出産したら、結果的に10万円プラスに!保険解約のタイミングを間違えなくてよかった…【体験談】

待望の赤ちゃんを授かり幸せいっぱいのはずの妊娠期に、お金がいくら必要なのか家計簿を見直していた心配性な私。出産はお金がかかるものだと思っていた私でしたが、実際は出産したあとにお金が10万円もプラスになりました。今回は出産を通して、お金を得ることができた体験談をお話しします。

出産したら、結果的に10万円プラスに!保険解約のタイミングを間違えなくてよかった…【体験談】

 

続きを読む

妊娠中のお金の不安

私が妊娠したのは結婚後、夫の転勤による引っ越しのため無職になってすぐのころでした。自分の収入がなくなっていた私は、妊娠した喜びとともにお金の不安が出てきました。

 

出産が近づくにつれ、妊婦健診も回数が増え費用もかかるようになり、さらに出産準備のためと赤ちゃんの物を揃えるために出費が重なっていったのです。出産に関しては公的医療保険で出産育児一時金が支給されますが、それ以外での出費の多さに「子どもを産むのはこんなにもお金がかかることなのか」と驚きました。

 

給付金で10万円プラスに!

出産までこんなにもお金がかかっているのだから、赤ちゃんが生まれたらもっと家計が大変になるかも?と焦った私。家計簿を見直したり、出産後に備えて節約のために不用品をフリマアプリで売ったりしていました。しかし、お金の不安を抱えながらいざ出産したら、給付金を受け取ることができたのです。

 

出産育児一時金と合わせると、分娩のための入院費などはまかなえて、結果的にプラス10万円手元に残りました! 実は私は民間の医療保険に加入しており、分娩時に会陰切開をしたことによる手術と入院の給付金を受け取りました。

 

医療保険に入っていてよかった

独身のとき、会社に営業に来た外交員さんにすすめられるがままに入った民間の保険です。加入から数年間、給付金を請求したこともなかったので不要だと感じていました。そして出産前に家計簿の見直しをしたとき、掛金と家計のバランスを考えて解約しようかと思っていたのです。

 

しかし出産は何があるかわからないから、無事に出産を終えるまでは加入しておこう、と判断した自分を褒めてあげたいです。万が一のときに備える保険が、私の家計のピンチを救ってくれたのです。

 

 

私は赤ちゃんを産むのにお金の不安を抱えたまま気分が晴れなかったものの、結果的に10万円プラスに。医療保険に加入した過去の自分に感謝し、解約を思いとどまって本当によかったと思いました。今後も家計と不安な気持ちのバランスをうまくとってくれる保険を自分で判断していきたいです。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

監修/助産師REIKO


著者:三宅ちよこ

フリーランスとして働きながら一男一女を子育て中の母。ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、株や不動産投資を副業としている。ライターとして主婦のためのお得な情報や子育てに関する体験談を執筆している。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP