記事サムネイル画像

「優先席なんですけど…!」妊娠マークをつけたママが電車に→優先席に座っていた女性がまさかの…! #女女平等 11

「女女平等」第11話。ゆりこは39歳のキャリアウーマン。今の職場に入社して17年、努力してキャリアを積み上げてきました。自由な人生を謳歌していたゆりこ。そこへ子持ちで時短勤務のけいこが入社してきます。子どもの体調不良で欠勤と早退を繰り返していたけいこに苛立っていたゆりこ。結局、けいこは退職してしまいます。
ある日、ゆりこの妊娠が判明。これをきっかけに12年付き合っていた彼氏・タツヤと入籍します。妊娠を喜ぶゆりこでしたが、吐きづわりのため会社を休む日々が続いていました。その後、ようやく吐きづわりは終わりますが、今度はゆりこを猛烈な眠気が襲います。

眠気で仕事にならないことを産院に相談すると、眠りつわりとのこと……。

次々と自分の身に起こる予想外のことに、ゆりこは不満を募らせていくのでした。

電車で優先座席に座ろうとしたら…

女女平等1

 

女女平等2

 

女女平等3

 

 

 

女女平等4

 

女女平等5

 

女女平等6

 

 

 

女女平等7

 

女女平等8

 

女女平等9

 

 

 

女女平等10

 

女女平等11

 

女女平等12

 

 

 

女女平等13

 

女女平等14

 

女女平等15

 

 

 

女女平等16

 

女女平等17

 

女女平等18

 

 

 

女女平等19

 

女女平等20

 

女女平等21

 

 

 

女女平等22

 

女女平等23

 

女女平等24

 

 

 

女女平等25

 

女女平等26

 

女女平等27

 

 

 

女女平等28

 

女女平等29

 

女女平等30

 

 

 

女女平等31

 

女女平等32

 

妊婦マークをつけて電車に乗ったものの、誰も優先座席を譲ってくれないことに苛立っていたゆりこ。中でも、自分と目が合ったのに席を譲ってくれない女性に腹を立てていました。

一方で親切な男性が席を譲ってくれて、ゆりこは心の底から喜びます。

 

駅に着くと、席を譲ってくれなかった女性が立ち上がり、電車を降りようとしました。

そのとき、ゆりこはその女性がヘルプマークをつけていたことに気がつきます。

 

「電車の席で一喜一憂してバカみたい……」

 

妊婦はもっとラクで楽しいと思っていたゆりこ。

しかし、どうにもならない妊婦の症状に困り果て、休職届を出すことを決めたのでした。

 

 

休職することにしたゆりこ。

妊婦の症状は人それぞれですが、自分の体なのにコントロールできなくて困惑しますよね。

特に会社を休むとなると、うしろめたい気持ちもあるでしょう。

 

眠りつわりは、はたから見るとつらさがわかりにくい症状です。

赤ちゃんのためにも、無理をせずに体をしっかり休めてほしいですね。

 

>>次の話

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーター神谷もち

    2019年3月、平成最後の男を出産したどすこいママ。息子は子鉄まっしぐら! 育児に奮闘しながら、在宅でイラストや漫画を描いています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    45 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      自己中...。自分を鏡で見てみよう
      +11 -0
    • 通報
      妊婦になった途端に自分の行いを忘れる人ですね、ほんとほんと色んな体験をするがよろし
      +19 -1
    • 通報
      自分の正義は間違ってないって思ってるから嫌がらせは覚えてないんだねー。まぁ色んな思いするといいよ。
      +48 -1

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →