「基準値超えにショック!」がんの再発と同様に注意しなきゃいけないことは… #43歳で腎がんになった話 34

「43歳で腎がんになった話」第34話。3児の母でブロガーのマメ子さんによる、43歳で腎がんになった体験を描いたマンガを紹介します。今回は、前回に引き続き、術後3カ月検診のときのこと。残った腎臓を調べてもらったのですが、思っていたよりも結果が悪くてショックを受け……。

この記事の監修者

医師窪田 徹矢 先生

くぼたクリニック松戸五香院長。獨協医科大学医学部卒業。千葉医療センター、成田赤十字病院で研修を積み、国保松戸市立病院泌尿器科に勤務。その後千葉西総合病院泌尿器科にて医長、部長を歴任。2017年、くぼたクリニック松戸五香を開業。日本泌尿器科学会専門医・指導医。専門医である泌尿器科および皮膚のトラブル、生活習慣病を含めた内科まで幅広く診察。メディア出演も多数あり、医者YouYuberとしての情報発信もおこなっている。

 

続きを読む

残った腎臓を調べると、思っていたより結果が悪くて…

#43歳で腎がんになった話 34

#43歳で腎がんになった話 34

#43歳で腎がんになった話 34

#43歳で腎がんになった話 34

#43歳で腎がんになった話 34

#43歳で腎がんになった話 34

 

#43歳で腎がんになった話 34

#43歳で腎がんになった話 34

#43歳で腎がんになった話 34

 

腎臓ってひとつでもほとんど変わらないと思っていたけど、腎臓の数値が下がっていたことにちょっとショックでした。いや、当たり前?なのかな?

 

病院に行ったりするといったんわれに帰って反省するんですけど、徐々にまた食生活が緩んで、反省しての繰り返し。人間って忘れる生き物なんですよね。

 

次回は、新型コロナウイルスのワクチンを打ったときの様子をお伝えします。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

【窪田先生からのアドバイス】
貧血の原因は腎臓を摘出したことで腎機能が悪化したことにより腎性貧血のほうが可能性が高いかもしれません。貧血は鉄分不足以外にも腎機能の悪化も原因になります。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターマメ子

    2021年3月血尿と疼痛から腎がんとの診断を受け、4月21日に右腎摘出、経過観察中。3児の母。ブログ「そらマメ絵日記(腎がん経過観察中)」を日々更新中。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP