「学校に行きたくない」母に相談すると返ってきたのは予想外の答えで…!?

私が高校生だったころの出来事です。学校を休むほど生理痛がひどい私は、あまりにもつらくて「学校に行きたくない」と母に言ったことがあります。すると、母は苦しむ私にあるモノをすすめてくれて……!?

「学校に行きたくない」相談すると母から返ってきたのは予想外の答えで…!?

 

学校に行きたくないと母に相談すると…

高校時代の私は生理痛がひどく、生理が始まると体育の授業に参加するどころか、学校にも行けなくなってしまうほどでした。でも、担任は3年間ずっと男性教諭で、欠席理由が生理痛とは恥ずかしくて言えません。生理不順でもあるため、いつくるかわからない生理痛への恐怖に、毎月、頭を抱えていました。

 

あまりのつらさに、ある日私は「生理痛がつらいから学校に行きたくない」と、母に訴えました。すると、母から「低用量ピルを飲んでみる?」との提案が! 実は、水泳やエアロビクスのインストラクターをしている母は、生理周期の安定を目的に低用量ピルを飲んでいると言うのです。そして生理痛で苦しむ私に、

 

「私も昔は生理痛がひどく、周期もバラバラで苦労した。でも、低用量ピルを飲み始めたら生理痛がマシになって、仕事も家事も難なくこなせるようになったの。私としては低用量ピルはおすすめだけど、人によってはリスクもあるし、一度、産婦人科で相談してみたら?」

 

とアドバイスをくれたのです。

 

低用量ピルを試してみた

その後、母が探してくれた婦人科をひとりで受診。

 

低用量ピルの処方を希望していると伝え、血液検査を受けたあと、医師からは「ピルには血液が詰まる血栓症を誘発する恐れがあります」との説明が。同時に、タバコとの併用による危険性や、飲み方についても教えてもらい、病院によって処方できるピルの種類が異なることも知りました。

 

肝心の効果ですが、低用量ピルを飲み始めると生理痛が格段に改善されてビックリ! 生理不順にも悩んでいましたが、1シート(1カ月分)飲み終われば必ず生理がくることに感動しました。経血量も少なくなって、その後は、生理中でも休まず学校に行けるようになったのです!

 

ちなみに、それから現在に至るまで、私は数年間にわたって低用量ピルを服用しているのですが、引っ越しで病院を変えた際に一度、私の体に合わないピルを処方されたことがあります。そのときは体がだるく、ひどい眠気などの副作用があったのですが、薬を変えたら、症状は無事になくなりました。現在通っている病院では3カ月に一度血液検査があり、血栓の副作用にも怯えることなく、快適に服用を続けています!

 

 

「低用量ピル=避妊薬」の印象が強くて処方をためらったり、婦人科に行くのが気恥しかったり、年齢が若いほど、ピルや婦人科に抵抗を感じるかもしれません。母がピルユーザーでなければ、私も「ピルなんて避妊に使うものでしょ……?」と服用をためらっていたと思います。でも、母のアドバイスを素直に聞いたおかげで、私はつらい生理痛を乗り越えることができました。もっと早く母に相談し、病院に行っていればよかったです!

 

監修/助産師 REIKO
文/脇坂 灯さん

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶