イクメンパパになってもらうためにやってよかったこと【体験談】

2018/08/28 23:00
4
この記事では、妊娠初期のころは診察毎にエコー写真を見てもらい、少しずつパパになる実感を持ってもらうなど、イクメンパパになってもらうためにやってよかったことを紹介しています。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
妊娠
体験談
夫婦関係

妊娠初期のママとパパのイメージ

 

はじめは妊娠にもあまり関心がなく、子育ても未経験だったわが家の夫。そんな夫も、今ではイクメンパパに変身しました。今回は、イクメンパパになってもらうために、わが家でやってよかったことをご紹介します。

 

エコー写真と病院の診察内容はすべて話す

妊娠初期のころ、初めての妊娠ということもあり、わが家の夫は「まだあまり自覚がない」と言っていました。そこで、初めての健診や妊婦健診の内容はもちろん、赤ちゃんのエコー写真も毎回必ず見てもらい、夫婦で共有するように心がけました。エコー写真を見ながら、ここが赤ちゃんの手で、ここが顔になるなど、詳しくていねいに説明しましたよ。

 

「この子が今おなかにいるんだよ」と伝えることで、少しずつですが実感もわいてきたようです。数回目には、まだ宇宙人のような胎児の写真を見ても、かわいいと言ってくれるようになりました。

 

妊娠中期からはパパも育児の勉強!

毎月購入して読んでいた妊婦雑誌に、イクメンパパのコラムが掲載されていました。短い文章で読みやすく、毎月一度と手軽なので、夫はそのコラムを読んでくれるようになりました。さらに、その後は産婦人科でもらった「パパのお世話教科書」という冊子も自分から読んでくれていました。

 

今では「パパのお世話教科書」にあった「パパが手伝ってくれてよかった家事ランキング」なども参考に、お風呂そうじやゴミ捨て、布団干しなども自分からしてくれるようになり、とても助かっています。


感謝の気持ちを伝えてパパのやる気アップ!

今では、イクメンになったわが家のパパは、子どものお世話はもちろん、妊娠期からしてくれているゴミ捨てを今でも続けてくれています。

 

夫にとっては「してあげている」という思いはなく、自分の家、自分の子どもだからこそ、協力して当たり前だと思ってくれているようです。私も何かをしてくれるたび、大げさにではなく、さらっと「ありがとう」と伝えています。お互いに感謝の気持ちを伝えることはとても大切だと思います。

 

 

イクメンパパへの道は、まずはパパになる自覚を持つことが大切だと感じます。感謝の気持ちを伝える習慣も大切ですね。わが家では産後の今でも続けており、息子も何かをしてもらうたびに「ありがとう」と当たり前に言えるようになりましたよ。


著者:前田奈々

自閉症の長男、次男の二児の母。自身の体験をもとに妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆中。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
4

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。