ママネタ 妊娠 体験談 母子手帳 出産

日本とは全然違ったことも…?!ドイツでの妊婦健診と出産事情【体験談】

海外での出産

 

初めて妊娠した際にドイツに移住したばかりだった私は、日本の妊娠検査や出産に関する記事などを参考にしてから、ドイツの婦人科へ行きました。ところが日本とドイツの妊婦健診や出産のシステムがあまりに違い、驚きの連続でした。

 

続きを読む

母親手帳は妊婦が常時携帯する携帯カルテ

婦人科で妊娠が確認されるとMutterpass(母親手帳)という手帳が交付されます。ここには出産までの検査の情報がすべて記入され、カルテと同じ役目をしています。

 

妊娠時はこの手帳を普段から携帯しておくことになっていて、急な体調不良の際にどの病院に行っても対応できるようになっています。かかりつけの婦人科から遠い場所に外出することが心配の種にならずに済むので、非常に気がラクでした。

 

出産に立ち会ってくれるのは初対面の先生

日本の出産と最もシステムが異なる点は、妊婦健診をする婦人科はあくまで「診療所」で、出産の際には母親手帳を持って「総合病院」の中に入っている産婦人科に行くことです。

 

知らない先生が出産に立ち会うことや、より不特定多数の方が出入りする総合病院での出産というのに若干抵抗があったのも事実です。その反面、麻酔医や救急医療の先生などが確実に病院内にいるため、何か緊急の場合にはより専門的な治療が受けられるというメリットもあります。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。