「頑張ったね…」術後のわが子の様子を見て、呆然と立ち尽くしてしまい… #うちの子にはしっぽがついている 23

【うちの子にはしっぽがついている 第23話】妊娠中、医師から赤ちゃんが仙骨部分に巨大な腫瘍ができる仙尾部奇形腫(せんびぶきけいしゅ)と診断された、ゆーとぴあさん。その後、無事に出産し、赤ちゃんの腫瘍を取るための手術も終えました。術後、ゆーとぴあさんは医師から手術で摘出した腫瘍を見せてもらい、赤ちゃんのいるPICU(小児集中治療室)に行きました。

この記事の監修者

医師松井 潔 先生
小児科 | 神奈川県立こども医療センター総合診療科部長

愛媛大学医学部卒業。神奈川県立こども医療センタージュニアレジデント、国立精神・神経センター小児神経科レジデント、神奈川県立こども医療センター周産期医療部・新生児科等を経て現在、同総合診療科部長。小児科専門医、小児神経専門医、新生児専門医。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
27 クリップ

手術後の赤ちゃんの様子は…

術後初めて、PICUの中にいる息子・咲太郎に会いに行くと……。

 

うちの子にはしっぽがついている 第23話

 

うちの子にはしっぽがついている 第23話

※2コマ目:実際の仙尾部奇形種の手術後は、ドレーンパック(手術後に体内に溜まった血液や浸出液を除去し、それを貯める袋のこと。手術創(手術後の傷)の回復や感染を防ぐことができる。)を1本、臀部に挿入します。

※3コマ目:輸血→ドレーンパック

うちの子にはしっぽがついている 第23話

※実際の仙尾部奇形種の手術後は、ドレーンパックを1本、臀部に挿入します。

 

 

うちの子にはしっぽがついている 第23話

 

うちの子にはしっぽがついている 第23話

 

うちの子にはしっぽがついている 第23話

 

 

うちの子にはしっぽがついている 第23話

 

うちの子にはしっぽがついている 第23話

 

PICUにいた、咲太郎はうつ伏せの状態でたくさんの管に繋がれていた。

 

咲太郎を精一杯ほめてあげたい気持ちと共に、緊張が解けて一気に疲れが押し寄せ、いろいろな気持ちが入り混じって、立ち尽くしてしまった。

 

また手術は成功したようでホッとしたのか、私たち夫婦はおなかが減り、帰りはサービスエリアで温かいラーメンを食べた。

 


赤ちゃんの様子を確認できて、ひとまず安心した、ゆーとぴあさん。

咲太郎くんがたくさんの管に繋がれている姿は、小さい体で一生懸命、頑張った証でもあります。そんな咲太郎くんには「頑張ったね」と声をかけてあげたくなりますね。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターゆーとぴあ

    男の子2人を育てるママ。長男くんは仙尾部奇形腫、次男くんは発達障害児。事実を基にした子育てに関するエピソードをマンガ化し、Instagramに投稿しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    6 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶