「1日3食、つらい…」全然食べてくれない未就園児の食事準備。じょうずに手抜きしてラクになった話

現在5歳で保育園に通っている息子が、まだ未就園児だったころの話です。1日中一緒に過ごすなかで、私が特に大変と感じていたのは毎日の食事。1人目ということもあり、かなり悩みました。試行錯誤した結果、じょうずに手抜きをして親子で楽しく食事ができるようになったので、その体験をお話しします。

続きを読む

料理が苦手な私は頑張りすぎてヘトヘトに…

子どもと1日一緒にいるということは、1日3食の食事を準備しなければならないということ。息子が赤ちゃんのときは離乳食、1歳半を過ぎたら幼児食、本で調べてまねをして作るのですが、うまくできない上に全然食べてくれません。

 

さらに、育児書に書かれている通り、毎日決まった時間に食べさせなければいけないというプレッシャーから、私はだんだんストレスが溜まってつらくなってきました。寝ても覚めても「今日は何を食べさせよう」と考えていました。

 

子どもも人間…時間がずれても大丈夫!

まだ保育園に通う前の0歳から2歳ごろまでは、午前中は毎日子育て支援センターに通っていました。息子が1歳ごろのこと。お昼ごろに帰宅して食事をする予定でしたが、息子があまりにも楽しそうに遊んでいたので、いつもより長く子育て支援センターにいたら、帰るのが遅くなってしまいました。

 

おなかが空いているだろうと思い、帰宅後に急いで簡単に塩おにぎりを作って食べさせると、びっくりするくらい息子がよく食べるのです。そのとき「子どもも人間だから、おなかが空いていないときに食事を出されても困るよね」と気付かされました。時間通りに行動しなければと思い、息子を振りまわしていたことをとても反省しました。

 

「おいしい」と笑う息子の笑顔

1人目だったこともあり、毎日離乳食の手作りレシピが書かれた本とにらめっこしていた私は、手作りにこだわっていました。しかし料理が苦手な上、息子は全然食べません。私は、心が折れかけていました。しかし、息子が2歳になったある日の夕飯。大人用に準備したお総菜の唐揚げを指して「食べたい」と息子が訴えてくるのです。

 

抵抗がありながらも食べさせてみると、満面の笑みで「おいしい」という息子。その笑顔を見た瞬間、お総菜でも十分おいしいと喜んで食べてくれる。頑張らないでも大丈夫なのだと思うことができた瞬間でした。手作りの食事も大切だけれど、子どもと楽しく食事をすることが大切だと思うようになりました。

 

 

時間通りに手作りの食事を準備しようと頑張っていましたが、お総菜をおいしそうに食べる息子に大切なことを教えられたような気がします。5歳になった今では手作りにこだわることはなくなり、レトルトやお総菜を使うこともあります。今では気持ちもずいぶんラクになり、息子もしっかり食事をしてくれるようになりました。

 

監修/助産師REIKO


著者:岡田 うた

5歳男児のママ。精神疾患の治療をしながら、子育てに奮闘中!趣味は読書。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      お腹空いたって言われたらあげてる私は 手抜きしすぎかな笑 2~3歳のうちは 長男も遊びたい気持ちが優先になりがちで 3歳になる長女も同じ傾向があるから 本人に任せてる。 孤食にさえならなければOKって… もっと見る
      お腹空いたって言われたらあげてる私は
      手抜きしすぎかな笑
      2~3歳のうちは
      長男も遊びたい気持ちが優先になりがちで
      3歳になる長女も同じ傾向があるから
      本人に任せてる。
      孤食にさえならなければOKって感じ。

      0歳~1歳のうちはまだ自分から言えないから
      こちらの都合であげちゃってるけど
      大体しっかり食べる。

      朝6~8時、昼11~14時、夜16~19時で
      時間はめっちゃ適当。

      誰も食べてないタイミングでたべさせる
      って事だけは避けてる。

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    ママトピの新着記事

  • PICKUP