今、名づけは性差を感じさせない「ジェンダーレスネーム」が人気!ランキング2位は「葵」、1位は?

性差を感じさせず、性別に関わらず名づけられている「ジェンダーレスネーム」は、年々人気が高まっています。

ジェンダーレスネーム人気ランキング

 

2022年2月の統計より、男女どちらにも名づけられていた「ジェンダーレスネーム」TOP10をご紹介いたします。

※()内は主なよみ

 

続きを読む

1位  蒼(男:あおい、あお、そら、そう/女:あおい、そら)

2022年2月に最も多く名づけられたジェンダーレスネームは、「蒼(男:あおい、あお、そら、そう/女:あおい、そら)」でした。「蒼」は、2021年男の子の名前ランキングでも4位に入っている人気ネームです。

 

「蒼」は草木が生い茂る様子を表し、すくすくと育つ植物を連想させる漢字。「あおい」というよみはすべてア行からなり、おおらかで開放的な印象を与えます。

 

2位 葵(男:あおい/女:あおい)

2番目に多かったジェンダーレスネームは「葵(男:あおい/女:あおい)」。こちらは2021年の名前ランキングで女の子4位、男の子51位にランクインしている名前です。

 

「葵」は、草花の「アオイ」のこと。葉が太陽のほうに向かって育ち、きれいな花を咲かせる植物です。すくすくと明るく育つようにと、近年男女ともに人気です。

 

2位 楓(男:かえで/女:かえで)

「楓」と同率で2位にランクインしたのは、「楓(男:かえで/女:かえで)」。2021年の名前ランキングでは、男の子の37位、女の子の17位にランクインしており、近年男女ともに人気です。

 

「楓」は、秋に美しく紅葉する落葉樹の名前。実に翼がついていることから、「自立して大きく羽ばたいてほしい」という願いも込められていそうです。

 

4位 凛(男:りん/女:りん)

4位に入ったジェンダーレスネームは、「凛(男:りん/女:りん)」という名前。2021年女の子の名前ランキング2位に入っている、大人気の名前です。

 

「凛」は「凜」の異体字で、意味は一緒。凛々しくきりっとした様子を表す漢字です。自分の人生を毅然とした態度で歩んでいけるようなイメージと、「りん」という響の可愛らしさが魅力です。

 

5位 蒼空(男:そら、あおと/女:そら)

5位にランクインしたのは、「蒼空(男:そら、あおと/女:そら)」。2021年の名前ランキングでは、男の子の18位に入っています。

 

1位にも登場した「蒼」は、すくすくと育つ草木を表す漢字。そこに「空」を組み合わせることで、より大らかで伸びやかなイメージの名前になっています。男の子では「あおと」というよみもあり、よりたくましく男の子らしい印象です。

 

6位 碧(男:あおい、あお/女:あおい、あお)

「碧(男:あおい、あお/女:あおい、あお)」が、2022年2月のジェンダーレスネーム6位にランクイン。2021年の名前ランキングでは男の子の7位、女の子の48位にランクインしています。

 

「碧」という漢字は、緑や青、自然が生み出す美しい青緑色を意味します。海が紺碧の輝きを放つように、「美しく輝く人生を歩めるように」と、近年名づけに人気の漢字です。

 

7位 陽葵(男:ひなた/女:ひまり、ひまわり、ひなた)

7位にランクインしたのは、「陽葵(男:ひなた/女:ひまり、ひまわり、ひなた)」というジェンダーレスネーム。2021年女の子の名前ランキングでは3位、2020年では1位に入っている人気ネームです。

 

「陽」は、日が当たる丘を表す漢字。そこに、太陽に向かって育つ「葵」を組み合わせることで、より明るくすくすくと育つ印象の名前になっています。

 

8位 朝陽 (男:あさひ/女:あさひ)

「朝陽 (男:あさひ/女:あさひ)」が、ジェンダーレスネームの8位にランクイン。2021年男の子の名前ランキングでは5位に入っています。

 

太陽の明るさ、あたたかさを意味する「陽」に「朝」をつけることで、よりやさしい光やぬくもりを感じられる名前に。「あさひ」というよみが新しい1日を表し、希望や生命力も感じさせます。

 

9位 紬(男:つむぎ、つむぐ/女:つむぎ)

9位には、「紬(男:つむぎ、つむぐ/女:つむぎ)」がランクイン。「紬」は、2021年女の子の名前ランキング1位の大人気ネームです。

 

「紬」は、日本古来からある丈夫な絹織物を表す漢字。古風で日本的な印象を与える名前になります。「つむぎ」「つむぐ」というよみは、口を閉じて発音する文字が重なることで、品があり落ち着いた印象を与えます。

 

10位 柊(男:しゅう/女:ひいろ、ひいらぎ)

「柊(男:しゅう/女:ひいろ、ひいらぎ))」が、ジェンダーレスネームの10位に。2021年男の子の名前ランキングでは、99位にランクインしています。

 

「柊」は、晩秋〜初冬に花を咲かせる常緑樹。「冬」という漢字が入っていることから、冬生まれの赤ちゃんに人気の漢字です。男の子には「しゅう」というよみが人気で、潔く爽やかな印象になります。

 

 

ジェンダーレスネームは、10個中7個が漢字1文字の「一文字ネーム」という結果でした。また、「あおい」「あお」とよむ名前が多くランクインしています。これからの名づけの参考にしてみてくださいね!

 


<調査概要>
調査対象:株式会社ベビーカレンダーが企画・運営している「ファーストプレゼント」「おぎゃー写真館」「ベビーカレンダー全員プレゼント」のサービスを利用された方 調査期間:2022年2月1日(火)~2月25日(金) 調査件数:10,440件(男の子:5,233件/女の子:5,207件)

※本調査内容をご使用いただく際は、出典の記載をお願い申し上げます。また、画像データ等の改変はご遠慮ください。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      今の時代、実生活で性別が重要になることはほとんどないし、「性別がわかる名前の方がいい」なんて根拠のない主張だと思う
       
      +18 -2
    • 通報
      ジェンダーレスネームが人気と言うけれど、やっぱり名前で性別がわかる名前のほうが周りも困惑しないのではないかな?他の子と名前が被らないって言うメリットはあるのかもしれないけどさ、男の子と女の子で同じ名前… もっと見る
      ジェンダーレスネームが人気と言うけれど、やっぱり名前で性別がわかる名前のほうが周りも困惑しないのではないかな?他の子と名前が被らないって言うメリットはあるのかもしれないけどさ、男の子と女の子で同じ名前って何か子供本人からしたらモヤモヤするんじゃないのかな、成長して本人に聞かないとわからないけど。親の自己満足みたいなキラキラなネームで子ども本人が改名希望する場合もあるし、子供の頃にはひらがなで可愛い名前に思えても?大人になって履歴書書く時などに名前に漢字が使われていないと日本人なのにそれも可哀想…
      +3 -27

  • 名前ランキング検索

    ベビーカレンダーが独自で調査・集計した2017年以降に生まれた赤ちゃんの名前データの中から、知りたい名前の順位、よみの順位、漢字の順位を見ることができます。

    NEW!【名前で検索】【よみ方で検索】が名前の一部で検索できるようになりました!

    関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    ママトピの新着記事

  • PICKUP