赤ちゃんの生活が昼夜逆転している!どうすればいい?

2018/07/01 20:00
この記事では、保育士の中田馨さんが赤ちゃんの生活リズムついてお話します。生後0~2カ月は朝と夜の区別がありません。生後3~4カ月ごろになるとだんだん区別がついてきます。生後4カ月になっても昼夜逆転が続くようなら、食事の時間やお風呂の時間を毎日ある程度同じ時間にするようにしましょう。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
夜泣き
泣き止ませ
寝かしつけ

泣いている赤ちゃん

 

こんにちは、保育士の中田馨です。子育ての悩みに多いことのひとつに、「赤ちゃんの生活リズムが昼夜逆転してしまうこと」があげられます。私の保育所は生後43日目から受け入れているので、夜寝られないママがへとへとになっている姿を見かけることがあります。

 

夜に寝てくれないと本当につらいですね。どうして、赤ちゃんは昼夜逆転してしまうのでしょうか?

 

なぜ昼夜逆転するの? いつになったら落ち着く?

昼夜逆転するのは、生後0〜2カ月ごろの赤ちゃんに多いといわれています。どうして昼夜逆転するかというと「まだ、朝と夜の認識がない」からです。

 

たいていの場合、生後4カ月ごろになると落ち着いてきます。母乳(ミルク)の飲む時間や、午睡の時間も一定になってくるころなので、生活習慣を意識してみるといいですね。

 

もしも長く続くときは?

もし、昼夜逆転が長く続いたり、ある程度大きくなってから急に始まったときは以下の3つを見直してみましょう。

 

生活にメリハリをつける

生活の時間を、ある程度同じ時間にすることです。たとえば母乳(ミルク)や離乳食の時間、遊ぶ時間、お昼寝の時間をある程度毎日同じ時間にすることで、生活のリズムがついてきます。遊ぶときはめいいっぱい遊び、長くお昼寝していたら自分で起きる前に起こしても大丈夫ですよ。

 

赤ちゃんに合わせた生活をする

大人の生活リズムに合わせていないか見直してみてください。夜遅くまでテレビの音が聞こえていたりすると、赤ちゃんが寝にくくなることもあります。赤ちゃんの生活リズムに大人が合わせることも大切ですよ。

 

寝室の環境を整えてみる

赤ちゃんが寝る部屋の温度を20~25℃程度にして、部屋の明かりも暗くしましょう。「今から寝るんだよ」という環境に大人が持っていくこともとても大切です。

 

 

すぐには改善しないかもしれませんが、ずっと続くものではありません。赤ちゃんに合わせた生活リズムを少しずつ取り入れることから始めてみてくださいね。


保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。