してない。 

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    ママトピの新着記事

  • PICKUP