「今回も子どもができなかった…」生理がくるたび落ち込む私に、夫が放った驚きの言葉とは?

同世代の友人たちから続々と出産報告が寄せられる中、妊活がうまくいかずに焦っていた私。生理がくるたびに、ガッカリしながら「今回もダメだった」と夫に報告します。すると、いつも夫はある言葉をかけてくれるのです。

「今回も子どもができなかった…」生理がくるたび落ち込む私に、夫が放った驚きの言葉とは?

 

生理がくるたびに落ち込む私

結婚3年目となる27歳のときから妊活を始めた私たち。でも、なかなか子どもを授かることはできませんでした。

 

新型コロナの影響で3度も結婚式が延期になったうえ、周りの友だちから次々と寄せられる出産報告。楽しみにしていた結婚式が延期になっただけでも気持ちがへこんでしまうのに、妊娠できないことへの焦りや不安も加わって、私のメンタルはどんどん悪くなっていきました。

 

そんな私に寄り添って支えてくれたのが夫です。

 

落ち込む私に夫は…

私は生理がくると、毎回ひどい頭痛に襲われます。生理痛はそれほどつらくないものの、頭痛は薬を飲まないと日常生活に支障をきたすほど。「今月もあの頭痛に付き合うのか……」という憂うつさと、「今回も子どもができなかった……」という大きな落胆が交錯しながら、私は生理がきたことを伝えるのですが、夫の反応は私と正反対でした。

 

なんと、夫は「2人で楽しむ時間がまた増えたね!」と言うのです! そして「まだ夫婦2人でたくさん遊んでおかないとね」と、落ち込む私を旅行に連れて行ってくれたり、私が食べたいと言っていたごはん屋さんに誘ってくれたりするのです! それも、報告するたびに。

 

これだけではありません。生理がくると、夫は「今後のために」と言いながら家事をすべて代わってくれます。なんでも、子どもが生まれたら、自分は授乳できない分、できるだけ家事を担当して、私の休める時間をつくりたいのだとか。この言葉を聞いて、「この人となら安心して子育てに取り組める」と確信しました。

 

 

その後、念願かなって今年の秋に第一子を出産しました。わが子を胸に抱いたときの感動は、何ものにも代えがたく、思わず涙がこぼれてしまいました。現在は里帰り中で実母のお世話になっているため、家族3人の生活で、私の生理中に夫が磨いた家事力を発揮できるのはもう少し先になりそうです。夫は家事だけでなく育児にも乗り気になってくれているので、これから始まる未知の経験も、夫となら乗り越えられそうです!

 

監修/助産師 松田玲子
文/ちーくんママさん

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶