「く、臭い!」摘出手術中、粉瘤のにおいが充満し始めて…!? #アラフィフ主婦ちゃんねる 8

「アラフィフ主婦ちゃんねる」第8話。眉間のシワが気になり始めたアラフィフ主婦のへそさんのマンガを紹介します。へそさんの夫は臭いにおいを放っていた粉瘤(ふんりゅう)の摘出手術を受けていました。局部麻酔を刺し、手術は順調に進んでいたかと思いきや、むわ〜んと臭いにおいが漂い始めて……。

この記事の監修者

医師窪田 徹矢 先生

くぼたクリニック松戸五香院長。獨協医科大学医学部卒業。千葉医療センター、成田赤十字病院で研修を積み、国保松戸市立病院泌尿器科に勤務。その後千葉西総合病院泌尿器科にて医長、部長を歴任。2017年、くぼたクリニック松戸五香を開業。日本泌尿器科学会専門医・指導医。専門医である泌尿器科および皮膚のトラブル、生活習慣病を含めた内科まで幅広く診察。メディア出演も多数あり、医者YouYuberとしての情報発信もおこなっている。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
1 クリップ

 

摘出手術中、粉瘤のにおいが…!

#アラフィフ主婦ちゃんねる8

#アラフィフ主婦ちゃんねる8

#アラフィフ主婦ちゃんねる8

 

#アラフィフ主婦ちゃんねる8

#アラフィフ主婦ちゃんねる8

#アラフィフ主婦ちゃんねる8

 

こんにちは。アラフィフ主婦のへそと申します。

 

夫は背中にできた粉瘤を摘出するために、日帰りで手術を受けました。手術前、30分くらい待ち時間があったそうなのですが、その間に夫はいびきをかきながら寝ていたようで……。

 

看護師さんが「この人寝てる!?」とびっくりした声を聞いて起きたみたいでした(笑)。

 

そんなことがありながらも手術が開始され、夫の背中の皮膚が切り開かれると粉瘤のくっさいにおいがじわじわと手術室の中で広がる! 皮膚越しでも臭いのに、それが直ににおってくると思うと……想像しただけでヴォエーと声が出てしまう。

 

手術をしてくれた先生と看護師さんにはお見舞い申し上げます、としか言えないです。

 

ー--------------

 

手術中、へそさんの夫の粉瘤は強烈なにおいを発していたそう。一体どんなにおいだったのか気になりますね……。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターへそ

    バツイチ再婚同士の夫と2人暮らし。最近の悩みは眉間のしわ。ブログ「おそがいチャンネル」にて日々の気付きを絵日記にしてつづっている。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    お子さまの写真
    投稿で当たる🎁

    ココをタップして
    ︎詳細を確認▶