「いきなり来たよ!」夫の足が赤紫色に!?悪夢のような病気が再発 #夫とともに四半世紀 8

「夫とともに四半世紀」第8話。かわいい夫と2人暮らしのるるさんの日常を描いたマンガを紹介します。るるさんの夫Mさんは数年前に痛風を発症していたのだそう。ある日「足が痛いんだ……」とるるさんに告げ…!?


この記事の監修者

医師窪田 徹矢 先生

くぼたクリニック松戸五香院長。獨協医科大学医学部卒業。千葉医療センター、成田赤十字病院で研修を積み、国保松戸市立病院泌尿器科に勤務。その後千葉西総合病院泌尿器科にて医長、部長を歴任。2017年、くぼたクリニック松戸五香を開業。日本泌尿器科学会専門医・指導医。専門医である泌尿器科および皮膚のトラブル、生活習慣病を含めた内科まで幅広く診察。メディア出演も多数あり、医者YouYuberとしての情報発信もおこなっている。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
4 クリップ

数年前に痛風を発症したことがあるMさん。当時は半年以上の服薬をし、お酒を控える生活を送って治したのだそう。

 

その後も痛風にならないよう気を付けてはいたものの、ある日、Mさんが「足が痛い」という連絡をるるさんにしてきました。

 

痛風が再発!?

#夫とともに四半世紀8

 

#夫とともに四半世紀8

 

 

#夫とともに四半世紀8

 

#夫とともに四半世紀8

 

こんにちは! 老眼がつらくなってきたアラフィフ主婦のるるです。

 

Mは数年前に痛風を発症しました。当時、尿酸値の数値が高いということは知っていましたが、体形は標準だったのであまり気にしていませんでした。

 

左足が腫れ上がり、早朝に病院を探してタクシーで駆け込んだことをよく覚えています。その後、半年以上薬を飲み、お酒を控える生活を続けて元の生活に戻りました。

 

しかしある日、Mは帰宅するというメッセージとともに足が痛むと私に連絡してきました。

 

元々尿酸値が高かったところに疲れやストレスが重なり、痛風を再発してしまったようでした。

 

これまでも足がヒリヒリしたり痛みが出たりと痛風になりかけたことは何度かありました。その度に注意してなんとか回避してきていたものの……今回の痛風は突然やってきました!

 

足が赤紫色に腫れ上がっていたので、病院に行くように勧めるも時間が取れないから行かないというM。

 

痛みに強く、我慢してしまうMの悪い癖が出てしまっていました。

 

 

風が吹いても痛いといわれている痛風。その痛みは歩けないほどのものなのだとか。痛風を再発したMさんの足は、赤紫色に腫れ上がっていたそうです。しかし、Mさんは多忙で病院に行く時間も確保することができないとのことでした。痛風で足が痛んでも病院ではなく仕事に行くMさんの忙しさは、考えただけでも大変ですよね。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターるる

    東北在住のアラフィフ主婦。福島弁を使った「うさ福」などLINEスタンプを作っています。現在は空き家になってしまった実家の管理に奮闘中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶