わが家のトイレトレーニング・ママ座談会

3

座談会 わが家のトイレトレーニング

 

 

 

布オムツはおしっこのタイミングがママにもわかりやすい!

でもやっぱり大変な面も…

 

編集部:集まっていただいたみなさんは、偶然にもみんな布オムツ使用経験者なんですね。驚きました。


片岡さん:確かに紙オムツ派が多いけど、よく聞くと意外に布オムツを使ってる人もいますよ。うちは外出のときには紙、家では布って使い分けてます。 


菅さん:うちも兼用してます。布オムツにしたきっかけは、実は主人。子育てにこだわりがあって、最初から布オムツと彼が決めていたものですから(笑)!布オムツは、おしっこしたあとママにも分かりやすいのがいいですよね。最近の紙オムツの性能がいいせいか、子どもも知らせてくれないので、チェックが大変です。布オムツなら、子どもがどのくらいのタイミングでおしっこするのか、どのくらい時間があくのかとか、トレーニングを始めるためのタイミングを知ることもできます!


高原さん:そうですね。性能が良すぎて、あんまりオムツ交換をしないで過ごしてしまっているママもいる、という話を聞いたこともあります。うちはこまめに取り替えていますが、大量のゴミは悩みのたね。それにいろいろ使ってみましたが、紙オムツの性能は、ものによってかなりばらつきがあって、あんまり安いとおしっこの量が多いときに破けたり、おしっこを吸収したゼリーが出てきたりすることもありました。 


菅さん:安い紙オムツは、おしっこをしたときにもにおいがあったりして。 


高原さん:たしかに!でも、ニオイがあったほうが替え時がわかりやすいからこれはいい点かも(笑)。 とにかくうちはウンチの回数が半端じゃなかったから、産院が布オムツだったこともあって、最初は布オムツでがんばってみたものの、6ヶ月で紙オムツに切り替えて、今は完全な紙オムツ派です。布オムツのお洗濯とおっぱいで本当に休む間もなくて、毎日クタクタ。つい最近まで、1日に6回もウンチしていたんですよ!


片岡さん:それは大変ですね!確かに紙オムツでなければやってられないかも。うちはオムツの洗濯は、パパ担当にしてます。だからなんとか続けられているのかも。布で費用を抑えている分、パパにも協力してもらわなくちゃね。育児はママだけがするものじゃないですもんね。でも、パパの状況でなかなかそうはいかない場合はかなり大変かもしれません。


高原さん:最近はウンチの回数も減ってきたし、せっかく布オムツを持っているので、トレーニングのために、ちょっと布オムツを使ってみようかな、なんて思い始めてます。

 

 

トレーニング成功までは、みんな失敗の連続

高原さん:うちは、1歳6ヶ月の頃におまるを買ったことをきっかけに試してみたんですけど、全然できなくて一旦中止した後、2歳になった最近、周囲のママやお友達の様子を見て、「うちもやらなきゃ!」と、またトレーニングを始めてみました。でも、今も全然「出た」とも言ってくれず、トイレに誘ってもおしっこが出ません。トレーニングが進まなくて悩んでいますが、みなさんもオムツが完全に取れるようになるはでは、いろいろ失敗もあったんですか?


菅さん:うちも同じです。実は1歳6ヶ月でトレーニングをスタートして、トイレにいけるようになったんですが、寒くなってきたり風邪をひいたりしたことで、またオムツに逆戻り。暖かくなるまで中止を決めて、2歳4ヶ月からまた再開しました。 


片岡さん:トレーニング中の失敗はずいぶんありましたよ!おまるの周りには必ず新聞紙を敷いてたし、何度もパンツや床をぬらしました。


菅さん:遊んでいるときはおしっこに関心がいかないからもらしたり、急に「おしっこしたい!」って言いだすのであせることもありました。でも、外で「トイレ」って言っても、ガマンさせずにすぐに連れていくようにしていました。「トイレ行きたかったのに、あのときは連れて行ってくれなかったじゃない」と思われるとトレーニングの意味がないし、かわいそうですからね。

 
片岡さん:それに、どんなに失敗しても怒らないことも大切ですよね。「怒られるからトイレに行く」のではなく、「おしっこをしたいから行く」っていうことをちゃんと分からせなきゃいけないですからね。心の中では「もう!また失敗して!」なんてイライラしていたけど(笑)、ぐっとこらえました。トイレを楽しくするために、キャラクターのシールやグッズを利用したり・・工夫しました!


菅さん:オムツを外すのは不安だけど、思い切って外して「オムツにはもう帰りたくない」と思わせることも必要なんでしょうね。一度外したあと、「パンツとオムツどっちはきたい?」って聞くと、必ずパンツを指差します。はき心地がぜんぜん快適だし、動きも自由だからだと思うんだけど。


片岡さん:たしかに最初は不安かもしれないけど、パンツにすると本人ももらさないように注意深くなりますよ。親も「そろそろトイレ行こうか」って誘いやすいし。オムツに頼ってると、どうしても「オムツだからおしっこしちゃっても、まあいいか」って安心しちゃう。それに「わたしはパンツなんだ!」っていう子どもなりのプライドみたいなものもあるようで、そういう意味でもオムツをはきたがらなくなります。好きな柄のパンツを自分で選ばせて買ってあげるのもいいですよ。


高原さん:夜はどうしてます? うちの子はすっごい水分とるし、夜のどが乾くとまたゴクゴク飲むので、夜中のおしっこの量が半端じゃないんですよね。朝には紙オムツがパンパンに膨れ上がっているような状態で、当分、おねしょはなおらないと思うけど・・・・・・。


菅さん:個人差がありますからね。お水がほしくって泣き叫ぶのに、あげないわけにもいかないし。うちの子も、夜はまだオムツつけてますよ。


片岡さん:うちは、夜もパンツで寝ていますが、一応おねしょシーツを敷いています。夜寝る前には水分をひかえたり、たまに夜中に起きたときにトイレに連れて行くようにはしていますが、あまりおねしょには神経質にならなくてもいいんじゃないかしら。
 

 

ところで男の子のおしっこのしつけって・・?

編集部:アンケートでは、「男の子のおしっこのさせ方がよく分からない」という質問が多かったのですが、片岡さんはどうされましたか?

 

片岡さん:外出したときには、女性トイレに小さい男の子用のトイレがついていれば、私が支えておしっこさせるけど、家は洋式なので座らせています。男の子の場合、普通に便座に座らせるとおしっこがはみ出しちゃうことがあるので、反対向きに座らせるといいですよ。
高原さん:洋式トイレは2~3歳の子には高すぎるから、立ってするのは大変ですものね。女の子なら便座に座らせちゃえば同じだけど。


菅さん:うちの子は女の子なのに、たまに「パパのマネ」とかいって、お風呂で立っておしっこしたりします(笑)。前にパパがトイレに入っていたときに、ドアを開けて立ってしているのを見たみたいなんです。それ以来、「パパもうちでは座ってしてね」って言ってます(笑)。言葉で「男の子と女の子はおしっこの仕方が違うのよ」と言ってもまだわからないですからね。


片岡さん:男の子の場合、パパと外出するときには必ず男性用のトイレに連れて行ってもらって、「男の子はみんな、こうやってするんだよ」ってやり方を教えてあげるといいですよ。やっぱり、男は男同士のほうがわかりやすいのかもしれませんね。 

 

 

2015/06/30


この記事にいいね!しよう

いいね!
3

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。