「知らなかった…」がんの転移って? 転移したときのステージって? #43歳で腎がんになった話 21

「43歳で腎がんになった話」第21話。3児の母でブロガーのマメ子さんによる、43歳で腎がんになった体験を描いたマンガを紹介します。今回は、前回に続き、手術で取った腎臓の病理検査の結果について。がんの転移のこと、転移したときのステージのこと、知らなかった事実がわかり……。

 

続きを読む

がんの転移、ステージ、知らなかった事実

この診察の前に、この先どうなるかなと旦那と話をしていて

 

マメ子

 

こんなことを言ってました。

 

今まで一度も腎臓をエコーで調べたことなんてなくて、血尿と疼痛があったからたまたま発覚しただけの腎がん。

 

とりあえず手術で取れたし、運良く転移もなかった。

 

いつからあったかわからないようながんでも取り切れたんだから、この先は頻繁に検査するなら、転移したとしても見つかる腫瘍は初期の初期のはず……。

 

そんなに怖がる必要なくないか?

 

というのが旦那の見解。

 

……っていうことなんですかね?と、診察で先生に聞いてみた。

 

そしたら

 

マメ子

 

そ、そうですか……。

 

何にも知らなかったな。

 

しかも、もう一つ最近まで知らなかったことだけど、腎がんが転移して肺に腫瘍ができたとしても、それって最初に肺がんに腫瘍ができた場合とはまったく別物なんですね。

 

どこに転移しても、腎がんが原発なら腎がんの性質を持っているということ……。

 

そしたら、腎臓から転移した腫瘍には、放射線が効かないってことなのかな?

 

マメ子

 

※あくまでイメージ

 

あと、最後にこれも聞いておきたい。

 

「転移を防ぐために、できることは何もないんですか?」

 

誰もが気になるところかと思います!

 


先生によれば、予防治療?みたいな方法はなくはないけど、効果が確立されていないので特に推奨はしないとのこと。

 

「生活習慣レベルで自分でできることもないですか?」

 

それについては転移しないようにというよりも、とにもかくにも残った腎臓を大切にしてくださいということでした。

 

私がもともと血圧高めだったこともあり(低くて110-70、ちょっと調子が悪いと上が150超え。かかりつけ医の先生とは、まだ薬は飲まなくてもいいけど、様子を見て必要なら考えましょうという話をしていた)、これからの食事はまず塩分を気を付けるように言われました。
うぅ……もう坦々麺とか食べれないのか。

 

でも、転移しないためにできることは少なくても、腎臓を長持ちさせるためにできることは多いし、確実に自分でなんとかできる。

 

それに、術後の痛みさえこのままなくなれば、もうあとは何でもしていいとのこと。

 

フルマラソンレベルでなければ、運動もオッケー!
腎臓片っぽでも、あまり支障ないんだな。

 

最後に先生、力強く

 

マメ子

 

あ、ありがとうございます……!

 

と、今までの私なら素直に喜ぶところだが、いろいろ調べているうちにすっかり疑心暗鬼になってしまっていて……。

 

9割以上っていっても、残り1割あるよね?
5年はいいとして、10年はわからない?(腎がんは10年以上、油断できないので)
生存率はともかく、再発率ってわからないの?

 

と、いろいろ思ってしまう面倒くさいおばさん。

 

そんなことを言い出したらキリないですけどね……。

 

「では、次回3カ月後ですが、予約は取って行かれますか?」

 

はい……

 

3カ月……

 

3カ月、放置プレイですか……

 

初めて血尿が出たその日から、毎週のように病院に通っていたので、3カ月放っておかれるなんて不安なんですけど。

 

予約を取ってお礼を言って、後ろ髪引かれる思いで診察室を出る……
とその前に、もう一度あいさつしようと振り返ると

 

マメ子

 

先生、早っ……。

 

ま、とにかく一段落しました。

 

次回は、腎がんの症状が出る前に思い当たることがなかったかについてお伝えします。

 

監修/窪田徹矢先生(くぼたクリニック松戸五香院長)

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターマメ子

    2021年3月血尿と疼痛から腎がんとの診断を受け、4月21日に右腎摘出、経過観察中。3児の母。ブログ「そらマメ絵日記(腎がん経過観察中)」を日々更新中。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP