記事サムネイル画像

「えっ再検査ですか…」長男に続いて次男にも異変?結果を聞いた両親は… #息子は先天性難聴でした 最終話

「息子は先天性難聴でした」最終話。待望の男の子・りんたろうくんを出産したミキさん。生後3日目に「耳の聞こえ」を検査する新生児聴覚スクリーニングテストを受けた結果、異状は見つかりませんでした。毎日お世話をしているうちに、ミキさんはりんたろうくんのある異変に気づきます。それは、音に対して反応が薄いということ。違和感を覚えたミキさんが、りんたろうくんを病院へ連れて行くと……。

この記事の監修者
監修者プロファイル

医師松井 潔 先生
小児科 | 神奈川県立こども医療センター 産婦人科

愛媛大学医学部卒業。神奈川県立こども医療センタージュニアレジデント、国立精神・神経センター小児神経科レジデント、神奈川県立こども医療センター周産期医療部・新生児科等、同総合診療科部長を経て現在、同産婦人科にて非常勤。小児科専門医、小児神経専門医、新生児専門医。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
42 クリップ

2人目について、ミキさんは夫と話し合いました。ミキさんはりんたろうくんに妹や弟を作ってあげたいという思いがある一方で、「下の子も難聴児だったらどうしよう……」という不安な気持ちもありました。

 

そんなミキさんとは反対に夫は「家族が多いほうがいいかな。俺たちが亡くなったあとも、きょうだい手を取り合って生きていてほしい!」という意見でした。

 

夫の意見に心を動かされたミキさんは、2人目について前向きな気持ちに! それから数年後に長女を出産、そして次男を出産しました。新生児聴覚スクリーニングテストを受けた結果……。

 

「下の子の耳はどうでしょうか…」検査結果は?

息子は先天性難聴でした 最終話

 

 

息子は先天性難聴でした 最終話

 

 

息子は先天性難聴でした 最終話

 

 

息子は先天性難聴でした 最終話

 

 

息子は先天性難聴でした 最終話

 

次男を出産してから数日後に、新生児聴覚スクリーニングテストを受けると結果は再検査が必要という意味の「リファー」でした。

 

すぐに大きな病院へ行って再検査をすると、りんたろうくんと同じ重度の難聴ということが判明。しかし、ママもパパもひどく落ち込むことはありませんでした。それは成長したりんたろうくんが毎日明るく楽しく過ごしているから。

 

りんたろうくんは手話を習得し、楽しくろう学校に通っています。友だちと楽しそうにしているりんたろうくんを見ていると、前向きな気持ちになれました。不便なこともあるかもしれないけど、家族で助け合いながら過ごしていこうと思ったミキさんでした。

 

難聴でも、そうでなくても、子どもが楽しそうに過ごしてくれることが親にとっての幸せではないでしょうか。家族みんなで困難を乗り越え、絆を深めていってほしいですね。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

※リファーとは
検査はパス(pass)とリファー(refer)で結果がでます。パスとは言語に影響する聴覚の異常はない、リファーとは再検査が必要という意味です。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターいもやまようみん

    姉妹と夫と4人暮らし。アメブロ公式トップブロガー/イラストレーター。わが家のバタバタな日々やフォロワーさんの体験談マンガを描いています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    22 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →