新着記事

  • 田中病院(山口県周南市)産院ごはん

    ベビーカレンダーは全国の産婦人科の産院ごはんを取材しています。今回は、山口県周南市にある田中病院の厨房を訪ねてきました。特別養子縁組にも積極的に取り組む田中病院らしさが伝わってくる、患者さんのことをトコトン考えてごはんを提供する料理長の橋本さんにお話を伺ってきました。

    産院ごはん 2017/12/05 12:00
  • イワサクリニック(大阪府枚方市)院長インタビュー

    京阪電鉄「香里園駅」より徒歩3分のところにあるイワサクリニックは「全ての患者様にはVIP待遇を受ける権利がある」を病院理念として掲げ、開業して30年以上、広い知識と高い技術で地元はもちろん、海外からの患者さまも多く手掛けてきた実績のある産婦人科です。 今回は2017年4月から新たに院長に就任された岩佐弘一先生に、イワサクリニックの「今」と「これから」について伺ってきました。

    インタビュー 2017/11/14 12:00
  • 愛和病院(福岡県古賀市)産院ごはん

    福岡県古賀市にある愛和病院は、「赤ちゃんにやさしい病院(BFH:Baby Friendly Hospital)」としてWHO・ユニセフに認定された、母乳育児で有名な産院です。 「愛和病院のコンセプト”赤ちゃんにやさしい病院”と同じく、入院中のお食事も母乳にいい食事を心がけています」とお話されていた調理スタッフのみなさん。そのみなさんの雰囲気もまた、やさしいところが印象的でした。今回は「母乳にいい食事」とはどういうものなのか、どのような工夫をしているか、そのこだわりについて伺ってきました。

    産院ごはん 2017/10/25 12:00
  • 愛和病院(福岡県古賀市)看護部長インタビュー

    福岡県古賀市にある愛和病院は、「赤ちゃんにやさしい病院(BFH:Baby Friendly Hospital)」としてWHO・ユニセフに認定された、母乳育児で有名な産院です。 「助産師の仕事というのは、苦労もあるけれど、それを忘れるぐらい楽しいことやうれしいことが多い」と笑顔でお話いただいたのは、2017年4月から看護部長に就任した、田中啓子さん。 スタッフのみなさん一人ひとりがやさしい雰囲気だったことが印象的で、患者さんからも愛される愛和病院について、くわしくお話を伺ってきました。

    インタビュー 2017/10/24 12:00
  • 柏木産婦人科(千葉県千葉市)院長インタビュー

    千葉県千葉市にある柏木産婦人科は、1945年に開業した歴史のある病院です。1985年に先代の院長であるお父さまから院長を引き継がれたとのこと。柏木院長の第一印象は「気さくでとてもお話しやすい方」。終始、笑顔でご対応いただきました。お話の一つひとつに、柏木院長の経験に基づいた安心感が感じられました。患者さんからの人気も頷ける、柏木産婦人科の院長インタビューをお届けします。

    インタビュー 2017/10/16 12:00
  • 高山クリニック(奈良県奈良市)院長インタビュー

    近鉄橿原線の西ノ京駅から徒歩13分。薬師寺をはじめ、寺院や神社が多く点在するゆったりとした環境の中に高山クリニックがあります。患者さんからも「クールで頼りになる」と評判の高山辰男院長にお話しを伺いました。

    インタビュー 2017/08/25 12:00
  • 酒本産婦人科医院(奈良県橿原市)院長インタビュー

    奈良県橿原(かしはら)市にある酒本産婦人科医院は、近鉄線「大和八木駅」から徒歩3分のところにあります。今年で開業から32年になる、地元で愛され続ける産婦人科医院です。「忙しいとか、大変だということは、私にとってたいしたことではありません。人間に向き合う楽しさがお産にはあります」という言葉が、とても印象的だった酒本吉俊(さかもとよしとし)院長のインタビューをお届けします。

    インタビュー 2017/08/24 12:00
  • 聖バルナバ病院(大阪府大阪市)産院ごはん

    創立140年以上の歴史がある聖バルナバ病院が、2005年、現在の施設に建て替わると同時に、大幅に新しくなった聖バルナバ病院の産院ごはん。聖バルナバ病院 栄養管理室の課長であり、管理栄養士の黒川浩美さんは、「聖バルナバ病院らしい食事」をずっと常に考えてきたといいます。黒川課長は、専門の栄養士6名と、調理師さん含め、チームワークのいいスタッフ陣で、1日130食あまりの食事を提供しています。また、院内にあるレストラン「メイズ・キッチン」も人気で、ご近所の方は産後でも何年も通われているそう。今回は、聖バルナバ病院の産院ごはんの人気の秘密を伺ってきました。

    産院ごはん 2017/08/23 12:00
  • 聖バルナバ病院(大阪府大阪市)院長インタビュー

    聖バルナバ病院は、1873年に大阪の西区につくられた診療所が始まりで、今年で創立144年になります。1923年に施設を天王寺区に移した聖バルナバ病院は、ベッド数73床、年間の出生数が1,255人と大規模で、歴史と伝統のある、いわゆる名門の産婦人科です。現在の院長、成瀬勝彦院長は、院長にご就任されてからちょうど1年が経つとのこと。そこで今回は、この1年の変化と今後の聖バルナバ病院の取り組みについて伺ってきました。

    インタビュー 2017/08/22 12:00

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。