「どうしてわが子が…」原因不明の病との闘い… #1歳の三男が川崎病になりました 8

【1歳の三男が川崎病になりました 第8話】3人の兄弟と夫の5人家族のやすこさん。川崎病と診断された三男のちゅん太くんの入院が延びてしまったものの、夫のサポートを受けられると決まったときのお話。

この記事の監修者

医師松井 潔 先生
小児科 | 神奈川県立こども医療センター総合診療科部長

愛媛大学医学部卒業。神奈川県立こども医療センタージュニアレジデント、国立精神・神経センター小児神経科レジデント、神奈川県立こども医療センター周産期医療部・新生児科等を経て現在、同総合診療科部長。小児科専門医、小児神経専門医、新生児専門医。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
25 クリップ

ちゅん太くんの入院生活が続くなか、夫の育児休暇取得の申し出を受けたことで、心が少し軽くなっていたやすこさん。正式に育児休暇が取れることがわかり、夫のサポートを全面的に受けられることに。しかし、ちゅん太くんの検査結果に一喜一憂する日々は続いていて……!?

 

途方もなく長く感じる入院生活…

#1歳の三男が川崎病になりました 8

#1歳の三男が川崎病になりました 8

#1歳の三男が川崎病になりました 8

#1歳の三男が川崎病になりました 8

#1歳の三男が川崎病になりました 8

 

#1歳の三男が川崎病になりました 8

#1歳の三男が川崎病になりました 8

#1歳の三男が川崎病になりました 8

#1歳の三男が川崎病になりました 8

#1歳の三男が川崎病になりました 8

 

#1歳の三男が川崎病になりました 8

#1歳の三男が川崎病になりました 8

#1歳の三男が川崎病になりました 8

#1歳の三男が川崎病になりました 8

#1歳の三男が川崎病になりました 8

 

#1歳の三男が川崎病になりました 8

#1歳の三男が川崎病になりました 8

#1歳の三男が川崎病になりました 8

#1歳の三男が川崎病になりました 8

#1歳の三男が川崎病になりました 8

 

#1歳の三男が川崎病になりました 8

#1歳の三男が川崎病になりました 8

#1歳の三男が川崎病になりました 8

#1歳の三男が川崎病になりました 8

 

夫の育児休暇取得が決まり、全面的サポートを受けられるようになったことで、家族との時間やつかの間の休息も取れるようになったやすこさん。しかし、夫は三男がなぜ川崎病になってしまったのか気にしているようでした。

 

「原因不明の病……。今はできることをやって症状が回復するのを待つしかない」

 

その後、検査の結果が良くなったり悪くなったりを繰り返すことになりますが、入院して2週間を過ぎたころ、ちゅん太くんの主治医からついに「明日の様子を見て退院の判断をしましょう」という言葉を聞くことができました。

 

「退院できるかも」「やっぱりダメだった……」を繰り返してきたちゅん太くん親子にとって、このときのお医者さんの言葉は本当に希望ですよね。早く元気になって退院できますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターようみん

    姉妹と夫と4人暮らし。アメブロ公式トップブロガー/イラストレーター。わが家のバタバタな日々やフォロワーさんの体験談マンガを描いています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    2 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶